ジョジョの奇妙な冒険第4話「波紋疾走(オーバードライブ)」雑感

パパウ! パウパウ! またもや印象的なセリフのオンパレードでした。冷静に反芻すると何を言っているのかよくわからないセリフばかりなんですが、多少の意味不明さはその場の熱量で押し切ってしまう豪腕アニメ。それがジョジョ。

「スピードワゴンはクールに去るぜ」

安定のスピードワゴンの解説力。もはや実況と呼んでいいほど一言一句細かく状況を説明してくれます(笑) このあと当たり前みたいにジョナサンに付いてくるんですが、彼は何かに役立つの?

エリナ「なんてこと! 骨折している腕で私を!」
ジョナサン「いつだって支えるさ」

7年ぶりとなるエリナとの再会。美人に成長しましたね。とっくに他に男作ってジョナサンのことなんて忘れていると思いきや、まだジョナサンへの愛は不滅。疑ってゴメンね。

「ハ、ハ、ハブショッ!」

道中出逢った胡散臭いオッサン。座りながらジャンプしていきなり小指を横隔膜に突き刺す変態技を繰り出すと、何故かジョナサンの複雑骨折していた左腕が完治する。

ジョナサン「こんな重い石も持てる!」
エリナ「信じられないわ!」

この辺、完全に通販番組のノリで笑いました。

ツェペリの波紋エネルギーのすごさを目の当たりにしたジョナサンは、自らもその力を体得しようと修行に励む。師匠と出会い、修行を経て超常的なパワーを手に入れる流れは、非常にジャンプらしい王道展開

しかし困ったのは、波紋の仕組みが私には全然ピンと来なかったこと。呼吸法を変えることで肉体に波紋を起こす? 波紋エネルギーは仙道パワー? 石仮面と同じエネルギー? 波紋法の波は太陽の波? 長々と説明してくれた割には、結局どういう原理でどういう効果があるのかサッパリ頭に入ってきません

「勇気とは怖さを知ること! 恐怖を我が物とすることじゃ!」
「呼吸を乱すのは恐怖!」
「だが恐怖を支配したとき呼吸は規則正しく乱れない!」
「波紋法の呼吸は勇気の産物! 人間賛歌は勇気の賛歌!」
「人間の素晴らしさは勇気の素晴らしさ!」

このセリフは純粋にグッと来ましたね! 匹夫の勇を奮うでなく、怖さを受け入れた上で立ち向かうのが本当の勇気。見た目は変なオジサンだけど良いこと言います。そのあとの仙道ウェイブキックって技は引くほどダサかったけど(笑)

「震えるぞハート! 燃え尽きるほどヒート!」

引きこもるのはニート。具体的なことは何も教わっていないジョナサンなのに、見様見真似で「仙道波紋オーバードライブ」という必殺技が使えるようになりました。波紋法ってのは、言っている意味がわからなくても聞き流しているだけでいつの間にか憶えられるスピードラーニングみたいなもんですかね(笑) 早速私も教材を注文したい!

ジョジョの奇妙な冒険 Vol.2 (アニメ原画集「ファントムブラッド」、全巻購入特典フィギュア応募券付き)(初回限定版) [Blu-ray]

販売元:ワーナー・ホーム・ビデオ( 2013-02-22 )

定価:¥ 8,424 ( 中古価格 ¥ 630 より )

Amazon価格:¥ 5,390

時間:75 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL