僕らはみんな河合荘第6話「もしかして」雑感

もしかして、この作品は人情話路線でいった方がいいのかもしれない…。お財布を拾った縁で河合荘に遊びに来るようになった千夏という小学生の女の娘がメインの、今までとはチョット目先を変えたお話でしたが、意外とこっちの方がすんなり楽しめました

河合荘に入り浸る千夏ちゃんは、実はクラスの中でイジメにあっている悩める少女。といっても、それほど深刻なイジメではなく、友達を傷付けてしまったせいで仲間ハズレにされてしまっただけの他愛ない小学生のケンカ。最後にはちゃんと自分から謝って、みんなと仲直りできたという微笑ましい話です。

千夏ちゃんがとてが可愛らしい少女だったことは言うまでもありませんが、今回一番印象に残ったのはシロ。千夏ちゃんと一緒にピタゴラスイッチ的な仕掛けを作って遊ぶ彼は、いつもと違う優しいお兄さん的な一面が見られたのが良かったです。

そんなシロに対して恋心が芽生えた千夏ちゃんは、大胆にも愛の告白。一歩選択肢を誤れば、大惨事が起きかねない緊張の一瞬でしたが、当のシロはまったく動揺することなく、「ありがとう。俺も千夏ちゃん好きだよ。9年後に同じ言葉を聞きたいな」と大人の対応でさらりとかわした。この件でシロを大いに見直しましたね~。

シロは変態が作務衣を着て歩いているような男(そのまんま)なのに、18歳未満の子供には興味を持たないところがカッコイイと思う。ランスなんかもそうですが、何でも見境なしの女好きのように思えて、実はちゃんと分別が付いているというギャップがいいんです。節度を弁えたスケベ野郎こそが理想像。

だから、どんなセリフにも必ず最後にドM発言でオチを付けるワンパターンはいい加減卒業して欲しい…。ホントこれさえなければ、って感じなんですけどねぇ。魅力的なキャラだけに、すごいもったいないと思いますよ。ルックスだってelfの主人公っぽくてイケているのに(笑)

小学生の女の娘が側にいてさすがにおおっぴらな発言ができなかったのか、いつもより下品で下卑た下世話な下ネタが少なかった(なかったとは言わない)のが奏功。この作品に必要なピースは、下ネタに歯止めをかけられるストッパー的存在

★今週の河合律★


ラブコメ要素が犠牲になったせいで、今週の律ちゃんの印象はほぼゼロ…。プロぼっちの先輩として、千夏ちゃんが本物のぼっちではないことを一瞬で見抜いた眼力はすごかったですけど(笑)

2 Responses so far.

  1. 僕らはみんな河合荘 TBS(5/08)#06

    第6話 もしかして 公式サイトから河合荘の黒電話は突然鳴った。それは警察署からシロあての電話であった。…ついに逮捕か……と思われたが違ったみたい(ホッ)。散歩中に拾った財…

  2. 僕らはみんな河合荘 第6話 『もしかして』 シロさんに彼女が!相手は小学生!?

    遂にやってしまったか。財布を拾った縁で千夏という小学生と知り合ったシロ&河合荘の面々。宇佐達はドン引き、そして千夏の母も警戒しまくり。…見た目そんな変じゃないのに河…