ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース第15話「正義(ジャスティス)その2」雑感

ポルナレフのエンヤ婆煽りは更にエスカレート。息子の仇として激しい怨恨を抱いているエンヤ婆に、「家族はいないの?」「息子さんは何してるの?」とこれでもかと地雷を踏みまくり(笑) 無神経極まりないポルナレフに対して、憤死しそうなほど怒りに震えるエンヤ婆のリアクションが面白いのなんの。ポルナレフは全部わかった上で弄っているんじゃないかと思うぐらい。

無論、ポルナレフは悪意があってやっているのではなく、むしろ一人孤独にホテルを切り盛りしている年老いた老婆に同情し、自分に何かできることがあれば手伝ってあげたいという心優しき善意。その善意がことごとくエンヤ婆への逆鱗に触れているのがさすがですが(笑)

エンヤ婆のスタンド「ジャスティス」は霧のスタンド。傷口から体内に侵入し、血液を抜き取り、コイン大の穴を開けることで、対象を意のままに操ることができる恐ろしい能力。最初に自力で相手を傷付けなくてはならないのがネックですが、かすり傷でも負わせてしまえば、そこからスタンドが自動的に侵入してくれるので、もう勝ったも同然。極めて厄介な強敵です。

絶対に傷を負うまいとトイレに逃げ込んだポルナレフでしたが、外の様子を伺うために覗いた鍵穴から攻撃を食らってしまい、ジャスティスの操人形となってしまった。抵抗する術を失ったポルナレフは、便器を舐めさせられそうになる屈辱…。

そんなポルナレフの窮地に颯爽と登場した承太郎。最初からエンヤ婆が怪しいと睨んでいた彼は、宿帳に敢えて偽名を用い(Q太郎って!)、エンヤ婆の正体を見破った!

すぐさまスタープラチナでオラオラ(攻撃)を試みるも、霧のスタンドであるジャスティスにはまったくの無意味。防御不能の攻撃に加えて、物理攻撃を無効化してしまう守備。この攻守両面でまるで隙のないスタンドをどう攻略すればいいのか? 私も必死に攻略方法を思案しながら見守っていましたけど、なんとスタープラチナがとった手段は、スタンドを「吸い込む」という荒技! ええ~! そんなのあり!?

熱で大気中の水蒸気を吹き飛ばすとか、そういう科学的なアプローチからジャスティス攻略の糸口を見つけるかと思いきや、まさかシンプルに「吸い込む」だなんてっ! 想像もしていなかった発想にお手上げという感じですが、やっぱりこれはチョット納得いかないんですけど~!(笑)

何にせよ、1人も犠牲者を出すことなく、エンヤ婆の復讐を返り討ちにすることができて、めでたしめでたし。かと思ったら、ポルナレフは結局あのとき便器を舐めさせられていたみたい(笑) こういうのって、普通間一髪ギリギリで助かるものでしょうに! せっかくいいタイミングで承太郎が助けに現れたのに、まさか間一髪間に合っていなかったとはね。ポルナレフは災難でしたが、エンヤ婆を煽りすぎた天罰だと思えば(笑)

【Amazon.co.jp限定】ジョジョの奇妙な冒険スターダストクルセイダース Vol.1 (オリジナルデカ缶バッチ付 承太郎ver) (第1話絵コンテ集、ラジオCD付)(初回生産限定版) [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2014-07-30 )

定価:¥ 10,260 ( 中古価格 ¥ 1,805 より )

時間:

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第15話 『正義 その2』 ポルナレフのKYぶりに笑い、トイレペロペロに笑い、承太郎とスタープラチナの強さに唸らせられる!

    一人ずつ殺すのじゃ!息子さんは居ないの?奥さんが居て孫がそこで遊んでいたり。俺を息子だと思って甘えていいんだぜ~~~。「孤独な宿屋のお婆さん」に気を遣うポルナレフ。 そ…

  1. ええっ! 吸い込むってダメですか? その手があったか~と素直に感心していた身として何だか恥ずかしい…。
    「スタンドはスタンドでしか倒せない」というルールがある以上、物理攻撃主体のメンバーではこれしかなかったのかなぁとも思います。マジシャンズレッドなら勝てたでしょうが…単純な力比べより、相性が重要なバトルになってきましたね。

    • 別にダメじゃないですよ! 予想を裏切られたという点で評価しています。やや強引すぎてすっきりしないところはありますが、コロンブスの卵的な解決法だと思えば(笑)

      >マジシャンズレッドなら勝てた
      確かにアヴドゥルさんが健在であれば、もっと正攻法で勝てていたかもしれませんね~。OPで未だにアヴドゥルさんが健在であるのは復活フラグだと思っていますから、早くカムバックを!

  2. 中ボス的な立ち位置、ホラー全開の導入、強力なスタンド、ポルナレフとの因縁、これだけそろっていて意外!それはコメディ(のようなノリ)ッ!強烈ではありましたが(笑)

    >最初からエンヤ婆が怪しいと睨んでいた彼は、宿帳に敢えて偽名を用い(Q太郎って!)、エンヤ婆の正体を見破った!
    承太郎はいつもながら冴えてますね~。死体をオラオラで薙ぎ払うシーンには痺れました。
    またこのシーン、よく見ると花京院も偽名を使っているんですよね。ジョセフはどうなのかわかりませんが、もしかして何も気づいてなかったのはポルナレフだけ…?

    • 普通ならもっとシリアスな展開になるはずなのに、如何せんエンヤ婆というキャラが強烈すぎて、空気が一変してしまいましたよ。エンヤ婆はすごいキャラだ。何気に生身でシルバー・チャリオッツに渡り合う強さの持ち主ですし~。

      >よく見ると花京院も偽名を使っている
      あ、本当だ! 花京院「典明」が音読みになっている! 気付かなかった!

      ジョセフもああ見えて頭の回転は速いキャラですから、まったく気付かず無警戒だったのはポルナレフだけかも。いや、あのエンヤ婆への嫌がらせを考えると、もしかしてわかっていてやっていたかもしれませんが…(笑)

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。