THE IDOLM@STER シンデレラガールズ第8話「I want you to know my hidden heart.」雑感

new generationsとLOVE LAIKAに続くCDデビュー第3弾は、まさかの神崎蘭子。しかもソロデビュー! 完全に予想外だったというか、てっきり蘭子はきらりや杏あたりのイロモノ同士とくっつけられて、最後の方で適当にデビューさせられるものだと思っていましたよ(笑)

プロデューサーは、彼女のイメージを投影させたゴシックホラーのコンセプトで売り出すことを提案するものの、何故かそこに拒否反応を見せる蘭子。彼女はホラーが苦手だったというのがその理由ですが、その理解に至るまでの過程がすご~~く長かったですね(笑)

確かに一口でゴシック趣味だと称しても、好むのはその世界観や宗教観、ファッションやデザインであったり、人によって捉え方が様々。ゴシック好き=ホラー好きという安易な決めつけは正しくなく、蘭子が本来好む神秘的なイメージを酌み取ってあげられなかったのは不手際でした。

そうはいっても、普通ゴシックはデカダンスなイメージで重ね合わせられるものですから、ホラー好きであると誤解されても無理からぬこと。蘭子とプロデューサーのイメージの齟齬がなかなか埋まらなかったのもしょうがないです。蘭子が自分の求める方向性をストレートに説明できていれば話は5秒で終わっていたでしょうが、彼女独特の言語を標準語に変換する作業が難航したせいで…(笑)

しかし、蘭子の発言を1つ1つメモを取りながら、一生懸命翻訳の勉強をしていたプロデューサーは偉いですね。「闇に呑まれよ!」って「お疲れ様!」なのか(笑) こりゃ難しいわ。

単純なコミュニケーションを取るのに一苦労の蘭子は、正直言って面倒臭さや扱いづらさを感じてしまったのですが、彼女には彼女なりの魅力もたくさん見られました。今回特に私が良さを感じたのは、時折見せる普通の少女的な一面。平素、ゴシックなドレスを好む彼女が、自室ではシンプルな部屋着に着替えていたり、迂遠な言い回しを好む彼女が、凛の持ち込んだ花瓶の花を見て「綺麗」とシンプルに感想を述べたり。相当な変わり者のキャラであるだけに、たまにそういう普通な一面を見せられるとコロッときちゃうんですよ~!

あと、表情がとても豊かなので、言っている言葉の意味はわからなくても、感情はダイレクトに伝わってくるところがいいですね。喜怒哀楽にあわせていろんな表情を見せるのは、単純にカワイイです。

プロデューサーは積極的に蘭子との対話を図り、蘭子もプロデューサーに歩み寄り、ようやくお互いの意思疎通が取れるようになったところで問題は無事解決。イメージの共有ができるや否や、間を置くことなくすぐさまエンディングに入り蘭子の歌を聴かせるという演出は素晴らしかった。彼女のデビュー曲、とてもいい曲です。この先、ALI PROJECTや妖精帝國のような路線で人気を博していけそうな感じですね~。

★今週の渋谷凛★


制服の夏服がたまらない! ホント、こういうフツーの制服でいいんですよ。どうして二次元作品はへんてこなデザインの制服を着せたがるものが多いのか。

私服のスキニーパンツも似合いまくっていてマーベラス。この後ろ姿はめちゃくちゃレベル高いです!

好感度ランキング推移

1 - 渋谷凛
2 - 島村卯月
3 - 新田美波
4 - 前川みく
5 - 諸星きらり
6 - アナスタシア
7 ↑ 神崎蘭子
8 ↓ 城ヶ崎莉嘉
——————————————–
9 ↓ 本田未央
10 - 双葉杏
11 - 多田李衣菜
12 - 三村かな子
13 - 赤城みりあ
14 - 緒方智絵里

未央と入れ替わりで蘭子がJ1復帰。オリジナル3の未央はとうとうJ2に落ちてしまいました…。次の未央回は当分ないでしょうし、このままだとジェフ千葉みたいにJ2に定着してしまいかねません(奇遇にも本田未央の出身地は千葉だった!!)。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS-ANIMATION FIRST SET-【完全生産限定版】 [Blu-ray]

販売元:アニプレックス( 2014-11-05 )

定価:¥ 3,240 ( 中古価格 ¥ 477 より )

Amazon価格:¥ 1,100

時間:15 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. おそらく未央の担当回は終わったと思われるので、今後目立つとすれば凛回や卯月回の時でしょうね。フレンドリーな性格なので、もう山場は乗り切ったので、基本的には今回のように各キャラごとをくっつける接着剤的な役割を持たされるのでしょう。

    蘭子がソロは意外と言えばいがいですが、まあ無難なところかな、と思いますね。使う言葉が独特すぎて他のキャラとはくっつけにくい上に、本家で行われたシンデレラガールズ総選挙第2回目の覇者というモバマス屈指の人気キャラですし。蘭子は使用する言語がアレなだけで、副音声つけると途端に普通の常識的な女の子に変わるのでそのギャップにやられた人は多いんですよね。アニメだと今の所副音声が無いので、パッと見ただの色物ですが。と、いうか今回素で蘭子の発言に頷き、相槌をうっていたみりあちゃんの将来が心配です(笑)

    • やっぱり未央の担当回はもうなさそうですかねぇ。まぁ、きらり・莉嘉・杏・李衣菜・みりあ・かな子・智絵里と、紹介しなくてはならないキャラがまだまだ残っていますから、尺的に難しいかな。美波ももっと個人を掘り下げてほしいのですが、このまま終了でしょうか…。

      >使う言葉が独特すぎて他のキャラとはくっつけにくい
      李衣菜との中二病コンビや、唯一会話が成立させられるみりあとのコンビや、蘭子の意味不明な発言を鷹揚に受け止めてくれそうなかな子とのコンビも面白かったかも。でも今となっては、彼女のイメージを前面に押し出したソロデビューがベストだったように感じますね。

      >シンデレラガールズ総選挙第2回目の覇者というモバマス屈指の人気キャラ
      これはちょっと意外です。蘭子が人気キャラであることに異論はないですが、No.1にはなれないタイプだと感じていたので…。正統派ではない、イロモノ系(実際は違うにしても)のキャラが頂点を取るというのはすごいことですよ。これはきらりもNo.1になれる可能性が出てきたか!?

      >素で蘭子の発言に頷き、相槌をうっていたみりあちゃんの将来が心配
      彼女はまだ幼く、純真であるからこそ、蘭子の言葉が理解できたのでしょう。成長していったら、次第に蘭子の言葉はわからなくなるかもしれません。トトロみたいなもんですよ(笑)

    •  元々未央は不憫キャラでして、デレマスのラジオ「デレラジ」が始まったタイミングがデレマスのCD第2弾の時なんですよね。元々ニュージェネレーションズの3人は、デレマス内での属性であるキュート、クール、パッションのノーマルカード1番目のキャラだったんですが、凛が最初に最上級のレアであるSRに抜擢され、CDやCMでも1番手としてモバマスの顔として推され、島村さんも続いて推されていたのに対して、未央はCD第3弾で選ばれるまで殆ど動きがなく、勿論そんな状態だったので人気も上昇せず不人気キャラのくせにCDデビューが決まって羨ましいなあなどと煽られていたんです。運営もアニメやコミックなどでニュージェネレーションズを推そうとしている割には1話時点では完全に未央の存在をスルーしていたり、未央の声優さんが決まる前にデレラジを始めたりと、中途半端なことをやっているので余計なんですけども。6話時点で未央のバッシングがすごかったのも、プロとして未熟だったという描写もさることながら、こういう事情もあって潜在的なアンチや対立を煽る愉快犯が多かったことが背景としてあります。と、あまりに不憫キャラだった未央を判官贔屓していたら気づけば担当P担っていた人間が長々と語ってみたり(汗)

       >>イロモノ系のキャラが頂点を取る
       元々モバマスはキャラの数が膨大すぎて正統派は埋もれる傾向にあるので、割とイロモノキャラの上位層は多いですよ(笑)といいつつも、これに関してもちょっと説明不足な裏事情がありまして、モバマスの総選挙って運営側である程度どのキャラが上位に行くかの操作が可能なんですよ。というのも、総選挙の投票権は選挙期間中のガチャのおまけとして付属してくるんです。そうなると当然担当Pがそのガチャの目玉になっているアイドルを手に入れようとガチャを回せば付属して投票権も大量についてくるので自然と上位に、逆に総選挙直前のガチャの目玉だったアイドルは担当Pがガチャをおもいっきり回した後になるので、総選挙のためだけにガチャを回す余裕がなく、当然得票数が伸びにくくなる、という事情があります。俗にガチャブーストと呼ばれるこの現象ですが、第2回総選挙の時のガチャ目玉アイドルは蘭子で、第3回総選挙の時の目玉アイドルはニュージェネレーションズで、覇者は凛、卯月、未央も5位以内につける好位置と、実証されています。勿論蘭子は第1回でも2位を取っていたし、凛だって第2回では5位と充分次の総選挙で1位を狙える距離に居たので、ガチャブーストだけで覇者を取ったとは言いません。ただ、総選挙上位アイドルの中でまだ声がついてないアイドルがいたら直ぐに声を付けて上位ユニットでCD出します!とか運営が煽るせいでもう声ついたアイドルの担当Pは譲れよ!みたいな雰囲気も出たり、上に書いたような選挙上位アイドルではないけどCDデビュー!みたいな子が出てくると殺伐とした煽り合いが起こったりと、総選挙が純粋な人気投票ではなく、煽り合いの一要素とかしている面もあります。推すのかと思えば急に雑な扱いをしたり、モバマスの運営が金をむしり取るのは上手いと言われつつヘイトを溜めている理由がそこにはあるんですよね。

    • new generationsの3人は平等に扱われているものだと思っていましたが、割と扱いに格差があったんですね。人気がないから推されなかったのか、推されないから人気がなかったのかは微妙ですけど、未央は最初から3番手扱いだったとは不憫な。セイバーと凛の2大人気ヒロインの影に隠れるFate/stay nightの間桐桜と重なる部分があるかも…。あっちは別の意味での不憫さですが。

      >未央の声優さんが決まる前にデレラジを始めたり
      そ、そうだったんですか。未央がパーソナリティーからはぶられたんじゃなくて、そもそもその時点で未央(の声優)は存在しなかったとは…。

      >潜在的なアンチや対立を煽る愉快犯が多かったことが背景としてあります
      なるほど~。未央が行ったことに対するバッシングがいくらなんでも過剰反応すぎると思っていましたが、愉快犯的にやっていた人間も多かったということですか。ようやく腑に落ちました。この1件は、自分の中で拭いがたい気持ち悪さがあったので…。事実を教えてもらえて本当に良かったです。

      >モバマスの総選挙って運営側である程度どのキャラが上位に行くかの操作が可能
      ガチャに投票権をつけて売るなんて、本家AKBの総選挙商法を真似たような手口を…(笑)

      それはともかく、ガチャブーストなるアンフェアな後押しによって、人気投票の結果が左右されてしまうのはちょっとよろしくないですね。蘭子がトップに輝いたのは純粋にすごいと思ったのに、そういう理由込みだと知るとちょっとガッカリしてしまいましたし…。いくら実力的に覇者になっておかしくないとしても、ケチが付いてしまうと思います。

      >もう声ついたアイドルの担当Pは譲れよ!みたいな雰囲気
      すごい世界だ(笑) 何となくアニメを見始めてハマッてしまったデレマスですが、こんなに闇が深い世界に足を踏み入れていたなんて! 

      総選挙というイベントを煽り合いの一要素に利用してしまうのは悲しいなぁ。推しているキャラは違えど、同じTHE IDOLM@STERを愛する同士なんですから、そんなにギスギス敵対しなくても。まぁ、そこまでファナティックにハマり込ませるからこそ、運営は集金が捗るんでしょうが。

      モバマスの課金がえげつないことは何となく耳に届いていましたけど、深く知れば知るほど恐ろしいものだと実感。横浜DeNAベイスターズは、そういった死屍累累の犠牲の上に成り立っていたチームなのですね…!

  2. 八話を見ながら改めてちゃんみおは物語をブン回すのに必須だなぁと思いましたねー。NoMakeというおまけ要素のボイスドラマでスタッフの人と仲良くなっている描写があるんですけどちゃんみおの最大の武器は誰とでも仲良くなれるフレンドリーさにあるんですよね。しばらくはプロデューサーとアイドル達を繋げる役目として縁の下で頑張ってくれそうですねー。
    久々に気楽に見れる回でしたからまったりと蘭子ちゃんの可愛さを堪能出来ましたねー。円盤で熊本弁の副音声がついてきたら迷わず買っちゃいそうだwww
    あと最後のみりあちゃんオチはドラマCDで普通に蘭子ちゃんと会話してるシーンがあったんですよねぇ。それ以外にもメタ的な要素でいえばみりあちゃん役の黒沢ともよさんがSoundHorizonでボーカル役を務めたことがあったから厨二系要素には縁があったりするんですよね。
    あとおまけ要素のボイスドラマのNoMakeとマジックアワーことマジアワはyouTubeでもファン達にアップされてますから聞いてみるのもオススメですよー

    • 物語の推進役として未央は欠かせない存在であることは自明なのですが、1人のヒロインとしての魅力が抜き出されていないのは少々可哀想。コンパの盛り上げ役として重宝されるけど、お持ち帰りはされないみたいな立ち位置ですよ。

      デレマスのラジオのパーソナリティも、卯月・凛ときて、何故かもう一人が美嘉なんですよねー。なんだかちょっと未央が不憫です。

      >円盤で熊本弁の副音声がついてきたら迷わず買っちゃいそう
      それは面白いですね! TVでも副音声切り替えはできることなので、是非ともやってほしい試みではあります。ニコニコ動画で視聴したら、親切な人が翻訳してくれていたりしますけど(笑)

      >最後のみりあちゃんオチはドラマCDで普通に蘭子ちゃんと会話してるシーンがあった
      私はアニメでしかデレマスを知りませんが、メディアミックスであらゆる分野に進出しているだけに、そういうのを1つ1つチェックしていったら膨大なボリュームになりそうですね…。蘭子のことにしても、私が知っているのはほんの触りの一部分だけなんだなぁと。