ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース第2話「裁くのは誰だ!?」雑感

何事も面倒臭そうな気怠い態度。溜息交じりに呟く「やれやれ」の一言。そのくせ女にはモテモテで、たくさんの美少女が周りを取り囲むハーレム状態。こんな恵まれた環境でありながら、本人は鬱陶しいと迷惑がるだけで、一切の関心を示そうとしないという…。なんなのこれ!? ジョジョの奇妙な憂鬱なの!?

でも承太郎がラノベっぽいというよりは、今ラノベを書いている作者が、大なり小なりジョジョの影響を受けているってことなんでしょうね~。どうせパクるなら本質を含めてパクってくれればいいのに、表面的な模倣しかできていないから、“何者でもないくせにクール気取りの高校生”という承太郎とは似ても似つかぬゴミ主人公ばかりが量産されている悲劇

さて、スタンド能力が開眼した承太郎の前に、早くもディオからの刺客が現れました。転校初日から承太郎を付け狙う男の名は、花京院典明(かきょういんのりあき)。如何にも倒されたあと改心して仲間になりそうな男です(まぁ、OPで仲良く一緒に歩いていましたし)。

花京院は「きさまを殺す」という予告状を送りつけてきましたが、面白かったのはご丁寧にルビを振っていたこと。承太郎は漢字も読めないバカだと侮られていたのでしょうか(笑) 自分の名前にまでふりがなが振られていたのは屈辱でしかないっ!!

承太郎らと同じく、やはり花京院も能力に目覚めしスタンド使いの1人。遠隔操作で人間を意のままに操ることのできる「ハイエロファントグリーン」という厄介なスタンドを持っています。相当なHi-ERo粒子がないと使いこなせそうにないスタンドですね!

「こんな俺にも、吐き気のする悪はわかる!」
「悪とはっ! てめぇ自身だけのために弱者を利用し、踏みつける奴のことだ!」
「ましてや女を!!」

無関係な保健の先生を巻き込んだことに怒りを爆発させる承太郎。不良と呼ばれても、本当の悪は見過ごせないという正義感がとてもカッコイイ! しかし、飯が不味いからってレストランで金払わず帰ってしまう承太郎さんも、結構なレベルの悪だと思いますよ(笑)

ハイエロファントグリーンの必殺技「エメラルドスプラッシュ」を食らい窮地に追い込まれてしまった承太郎は、すかさず己のスタンドを引き出して反撃開始。相手のスタンドの襟首を掴んで激しくシェイクさせた上で(良い子は絶対真似しちゃいけない危険な技)、顔面にありったけの拳を浴びせかけてスーパーフルボッコ

あの超有名な「オラオラオラオラオラオラオラ!!」が早くも聞けて私も感激です~。必殺技の名前を叫びながらビームを出すのが全盛だった時代に、感情のままただ敵を撲殺するという原始的な攻撃がたまらない!! ジョジョは本当に生まれてくる時代を間違えた漫画だったのかも…(笑)

STAND PROUD (TVアニメ「ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース」オープニングテーマ) / 橋本仁 / CD ( Music )

ワーナー・ホーム・ビデオ( 2014-04-23 )

定価:¥ 756 ( 中古価格 ¥ 59 より )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. ジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース 第2話 『裁くのは誰だ?』 ジョジョとは思えない程女性キャラが多い、そして花京院マジ鬼畜。

    ブスよりも髪型に突っ込めよ!一人すごい頭している娘が居ますね。そしてもう一人とジョジョを巡って争うと。ブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスブスペチャパイペチャ…