THE IDOLM@STER シンデレラガールズ第15話「When the spell is broken…」雑感

新たに赴任した美城常務が強権を振るい、現アイドル事業部門のプロジェクトを総て白紙に戻して解体。デビューから順調に活動を続けていたシンデレラプロジェクトの面々は、一転してアイドル継続の危機に。常務がどれだけ有能な人材かはしりませんけど、現在活動中のアイドルを上意下達で全員解散に追い込むなんて、権限ありすぎじゃないですかね…?

美城常務が徹底した合理主義・成果主義の人間で、不採算部門を整理するため、投資と人気の見合わないアイドルの活動を休止に追い込む考えであれば、まだ彼女のやり方には理解が示せました。非情すぎる決断ですが、選択と集中は企業判断としてはやむを得ない部分でもあります。

そうなれば、アイドルというエンターテインメントの世界で、採算性ばかりを追い求めることが果たして正解なのかと、2クール目のテーマがスムーズに確立できましたが、現実的にはシンデレラプロジェクトによるユニットはそれぞれ一定の成功を収めていますし、始動したばかりのプロジェクトを急転直下白紙に戻すことに一体どのような利があるのか、肝心な部分が見えてきていません

白紙と簡単に申しますけど、デビューイベントに注ぎ込んだ巨額の投資は回収できなくなり、今それぞれのアイドルについているファンからは確実に不信感を生むでしょう。デビュー前のアイドルのデビューを取りやめにするのはともかく、既にデビューさせたアイドルをいきなり解散って絶対無理ありますよ。

企業として相当なダメージを覚悟しなくてはならないのに、これだけ強行的な改革に踏み切るのであれば、まずその経緯についての説明がほしいです。346プロダクションが経営難に陥っているとか、所属アイドルの誰かが不祥事を起こしたとか、現行プロジェクトの見直しが迫られる切羽詰まった事情があるのかと。現状では、単に「解散ありき」で話が進んでいるだけですから…。

美城常務の有能性を示してくれれば、彼女なりに何かしら成功の目算があるのだと信じられますけど、会社の屋台骨を支えるトップアイドル(高垣楓)から反発されるというカリスマ性のなさを露呈し、いきなり無能キャラのイメージが定着しちゃいましたからねぇ。本人がデビューした想い出のステージを、「こんな粗末な小屋は君に似合わない」だなんて、そりゃ反感買いますって!(ソフマップからもね!) 自分とこの稼ぎ頭なんですから、もうちょっと調べてから発言しましょうよ! バカ丸出しすぎるっ!

効率性を重視している本人が、一番非効率な真似をしているというところが、話に乗りきれない最大の要因。これなら私怨でプリパラを嫌っていた大神田グロリア校長の方がまだ理解できました。

今回のプロジェクト解体劇は、脚本の都合に引っ張られた強引さが感じられて、いくらなんでもリアリティに欠けています。急にでてきたトップの人間を悪者に仕立て上げること自体、浅はかな脚本だといわざるを得ないのですが、そうだとしても彼女の言い分に「一理ある」と視聴者に思わせなきゃ、物語が成立しません。この2クール目の企画は総て白紙に戻し、もう一度新しい企画を考えてきてもらいたい。私はあまり気が長い方ではないので、早急にね!

好感度ランキング推移

1 - 渋谷凛
2 - 新田美波
3 - 諸星きらり
4 - 前川みく
5 - 島村卯月
6 - 双葉杏
7 - 神崎蘭子
8 - アナスタシア
——————————————–
9 - 城ヶ崎莉嘉
10 - 本田未央
11 - 多田李衣菜
12 - 三村かな子
13 - 赤城みりあ
14 - 緒方智絵里

お掃除みくにゃんも可愛かったですが、今回一番好感度上がったのはやっぱり高垣楓さん。ファンの笑顔と共に成長したいという発言は綺麗事ですが、それでも初心を忘れずに、目の前のファンと向き合える姿勢はアイドルとして立派です。バカすぎる上司との対比で、彼女のイメージをアップさせるやり方はちょっと卑怯に感じましたけどね。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS-ANIMATION FIRST SET-【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-11-05 )

定価:¥ 3,240 ( 中古価格 ¥ 45 より )

Amazon価格:¥ 2,300

時間:15 分

2 枚組 ( Blu-ray )


14 Responses so far.

  1. ゲスト より:

    意地悪な継母ポジションである美城常務、CP解散という一手について視聴者に納得と行かずとも唸らせるくらいのやり手ぶりを見せてお話を盛り上げてくれるか…!?と思いきやテンプレート的な嫌な上司の言動で私もガッカリしました。まだ2話だから評価を下すのは早計であると思いつつも今のところつまらん女だなあという感想に。楓さんを別のイベントに参加するように促したシーンも下手な説得の仕方で微妙な気分にさせてくれましたしその上楓さんの辞退理由を知ってさらにゲンナリ。あなたアイドルの経歴くらい見ときなさいよ…。こんな人にCPを解散させられたかと思うと腹立たしいので早く納得のいく手腕(ストーリー)を見せて欲しいですね。ともあれ、私にとって今回良かったと思ったところは楓さんはもちろん、腐らずにできることをしようとするCP組の地に足つけた行動が素敵でした。あとプロデューサーの疲れ顔(笑)

    • 意地悪な継母でも嫌な上司でも構いませんが、せめて有能なやり手キャラの体は崩さないでほしかったですね…。

      みんなが「横暴だ!」と反発している中、トップアイドルの楓さんが美城常務支持を表明していたら、「何か理由あってのことかもしれない…」と思い直し、一度冷静になって、彼女がやろうとしていることを慎重に見極めようとしたかもしれません。

      でも、実際は楓さんに「貴方とは目指す方向性が違います」とはっきり拒絶されているんですから、「やっぱり無能じゃないか!」という反発が生まれるんですねぇ。会社の顔となるトップアイドルからも理解を得られないような改革案、一体誰が支持しているというのでしょうか。

      >腐らずにできることをしようとするCP組の地に足つけた行動が素敵
      今こそみくにゃんのストライキの出番だと思うんですけどね(笑) 今度は多数の賛同者巻き込んで、ガチの労使交渉に発展させよう!

  2. ゲスト より:

    確かに、全てのユニットや組織を解体してまでの大改革に踏み切る部分は見えてきませんでしたね・・・

    このままだと346プロそのものの組織としてもマイナスなイメージになりかねませんし、美城常務の悪いイメージは今回で取り戻せない段階まで来てしまった印象です。

    逆に、ワンマン美城常務に一石を投じる役としては楓さんが妥当だったのかなと思います。

    3か月待たせておいてストーリーが今後もこのクオリティが続くようなら、アニメDVDは6巻以降作り直しです。

    • ユニット大改革は「せざるを得ない会社の事情」なのか、「単なる思いつきの独断」なのか、それによって印象が大きく違ってきます。今のところ後者の可能性が極めて高いので危惧しているだけで。

      美城常務自体は、如何にもステレオタイプなキャリア志向の女性で、まだ「仕事のできる女上司」というイメージがこういうタイプに凝り固まっているのは残念。厳しかった美城常務がアイドルたちの頑張りに絆されて、白紙にするのやめたなんてチープな展開はやめてくださいよ。

  3. ゲスト より:

    某所のコメントにあった「アメリカ流の会社経営を崇拝して短期利益追求の理念だけで現場をひっかきまわす見た感じだけはいかにも有能そうなアメリカ帰りのMBAホルダー」に笑った。

    今後のコストカットを優先したってことならまあ理解できなくもないかな?
    そのへんもう少し演出してくれてれば……。

    まあヒール描写は終わったので、次は無能じゃない描写を期待しましょう。
    現実的な嫌われ役で終わってほしくないなあ。

    • 辛辣なコメントですが、現状はその通りですね~。上辺だけのアメリカ式経営学を学んで、よくわからずその真似っこして、ただ失敗しているようにしか見えません…。

      >今後のコストカットを優先したってことならまあ理解できなくもない
      「アイドルが不祥事を起こした」だと視聴者がざわつくので、シンプルに経営難による事業立て直しでよかったかな(笑) 今までみたいに手厚いバックアップが受けられなくなったけど、これまで以上にアイドルとして頑張る。「会社とアイドルが一緒になって頑張って、経営を立て直そう!」で良かったんじゃないですかね? 経営陣とアイドルの対立なんて、つまんないテーマより。

  4. deathmetabo より:

    こんにちは。

    いやあ、がっかりというかビックリでしたね。あのお姉さん。
    一番心配だったところがバッチリ的中しちゃって非常に残念です。この先大丈夫かな?

    プロジェクト解体で落ち込むメンバーが徐々に顔を上げて前を向く感じとか、ついにプロデューサー君の見せ場を作ろうとして来たりとか、やりたいことは分かりますがその為の舞台設定が適当で雑だと盛り上がる物も盛り上がりませんよね。

    理不尽な権力を振りかざす敵キャラは想定内ですが、それが超小物でポンコツじゃ話になりません。
    次回以降で有能さの片鱗を見せてくれないとプロデューサー君たちが頑張っていいところを見せても虚しいだけなんでなんとか頑張って欲しいです。

    まさか敵のオバサンを応援しなきゃ行けなくなるとはねぇ。

    • プロデューサーを始め、シンデレラプロジェクトに携わる周りの人間はみんな優しい人ばかりで、ぴりぴりした厳しさを持つ大人はいませんでしたから、そういう意味では美城常務のようなキャラは必要だといえるんですけど…。しかし、無能で厳しいというのはさすがに辛い。厳しさは本人の有能性が伴って初めて成立するものですから、現時点ではただウザイだけのキャラになってしまっていますね。

      不幸中の幸いは、ずるずるネガティブを引きずらずアイドルたちが意外と早く立ち直ってくれたことと、対案となる企画を練っているプロデューサーのやる気が見られそうなこと。

      >まさか敵のオバサンを応援しなきゃ行けなくなるとは
      敵役として嫌がらせしてくるだけの薄っぺらいキャラになってほしくない。そうだと、作品全体がつまらなくなりますから。本当にこのオバサンには頑張ってほしいですよ。

  5. ゲスト より:

    346グループ内の346プロダクションの立ち位置が不明なのが美城常務の行動の不可解さを増しているんですよね。
    今回の冒頭で346グループのイメージ戦略として346プロを高級路線にしたいと言っていたので、もともと346プロの色物たっぷりアイドルが他のホテル業なりデパート業なりのグループ中核事業からみてマイナスだったのなら話は分からないでもないのですが、そこら辺の話もなくあんな大きな本社ビルを持つ346プロで中核事業っぽいアイドル事業をいきなり再編と言われても「はい?」っとなりますよね。

    • 家具じゃないんで、アイドルを高級路線へシフトチェンジするというのはピンとこないですし、アイドルユニットを再編したからといって、346グループの他業種に影響するとは到底思えません…。アイドル(芸能)部門を廃止するつもりであれば、まだなんとなく現実的にあり得る感じですけど。

      だから、イメージ戦略なんか曖昧な理由じゃなくて、シンプルに業績の問題にすりゃ良かったんですよ。中核事業であるアイドル事業が他事務所に押されて低迷を続けていて、このままじゃヤバイから大胆なてこ入れしたいと。そういう“大人の事情”があって、初めて美城常務が大なたを振るうのにも理解が示せます。現状の情報だけでは、なんでこんな不合理な再編をする必要があるのかさっぱり。

  6. smat より:

    露骨にシンデレラと意地悪な継母っていうモチーフをなぞろうとしすぎじゃないかなとは思いましたね。

    今のままだとダメ、で対案としてだしたプロジェクトでユニットシャッフルを行い、ゲームの定番ユニットを組ませながらアニメ上では新しい風を入れていくっていうようにするのかな?と思います。

    後は地味に卯月の問題も描写してますよね。「みんなピンチだ!どうしよう」に対してとにかく頑張ります!って返事だったり、その割に企画考えているときに凛や未央は色々考えている中白紙で焦っていたりと、前の事しか見えていない、考えられない描写がされていますよね。未央の問題が先しか見る事ができず、今自分を見てくれているファンを見ていなかった事だったとするならば、卯月の問題はアイドルである事が目的になっていて、その先を見る事ができていないという事になるのでしょうか。

    • モチーフに準えようとするがあまり、展開の強引さとむりやりさは否めません。ユニットシャッフルも、まだやってほしくないなぁ…。今のユニットでデビュー曲を1曲出しただけなのに、バラバラにしてまた新たなユニットを作られてもついて行けない…。

      >卯月の問題はアイドルである事が目的になっていて、その先を見る事ができていない
      ふーむ、素晴らしい考察ですね。それ、私が言ったことになりませんかね?(笑)

      冗談はさておき、「頑張ります」しか連呼しない卯月は、確かに先ばっかり見ていた未央と同等の危うさを感じます。先の見えない事態だからこそ、冷静に足下を見つめ直して今を頑張るのは大切なんですけど、彼女はそれしか引き出しがないのでちょっと…。

  1. アニメ感想 15/07/24(金) #アイドルマスターシンデレラガールズ 第15話

    アイドルマスター シンデレラガールズ 第15話『When the spell is broken』今回は・・・そう言えば前回アイドル事業が白紙になったんでしたね。なんとかしようとプロデューサーが新企画を …

  2. アサナノ! より:

    アイドルマスター シンデレラガールズ 2nd 15話「When the spell is broken…」へのコメントです

    モチベが低下する中、状況にタダ飲み込まれていくだけではなく、
    自ら行動して奮起するその姿がとても勇ましいじゃないか!!
    淘汰されるのは嫌だ!っていう意気込みっていうのか…