僕らはみんな河合荘第5話「やっぱり」雑感

やっぱり、この作品に笑いの要素はいらないと思う…。1話~2話の頃は最初だから空回りしているだけかなと思っていましたけど、5話になっても順調に空回りしているので、もうこの先もずっと空回りし続けるっぽい。特にみんなで創作話を発表するくだりは肺呼吸できくなりそうなぐらいつまらなかった…。この感覚は、G.J?のエロゲをやったとき以来。G.J?のテキストと同レベルって、その下はないって意味ですよ。

ただ一方で、ラブコメとしての価値は下げていない。私が評価したい点は、主人公とヒロインが恋愛経験豊富な年上たちに囲まれている「河合荘」という環境

恋愛経験の乏しい若い男女のラブコメ、明け透けに言えば、童貞主人公と処女ヒロインのラブコメは、自分たちより経験豊富で恋愛指南できるような大人のキャラが近くにいて欲しいと思っているだけに、この環境はとても魅力あると思うんです。今までそういう作品を不気味なぐらい見かけなかったので尚更。エロゲでは“恋愛指南するくせに自分は処女”という訳のわからないキャラはいましたけど…(笑)

麻弓と渡辺が自らの恋愛観や体験談を赤裸々に語ることで、自分からなかなか恋愛に踏み込もうとしない律ちゃんまでも強引に巻き込み、自然とラブコメ空間が出来上がっている。律ちゃんを口説くためには、彼女と色っぽい話ができる「雰囲気作り」が何より困難なハードルですが、それが労せず自動的にできているなんて、こんな恵まれた環境はないですよ。

宇佐君と律ちゃん、奥手な2人が周囲の触発されることでお互い意識しあうところなんて最高ですね。宇佐君と律ちゃんの関係は、他の住人たちの間では既成事実化しているので、2人を生暖かく見守ったり、嫉妬して邪魔したり、茶化して笑いものにしたりする雰囲気がいい。時には味方、時には邪魔者のような気まぐれな存在でいいんです。初々しい若い2人の男女を、面白がって大人たちが弄ぶ構図が微笑ましいですから(笑)

ラブコメのレシピとしては完璧で、文句の付け所がありません。だから、あとはそのレシピ通りに作れば絶対美味しいラブコメが出来上がるはずなんですが、毎回出来上がりが不味くて口に合わないという謎。材料(キャラ)だって別に悪いものを使っていないのに、どうしてこんな下手くそな出来映えになるんでしょうねぇ。

★今週の河合律★


普段はつれない態度なのに、本の話題を振ったら急に食いつき始めた律ちゃん。律ちゃんってハードル高いように思えて、実はチョロい?

ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 僕らはみんな河合荘 第5話 『やっぱり』 やはり鍵は本!あの律が宇佐と話したそうにこっちを見ているぞ!!

    想像と違うけど、これはこれで。偶然腕に律の唇が!ここに俺がチューすれば間接キス。キモいけどやっぱそう思うよね。 そして水鉄砲遊びに興じる河合荘の面々。麻弓すけすけ状態だ…