ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない第28話「ハイウェイ・スター その1」雑感

「バレなきゃあイカサマじゃねぇんだぜ」は承太郎がダービー弟に言い放ったセリフですが、正確には“バレても証拠を掴めなきゃイカサマじゃない”。都合の良い賽の目ばかりを連続して出す仗助がイカサマをしているのは明白なれど、そのタネの見当がつかない限り、彼を批難することはできない。怒りの露伴はイカサマの手口を看破することだけに心血を注ぎ、見破れなければ200万円を差し出すとまで豪語した。

にこやかな笑顔から、急転直下自らの小指を刃物で突き刺した露伴にはドン引きでしたよ(笑) 仗助にコケにされている自分への怒りと、勝負から逃げ出させないための抑止力、2つの意味での行動だったとはいえ、それでもいきなり刃物で自分の小指をぶっ刺すなんてクレイジーすぎるっ!

仗助自身、こんな大事になるとは思ってなかったでしょうし、ここまで露伴がマジギレするなら「素直に認めて謝るしかねぇ!」となるのが普通だったと思うんですが、「イカサマをやり通すしかねぇ!」という思考になるんですから、仗助も大概クレイジーです(笑) ちょっとした小遣い稼ぎのつもりが、自分の指を掛けての200万円勝負。ますますカイジめいてきました。GOだっ! オレは指を賭けるっ!

こうなると痛い目に遭うのはイカサマしている仗助側だと相場は決まっているのですが、結局最後までイカサマが暴かれなかったのは意外な結末。露伴はイカサマを見破る寸前まで突き止めたものの、失火による自宅半焼で勝負そのものが有耶無耶に。200万どころか、火事で700万の損害を出した露伴が哀れすぎる(笑) 彼は別に何も悪いことしていないのに。

チンチロ勝負(宇宙人)の話はトータルで見てすごく満足度の高いエピソードでした。でも、せっかく面白い話だったんですから、1話の区切りで綺麗に終わらせてほしかったな…。次週に持ち越しつつ、Aパートの半分ぐらいのタイミングで終わったのはちょっと。こんな中途半端にはみ出すぐらいなら、しのぶの誘惑シーンを後に回して、27話内でチンチロ勝負を決着させることはできなかったの? 変な区切りで次に話に移行されてもテンションが上がりにくいですよ。……と思ったら、BパートはBパートでめっちゃ面白いじゃないですか!! 嬉しいけど、なんかモヤモヤするなぁ!!(笑)

Bパートのハイウェイ・スターは、ジャンケン小僧と宇宙人の話に続いて、またまた岸辺露伴がメイン。ここ最近の露伴の推され方が半端ないね。仗助の相棒は最初承太郎だったのが、康一になり、億泰になり、そして露伴。エロゲアニメの如く、次々主人公のパートナーが変遷するのが興味深い。今は露伴攻略ルートに突入しているって認識でいいんですかね?(笑)

トンネルの途中に見えた謎の小部屋。好奇心で立ち入ると自分の匂いが記憶され、スタンド「ハイウェイ・スター」が時速60kmものスピードで追跡してくる。まんまと罠にかかり捕らえられてしまった露伴は、スタンドに養分を吸い取られて虫の息。そこに仗助が通りかかると、ハイウェイ・スターはこう囁く。「アイツに向かって『助けてくれ』と言え。奴に向かって『助けてくれ』と叫べば、命だけは取らないでやろう」と。

「だが断る」

仗助を差し出せばお前の命を助けてやると取引を持ちかけてきた相手に、にべもなく言い放ったこの一言! くぅぅぅ~~!! カッコイイッッッ!! 仗助の身を案じたわけではなく、自分で強いと思っている奴にNOと言ってやるのが好きだというところも露伴らしい!(笑)

「だが断る」はずっとネットスラングの一種だと思っていて、ジョジョの名言だと知ったのは結構後になってからだったんですけど、その名言がまさかこんなタイミングで出てくるとは思わなかったですね(露伴の名言とも知らなかった)。まったく予期せぬところで名言に立ち会えたので、意表を突かれたドキドキ感。「だが断る」が発せられたときの作画というか演出もすごい格好良くて、瞬間ぞわぞわっと鳥肌が立ちましたよ! 第四部もやればできるじゃん!!

露伴が命懸けで張った意地も虚しく、結局仗助は室内に足を踏みいれてしまいましたが、これで2人は一蓮托生。敵スタンド使いの居場所を突き止めて倒さない限り、2人ともハイウェイ・スターに捕まって殺される。久々のガチバトルでテンション上がってきました。だから、このエピソードの結末が次回Aパート途中で終わるとかやめてよね!?

8 Responses so far.

  1. 白柴 より:

    「だが断る」をアニメで見られる日が来るとは…感無量です。
    ジョジョ全編通しても最も有名なセリフと言っても過言ではないからか、アニメの演出もだいぶ力が入ってましたね。
    基本的にアニメ向けにキャラデザはある程度アレンジされているのですが、「だが断る」の顔は原作トレースしたの?ってくらい原作に忠実でした。比較しても「瞳の位置が1ミリ違うかな?」ってレベルの間違い探し(笑)

    全体的に先週、先々週と比べて作画も良くなっていたので一安心。
    タイミング的に、新OPにスタッフが掛かりきりになって本編に手が回らなかったとかなんですかねー。
    来週は60km/hで逃走しながらの戦いになるだけに是非頑張ってスピード感を演出して欲しいところです。
    シアーハートアタックの二の舞だけは勘弁…!

    • 「だが断る」の露伴の顔は本当にぞくぞくするほどに格好良かった。セリフだけでなく、表情も込みの名言なんだなぁ。いつも作画が崩れていてわかりづらかった露伴の本当の顔が、ようやく理解できた気がします(笑)

      ついでにそのあと、仗助が部屋に入り込んだときの顔も超渋い! これが原作クォリティだというのなら、静止画は全部漫画をトレースしてしまえ!

      >新OPにスタッフが掛かりきりになって本編に手が回らなかった
      新OP好きだわー。第四部のOP曲はどれもあまり刺さらなかったですが、今回のは超好き。主人公が完全に吉良吉影になっていますし(笑)

      >来週は60km/hで逃走しながらの戦いになる
      おお、それを聞くだけで既に神回の予感。60km/h以下に速度を落とすと追いつかれてしまうというのなら、映画スピードのようなアクションが期待できるのかな? それこそ映画並みの気合い入った作画が求められますね。次、文句なしの神回であれば、ジャンケン小僧のことは忘れよう!

  2. ゲスト より:

    3部より長い4部を3部より1クール縮めてしまった分の影響が出てしまってますね
    製作のここはもっと尺がほしい!でも2話使う余裕が…みたいな苦心が見えます

    話のほうだと結局宇宙人か振りをしてる能力者なのかうやむやっていうオチが個人的に好きです、変身能力を除くとステレオタイプの宇宙人像過ぎて怪しいです、しかし矢が刺さらないとかスタンドが見えない?などはガチッぽくもありますしね

    ハイウェイスターのスタンドの姿が出る前はすごくホラーっぽい演出だと感じました、改めて映像で見るとホラー映画のオマージュが随所に見えますね、作者はよほど好きなんでしょうね

    • こんなに後半詰め込みになるなら、序盤の虹村兄弟やシアーハートアタックのところをもうちょっと詰めてもらいたかったような…。いや、あれはあれで尺が必要だったのかな。

      >宇宙人か振りをしてる能力者なのかうやむやっていうオチが個人的に好き
      あ、私は未起隆の虚言癖だったと解釈していたのですが。普通の人間なのに、自分を宇宙人だと持っているちょっと危ない奴が、スタンドの変身能力に目覚めて本当に宇宙人っぽくなったという感じで。でも明言されていないなら、本物の宇宙人という可能性もありますね~。

      >ハイウェイスターのスタンドの姿が出る前はすごくホラーっぽい演出
      足だけが追ってくるのは気持ち悪かったですね。ホラーというか、日本の妖怪っぽさも感じました。

  3. ゲスト より:

    露伴と仗助の不仲が極めて分かりやすい構成になっていたので
    『だが断る』の印象がさらに強くなりましたよね

    話の終わりで仗助が言った「お前がオレを助けるとはよぉ~っ、まさか、
    まさかって感じだがグッときたぜ!!」
    も良い感じでした
    バイクがゆらっと立ち上がりながら再生していくので
    その台詞と合わさってこちらの気持ちまでぐんぐん盛り上がっていきましたよ

    • ブラフだったと思いますが、直前の露伴がちょっと弱気を見せていたところが、またよかったですね。「仗助を差し出せば、命は助けてもらえるのか…?」と心が折れたような弱気の発言のあとに、「だが断る」と強気にはね除けたのが格好良くて格好良くて!

      主役のお株を奪われた格好の仗助も、そのあとちゃんと格好良かったからセーフ。作画が第四部最高レベルで気合い入っていたのも大きかったですね。そりが合わないけど信頼できる“仲間”というのが、ベタだけどたまらないです。

  4. ゲスト より:

    地味にハイウェイ戦は仗助が最もかっこいい
    瞬間のひとつなので来週が楽しみです。
    親父譲りの柔軟でタフなバトルスタイルが
    垣間見られます。

    アニメだと間田先輩のスタンドに撲殺されて
    しまったかのような印象を受ける玉美も
    無事退院して何より。
    イカサマをしなかったらその罪悪感で錠前に
    襲われると言っても、そもそもイカサマを
    持ち込んだ時点で罪悪感がない仗助に
    果たして通じたんでしょうかねえ(笑)

    • 仗助、格好良かったです! 法定速度守らなかったり、ケータイ盗んだり、車ぶっ壊したり、病院にバイクで乗り込んだり、公序良俗はいろいろ問題ありましたが、その辺は不良キャラだからその辺は大目に(笑)

      >イカサマを持ち込んだ時点で罪悪感がない仗助に果たして通じたんでしょうか
      イカサマした瞬間、罪悪感を感知してスタンド能力を発動させるのかと思いきや、逆にイカサマを使わなかったら能力が発動するという設定だったので、見ていてちょっと混乱しました。玉美の再登場は嬉しい反面、あの場面玉美必要だったかな? という疑問も。