ジョーカー・ゲーム第2話「ジョーカー・ゲーム(後編)」雑感

家中ひっくり返して探しても見つからない暗号書。スパイ行為の証拠が出てこなければ腹切りという約束を交わしていた佐久間は、一度は潔く割腹する覚悟に至るものの、スパイの自害は御法度であるという結城中佐の言葉を思い出し、死を思い留まる。そして、再び暗号書の隠し場所に考えを張り巡らせた佐久間にある閃きが走った。

二度の家宅捜索で天井裏からふすまの中まで徹底的に調べておきながら、ずっと見過ごされてきたもの。それは神棚に祀られている天皇陛下の御真影。現人神たる陛下への不敬を恐れる憲兵隊には手出しできない場所に証拠を隠していたとは、なるほどと唸らされるものでした。それを冷静に見抜いた佐久間も天晴れ。

窮地を切り抜けたあと、佐久間は自分を捨て駒に使った武藤大佐に意趣返しして、参謀本部の機密費から資金を捻出させるべく、武藤大佐の弱味を握ろうと画策していた結城中佐の思惑まで突き止めた。1話ではどちらかというと頭が固く愚鈍なイメージだった佐久間が、死線を潜り抜けたことで覚醒したようにズバズバ活躍を見せ始めたのは痛快だったと言えます。

でも、地味よね。第2話はほとんどが会話劇に費やされ、極めて起伏に乏しかった回。ゴードン邸で家宅捜査、武藤大佐の執務室で結果報告。内偵調査で料亭の女将に聞き込み、結城中佐と桜並木を歩きながら真相究明と、場面としてもほぼ4シーンしかなく、より単調さを印象付ける結果に…。

ヴィジュアル的に派手なアニメでないことは重々承知ですが、さすがにここまで絵面が変わり映えしないとなると、アニメとしては厳しいです。楽しめるのは個々の顔芸ぐらいなもの。小説で読むとすごく面白いんでしょうけど、今のところちょっとアニメ向きとは言えない作品かもねぇ。

前半部分がほとんど第1話の使い回し回想だったのもどうかと思いましたし、2話にして早くもテンション下がっちゃったな。でも3話以降は、実際にD機関のスパイたちが世界を舞台に活躍する姿が見られるみたいですから、ちゃんとアニメ的な見応えも出てくるんだと思います。きっとミッション・インポッシブルのような、スリリングでダイナミックなスパイアクションが繰り広げられるに違いありません!

ジョーカー・ゲーム Blu-ray BOX 上巻( イベントチケット優先販売申込券付 )

販売元:KADOKAWA メディアファクトリー( 2016-07-27 )

定価:¥ 19,440 ( 中古価格 ¥ 7,405 より )

Amazon価格:¥ 7,513

時間:144 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL