ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第32話「7月15日(木) その2」雑感

出会い頭のヘブンズドアー笑うからやめて(笑) 自宅の改装見積もりに来た業者だとわかっているのに、ドアを開けた瞬間に容赦のないスタンド攻撃。露伴はブレないな~。

ヘブンズドアーで正体を調べた結果、スタンド使いではないと判明したものの、何故か自分の背中を意地でも見せようとしない怪しすぎる行動。常に壁際に立ち、移動する際は地面に背中を張り付け、ブリッジ状態で這いずり回る。もはやクリーチャーとしか言い様がない姿が怖すぎる(笑) 普通のリフォーム会社従業員とは到底思えませんが、ヘブンズドアーで白だと出ているってことは、この業者の男そのものは普通の人間で、実は背中にスタンド使いが隠れ潜んでいるのでしょうか?

一方、前回から続く送電鉄塔での戦いに決着がつきました。鉄塔の内部構造を熟知しているいる鋼田一は、鉄塔を攻撃するとエネルギーが反発する仕組みを利用し、ビリヤードのように攻撃をバウンドさせてくるのに対して、仗助はクレイジー・ダイヤモンドで鉄塔を修復することで、反発エネルギーを元ある場所に戻して反撃するというなかなか説明が難しい謎理論で敵をやっつけることに成功

倒された鋼田一は、吉良の父親が「康一を始末した」と話していたと供述。康一を手に掛けたのは、この白髪で褐色の男。エニグマという名のスタンドを操り、対象の恐怖のサインを感じ取ると紙片の中に封印することができるという。既に康一を捕らえた彼が次に狙うは仗助の母親。まず自宅に不法侵入すると、冷蔵庫のお菓子を勝手に食べ、ショーツに脅迫文を書き記しておくという弩級の変質者っぷり。これまた恐怖でしかありません(笑)

気丈な仗助の母親もさすがに竦み上がり、エニグマの囚われの身となってしまいましたが、自宅で不審者と鉢合わせて命の危険が迫る中で「お金だったらあげないわよ!」と追い返そうとしたところはさすがだと思いました。普通、この状況だったら「お金ならあげるから早く出ていって!」でしょうに(笑) 命を助けてくれ~い。お金も取らないでくれ~い。何もせず出て行ってくれ~い。肩揉んでくれ~い。

裕也「ふざけるな仗助ェ! 俺を舐めるなよぉ!? 俺をこんなにしたオメーを俺は許さねぇ!! この噴上裕也(ふんがみゆうや)のプライドが、協力するとでも思ってんのかよぉ!?」
仗助「やはりNOかよ。最初から無駄だとは思ってたけどよー。じゃあ、またな。時間ねぇからよー」
裕也「えっ、あれ? あっさり引き下がんのかよぉ? ま、まてよ、おい! もうちょっと駆け引きしてくれよぉー! わかったよ! OKだよ! 協力するってばよぉ~!」

康一と母親を襲った男の行方を追うため、仗助は鼻が利くことには定評のある噴上裕也に怪我の治療と引き替えに協力を求める。噴上は一端は拒否するポーズを見せますが、仗助があっさり引き下がると、すぐ下手に出てOKしたのがカワイイ(笑) 噴上は大好きなキャラでしたので、また出番があってくれて嬉しいですよ。

「俺ってよぉ…。やっぱり格好良くて美しいよなぁ? 控えめに言ってもミケランジェロの彫刻のようによぉ…」

こんな愉快な寝言を宣う真性ナルシストは、どう考えても悪い奴じゃないですよね!

噴上の力を借りて追跡を開始すると、あっという間に捜していた男を発見。康一を安否を問い質そうと肩に掴みかかると、瞬間身体が仗助の母親とすり替わり、本人は姿を眩ませた。意味もわからず混乱するばかりの仗助。しかし、何かしら良からぬ事態に陥っているのは疑いようがない。仗助たちは確実に今、恐ろしい罠にハマりつつある…!

「仗助、俺は戦う約束はしてねーぜ! 約束は追跡だけだ! これ以上はヤバすぎんだよ! 怪我を治してもらった取引なのによぉ、自分の身をヤバイ状況に晒すのはアホのすることだぜ!? そいつは不気味すぎる! 悪ぃけどよぉ!」

噴上の主張は正論。怪我の治療のために協力したのに、そのせいで死の危険に晒されるとなれば、何のための協力かわからなくなります。臆病ではなく、当然の理屈。それでも、彼は仗助が開こうとする紙片がヤバイことに直感で気付いている。噴上裕也は己の危険を顧みず、仗助を助けようとするのでしょうか…? 是非、ここは噴上に男を見せてほしいところ! 取り巻きの女の娘にキャーキャー言われている伊達男っぷりが、本物であることを証明するためにも!

ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. 露伴の開幕ヘブンズドアーは笑ってしまいます
    確か原作の露伴は『ヘブンズドアーを使って背中を見ることもできるが
    それでは見てやった気にならない』というような事を考えていて
    それも実に、らしいんですよね

    露伴、噴上と仗助がどうなるか気になるラストで、来週が待ち遠しいですね

    • 初対面でいきなりヘブンズドアーを仕掛ける用心深さは正しいですし、ほとんどデメリットのない技なので躊躇なく使えばいいんですが、言葉を交わす間もなく、一言目から「ヘブンズドアー!」はやっぱり笑ってしまう。

      ヘブンズドアーを使って背中を見ようとしないところは、セリフでの説明がなくても、露伴の性格を考えたらなんとなくわかります(笑)

  2. エニグマのスタンド使いはデザインがヒロイックですきです、見た目だけなら十分メインキャラとしてやっていけそう
    まあ性格で台無しなんですけど…

    • 第四部はキャラだけでなく、スタンドもしなやかなデザインに変遷している気がしますね。ザ・ハンド、ハイウェイ・スター、エニグマといったあたりのスタンドはかなりお気に入り。でも一番はキラー・クイーンかな?