ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース第16話「恋人(ラバーズ)その1」雑感

中東アジアでの値段交渉のハウツーは面白くて勉強になりました(笑) 値切って値切って半額以下にまけさせても、結局は定価より高く支払っているというのはリアルでいいね~。作者の体験談っぽい。

そして、このケバブ屋のお兄さんは実はディオの刺客だったという驚き(なんか段々登場が強引になっている気が)。「恋人」のカードを暗示するスタンド使い、スティーリー・ダン。ここ最近は個性的な面構えのスタンド使いが続いていた中で、ラバーソウル以来久々のイケメンキャラ。でも、なんか小者臭い(笑) 第三部に出てくるイケメンは小者だと相場が決まっているのか

彼は口封じにエンヤ婆を始末すると、4対1の数的不利にあっても余裕の表情を崩すことなく挑発。威圧してくる承太郎に向かって、こう高らかに宣言する「このスティーリー・ダンに指一本触ることはできない」と。

格好良く言い切った瞬間に「オラァ!」でぶっ飛ばされたのは爆笑しましたけど(笑) まだ説明の途中なのに、間髪入れずに殴りかかってくる承太郎は手が早すぎ!! もう少し話を聞いてあげて!

ダンが言いたかったのは、ジョセフの体内に侵入させた自らのスタンドによって、痛みの共有に成功したと言うこと。ダンが外的なダメージを受けると、その数倍のダメージがジョセフの身に降りかかってしまう。言わば、ジョセフが間接的に人質に取られてしまった格好。これではダンに一切の手出しはできない。……と言っているのに、この説明を聞いたあとでも、まだダンに殴りかかろうする承太郎が危なっかしすぎる(笑)

ジョセフ・花京院・ポルナレフは一旦ダンと距離を取り、脳内に入り込んだダンのスタンドを除去する方法を思案。ハーミットパープルで敵スタンドの位置は特定できたので、こうなったら直接体内に入り込み駆逐させるしかない。花京院のハイエロファントグリーンとポルナレフのシルバーチャリオッツをミクロレベルまで矮小化させ、ジョセフの耳の穴から脳幹目指して侵入。スタンドを使った内視鏡手術が始まった!

一方、残されたダンと承太郎の2人は、承太郎が手出しできないことをいいことに、次々とダンが無理難題をふっかけてくる。承太郎の持ち金と腕時計を奪い取った挙げ句、道端で橋になれと命じてその身体を踏みつけるなど、調子に乗ってやりたい放題

しかし、何故でしょう。ここまで一方的にやられている承太郎よりも、ダンの身を案じてしまうのは…(笑) もう私には、来週ダンがボッコボコに撲殺されている未来しか見えない…!! 悪いこと言わないから、その辺でやめておくんだ! 最悪、ジョセフの手術が失敗したとしても、承太郎の我慢はこれ以上持ちそうにありません! ダン、早く逃げてー!!

【Amazon.co.jp限定】ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (オリジナルデカ缶バッチ付 承太郎ver) (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2014-07-30 )

定価:¥ 10,260 ( 中古価格 ¥ 1,805 より )

時間:

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第16話 『恋人 その1』 黄の節制ラバーソールを超える逸材か、小物界の大物、恋人スティーリー・ダン登場!

    面白いモブキャラだと思ったら。ドネルケバブ売りと交渉するジョセフ。自分なら「5個1000円?買った!」と即決してしまいそう。日本じゃドネルケバブって500円ぐらいしますよね。時代…

  2. (アニメ感想) ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース 第16話 「恋人(ラバーズ) その1」

    投稿者・フォルテ

    一番くじ ジョジョの奇妙な冒険第三部 スターダストクルセイダース~WHITE SIDE~ E賞 スタンドグロウフィギュア ハイエロファント・グリーン()不明商品詳細を見る

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。