ジョジョの奇妙な冒険第19話「死の崖へつっ走れ」雑感

医学薬学の分野のみならず、科学力でも世界一を誇るゲルマン民族の叡智によって全身サイボーグ化に成功したシュトロハイムは、人間を超越した究極の滑舌を備えて舞い戻ってきた! 身体に内蔵された物々しい機関銃により、一分間に600文字ものセリフが放たれるマシンガントークは強烈! この脅威の実況能力にはさすがの究極生物カーズといえど太刀打ちできるまい!

戦力としてはまるで役に立たなかったですけど、またシュトロハイムの名実況を聞くことができた満足感。巻き舌で語尾を伸ばしつつ、更に早口でまくし立てるという神演技はまさに人間離れしていますよ! 声優の伊丸岡さんは、役作りのために自らもサイボーグ化してきたに違いありません!

それにしても、カーズの光る武器やら、今年のジョジョが厄年やら、雪面を滑る赤石の追いかけっこやら、今回の19話はあまりにツッコミどころが多すぎて、視聴者側もサイボーグ化しなけりゃツッコミが追いつかない…! 特に崖から落下したジョセフとカーズの僅か5秒間の攻防は凄まじかったですね(笑)

カーズもろとも175mの高みから谷底へ真っ逆さまのジョセフは、波紋を駆使してなんとか氷柱にしがみつき墜死を免れた。

「液体には伝わりやすい波紋だが、氷や雪は固体だから伝導しにくい!」

このナレーターさんは、ちょいちょい口語でタメ口入れてくるところが好きだなぁ(笑)

カーズ「落下している氷柱を波紋で接着! ロープ代わりに!」
カーズ「しかし、落下しているのだ足りるはずがない」
シーザー「足りない長さはこの俺が、補うぜ!」

ええっ!? なんで崖上にいるシーザーが氷柱を握っているの!? ていうか、氷柱を用意したところで距離的にも時間的にも絶対間に合うはずないよね!? 仮に届いたとしても、落下中のジョセフに引っ張られてシーザーも一緒に崖から落ちちゃうだけだよね!?

この私の一連のツッコミ、5秒以内!

着地の際、地面にある花を踏みつけたくがない一心で、崖にパンチを放ちピンボールの如くあちこち跳ね返りまくるカーズ様の優しさ。直後、気が狂ったかのように突然の爆笑。自嘲と呼ぶにはあまりに大袈裟な哄笑に私は戸惑いの色を隠せません。柱の男って人たちは、急に泣き出したり笑い出したり情緒不安定な人多いですねぇ…(笑)

場面変わってスイスのサンモリッツ。柱の男たちの拠点を突き止めたジョセフ一行は敵の根城を前に、このまま打って出るべきと主張する積極派のシーザーと、相手の出方を待つべきと主張する慎重派のジョセフで意見が真っ二つ。互いに譲らない2人は殴り合いのケンカに発展。シーザーはジョセフと決別し、リサリサの制止を振り切り、単身カーズを倒すために乗り込んでしまう。

……非常に危うい展開ですよね。ケンカ別れした友人が1人で敵のアジトに乗り込むなんてフラグとしか思えない。「ワムウがいない今が好機」というのがシーザーの論拠だったのに、次回予告見たらフツーにワムウいましたし…。こ、これはヤバイ。

ジョジョの奇妙な冒険 Vol.7 (毒入り指輪ストラップ、全巻購入特典フィギュア応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2013-07-26 )

定価:¥ 8,424 ( 中古価格 ¥ 818 より )

Amazon価格:¥ 6,244

時間:75 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL