ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース第5話「銀の戦車(シルバーチャリオッツ)」雑感

ジャン・ピエール・ポルナレフ! おお、“あの”ポルナレフさんですか!! いやぁ、アニメのジョジョを見始めたその瞬間から、いつ登場するのかとずっと心待ちにしておりましたよ~! 1~2部では結局登場せず残念でしたが、今こうやってようやく待ち人と出会えました。さぁ、早くありのまま今起こったことを話して~!

ポルナレフのスタンドは、侵略と勝利を暗示する「戦車のカード」のシルバーチャリオッツ。中世の騎士を思わせる外見から繰り出される鮮やかなレイピアさばき。コイン5枚を一突きにする大道芸……もとい、神業は、炎さえも串刺しにしてしまうという。そんな分の悪い相手に、敢えて炎使いのアヴドゥルが勝負を挑む。承太郎が戦えば一瞬で片が付く気がしますけど、たまにはアヴドゥルさんにも見せ場を与えないとね

中華屋さんでケンカするとお店の人に迷惑なので、場所をタイガーバームガーデンに移して仕切り直し。香港にはこんな奇妙な庭園が存在していたんですか(Wikipediaで調べたらもう閉園していた…)。通常、バトル漫画で場所を変えて戦うのは、作画の負担が軽くなる荒野などが定番ですけど、わざわざこんな背景描くのが面倒臭そうな場所に来ちゃうとは、アシスタント泣かせですねぇ(笑)

ポルナレフは、タイガーバームガーデンにマジシャンズレッドそっくりの彫像を仕込んでおくという、手が込んでいる割にあまり意味がない嫌がらせでアヴドゥルを挑発。アヴドゥルは逆にそのそっくりな彫像をデコイとして用いて、ポルナレフの裏を取り必殺技クロスファイヤーハリケーンを直撃させた。ポルナレフの敗因は、自分でも見分けが付かないほど無駄に精巧に彫像を作ってしまったこと

このままあっさり死んでしまっては、ポルナレフはただの間抜けキャラですし、ありのまま今起こったことも話せない。ダメージを受けたのはシルバーチャリオッツの甲冑だけだったということにして、涼しい顔で復活

甲冑を脱ぎ捨てたシルバーチャリオッツは、むしろ身軽になってパワーアップを果たし、なんと7体に分身して見せた。彼は残像だと言い張っていましたけど、分裂した7体で円陣とか組んでいましたので、それはやっぱり残像ではないと思う(笑)

先程のようなデコイを使った騙し討ちは一度限り。今度こそシルバーチャリオッツの前に為す術なしかと思われたアヴドゥルさんでしたが、一度わざと攻撃を外して地面にトンネルを掘り、そこから不意を突いてクロスファイヤーハリケーンを炸裂させるという、新たな騙し討ちでポルナレフを撃破!(笑)

いえ、別に騙し討ち自体をバカにしたり批難したりするつもりはありませんよ。「戦いは須くペテンを用いるべし」が私の信条ですから。でもアヴドゥルさんって、物静かのように思えて解説が流暢だったり、争いを好まないように思えてケンカっ早かったり、堅物のように思えて平気で騙し討ちするから意外で…(笑) 騎士道精神で挑んでくるポルナレフに、自らも真正面からそれに応じようと見せかけつつ、騙し討ちで倒したのは実に見事でした!

破れたポルナレフは炎に包まれ虫の息。このまま苦しみながら息絶えるのを哀れに感じたアヴドゥルは、「これで自害しろ」と短剣を手渡す。ポルナレフはその短剣を無防備なアヴドゥルの背に投げつけることもなく、自らの喉を貫くこともなく、アヴドゥルとの戦いに敬意を払って、敢えて炎の中で果てようとした。そんなポルナレフを粋に感じたアヴドゥルは、殺すには惜しい男と命を助けるのでした。

ポルナレフもやはり肉の芽によって操られていたようで、彼は“両腕とも右腕の男”に妹を殺されてしまい、その復讐心に燃える心の隙間をディオに付け狙われてしまったのだという。結構深刻で悲惨なお話だったのですが、説明している最中のポルナレフのボディランゲージの主張が強すぎて、なかなか内容が頭に入ってきません(笑)

直後には女性観光客の太股を激写してニヤついてるスケベっぷりを披露。敵だった頃はすごく強くて格好良かったのに、味方になった途端、急に頼りなく格好悪くなってしまうキャラは多々存在しますが、どうやらポルナレフもそのパターンに当てはまるキャラだといえそうですね(笑) もう一度肉の芽を頭に埋め込んでもらった方がよかったのかもしれない…!?

カテゴリ:


10 Responses so far.

  1. ゲスト より:

    ポルナレフは、おそらく評価が変わると思いますよ(笑)何故彼が色々なネタにされるのか、ただのコメディーキャラではここまで人気はでない。まあ、有名キャラになった理由が今後も視聴してればわかりますよ。期待してみてた方がいいですよ。浮き沈みが激しいですがwww

    •  ゲストさん
      騎士道精神を尊ぶ格好良さと、スケベ丸出しの情けなさ。早くも面白キャラに仕上がっているポルナレフ君ですけど、まだまだこの先魅力的な一面はあるということですね~。第1部のスピードワゴンや第2部のシュトロハイムのような愛すべきキャラへとなって欲しい。

  2. ゲスト より:

    感想を見るに管理人さんは単行本を読んでいないんですよね。
    なら、ある意味うらやましいです。贅沢ですが、自分もまっさらの状態でジョジョのアニメを
    見たかったなぁ、と思ってしまいます。

    それはそうとポルナレフはキャラとしてとても優秀ですよ(笑)
    魅力あるジョジョキャラの中でも個人的に一番です。

    •  ゲストさん
      コミックスもジャンプ本誌も読んでいないので、私のジョジョ知識はアメトーークとアスキーアートぐらいなものです(笑) アメトーークを先に見てしまったことで、第3部ラストの承太郎VSディオの対決のオチだけは知ってしまっているんですが…。まぁでも、そのことはそんなに関係なく、最後まで楽しめると思います。

      >(ポルナレフ)魅力あるジョジョキャラの中でも個人的に一番
      そんなにですか。私は今、アヴドゥルさんが結構お気に入りなんですけど、それすらも上回ることになるかな。

  3. ゲスト より:

    説明している最中のポルナレフのボディランゲージ、すごかったですね。
    原作のポーズを忠実に再現しているのですが、アニメだとあの状態で静止したまま口だけパクパク動くからシュールすぎました(笑)

    両腕とも右腕の男ですが、今週分では修正されていましたが、先週までのEDのアヴドゥルさんをよく見ると…

    •  ゲストさん
      ポルナレフのボディランゲージは「これこそジョジョ!!」という名シーンでした。真剣なんだけどどこか笑えるというような~。ジョジョはサムネイルの画像を選出するのにいつも迷いますよ。みんな面白いシーンなので。

      >先週までのEDのアヴドゥルさんをよく見ると…
      うわっ、アヴドゥルさんの両腕が右腕に…!? 別にアヴドゥルさんがポルナレフの仇だったというネタバレではなく、スタッフのミスなんですよね?

    • ゲスト より:

      実はあれは酷いネタバレなんですよねー……ということはもちろん無く、ただのミスです(笑)

    •  ゲストさん
      実はアヴドゥルはディオの手先でポルナレフの妹の仇だった…! という展開は充分あり得そうなネタだけに、紛らわしいミスですね(笑)

  1. ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第5話 『銀の戦車』 ポルナレフは仲間になると分かった。

    これでタイガーバームガーデンを知りました。最初架空の施設かな?と思ったのですがタイガーバームガーデンは実在します。ただし今はもう入れない。2000年に閉鎖された模様です。 ア…

  2. (アニメ感想) ジョジョの奇妙な冒険 第三部 スターダストクルセイダース 第5話 「銀の戦車(シルバーチャリオッツ)」

    投稿者・フォルテ

    ジョジョの奇妙な冒険 The Animation 300ピース ジャン・ピエール・ポルナレフ 300-923(2014/04/25)エンスカイ商品詳細を見る

    ☆アニメを濃く熱く語りたい人は集まれ~!…