ジョジョの奇妙な冒険第14話「太古から来た究極戦士」雑感

なっ、何この異様な格好良さ…!! 柱の男との戦いに挑む前の2人の決めポーズは、鳥肌が立つほどに痺れました! 冷静に考えれば、ここでわざわざ決めポーズする必要性はなかったように思えますが、ヒーローたるものスタイリッシュにポーズを決めるのは義務。意味なんかいらないんですよっ!

シーザーという新たな相棒を得て、ますますストーリーは盛り上がりを見せてきました。今のところジョセフとの仲は最悪といった感じですが、共に戦いを重ねていく上で、次第に2人は友情を深めていくことでしょう。半世紀を経て、ジョナサンとツェペリの孫同士が共闘し合うなんてロマンがありますねぇ。

それにしても、ジョセフとシーザーといざこざの渦中で、いきなり唇奪われて操られて、口の中に鳩をねじ込まれた通りすがりの女性はえらいとばっちりでした(笑) ジョジョとシーザーの顔面を1発ずつ殴っていいよ!

今回、シーザーについてもっといろいろ語るつもりでいましたが、シーザーよりもワムウ・エシディシ・カーズの柱の男3人集の方に私は目を奪われてしまいまして…。何なんですか、このガチムチな悪役たちは! 理想的すぎるじゃないですか!

この逞しい大胸筋! 広背筋! 三角筋! 上腕二頭筋! 大腿四頭筋! シックスパック! ついでに魅惑のヒップ! その垂涎の肉体美に興奮を隠しきれません!(性的じゃない意味で)

やっぱりラスボスはこうでなくっちゃな~って思いますよ! 筋肉ムキムキの大男で一見して「強そう!」と思えるような。見た目は小さくて子供みたいだけど実は強いとか、そんな日本的な敵キャラじゃ私は満足できないのです。“でかくて強い!” それこそが憧れ!

3人の柱の男の中でも、最も身分が上位であろうターバン男(カーズ)が一番好み。裂傷から流れ出る血液を気合で止血したときのポーズ、「ビシィッ」っていうのがたまらない~。その前のワムウの後ろ蹴りを避けた時の謎ポーズもある意味格好良かったですけど(笑)

いやぁ、こんなナイスバディなお兄様方と手合わせ願えるなんて、今からワクワクが止まらないですね~。その自慢の肢体を駆使して一体どんな技を繰り出してくれるのやら。手練手管に長じた経験豊富な彼らのテクニックの前では、きっとジョセフたちなんか子供扱いで、メチャクチャにされちゃいますよね。想像するだけで鼻血が出てきそう…。ああっ、あんなことやそんなことまで!

ジョジョの奇妙な冒険 Vol.5 (柱の男レリーフマウスパッド、全巻購入特典フィギュア応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2013-05-31 )

定価:¥ 8,424 ( 中古価格 ¥ 535 より )

Amazon価格:¥ 3,380

時間:75 分

1 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。