ハイキュー!!第17話「鉄壁」雑感

ハイキュー!!にとって初めての本格的な試合と言える伊達工戦。試合はまだ始まったばかりだというのに、全編鳥肌モノの神回でした!! ずっと鳥肌が立ちっぱなしだったというよりは、3度・4度と連続して鳥肌が立ちまくっていた感じ(笑) 1話の中でこんなに何回も鳥肌立つことってあるんですねぇ。

相手は長身選手を揃たブロックの高さに定評があり、鉄壁の異名を誇るディフェンス主体のチーム。3ヶ月前に対戦した際には、エース東峰が完封されてトラウマを植え付けられたほどですので、1回戦を完勝した烏野高校といえど、容易に勝てる相手ではございません。

注目選手は2年の青根高伸。一回りデカい身体ながら高い俊敏性を併せ持ち、リードブロックでことごとく相手のスパイクをシャットアウト。相手の目線を読んでブロックの位置を変えられるクレバーさまである。ミドルブロッカーとしては最高クラスに位置される強敵です。

リードブロックというのは、トスがどこに上がるか見極めてからブロック体勢に入ること。相手スパイクを予測して飛ぶコミットブロックより確実性は高いですが、そのぶん相手のスピードに負けない判断力や瞬発力の早さが問われてきます。サッカーのPKで、相手が蹴るのを見てからGKが左右に飛ぶようなものですからね。

私はあらゆるスポーツにおいて、こういう「デカくて速い」という選手が死ぬほど好きなので、青根はかなりお気に入りのキャラ。この眉毛なしの極道面もたまらないですよ。

並のスパイクじゃ通用しない鉄壁のブロック相手に、日向と影山の超速攻が決まった瞬間、まず最初の鳥肌が(笑) ブロックの達人青根が一歩も反応できないという常人離れした“変人速攻”に、相手監督はたじろぎ、会場はどよめく。ああ、気持ちいいっ!!

見たこともない速攻にさすがの青根も度肝を抜かれていましたが、敵も然る者。続く日向の速攻には根性で追いすがってくる。日向のブロード攻撃に一度は引っかかりながら、すぐさま追尾して執念でブロックしたときには、思わず「おおっ!」と声を漏らしながら再び鳥肌! 青根はまるで進撃の巨人に出てくる「鎧の巨人」のようですね。ウォール・マリアを破壊した鎧の巨人が、こちらでは壁になっているのでややこしいですけど(笑)

日向&影山の速攻は最強の武器ではあっても、決して無敵の武器ではないのがいいバランスだと思います。奇襲としてとんでもない威力を発揮する一方で、対策され始めると厳しくなる。しかし、烏野はそれをちゃんと見越した上で、変人速攻を主力武器ではなく囮として利用しているのがすごい。日向はあくまで陽動で、伏兵による攻撃で相手ディフェンスを混乱に陥れる。この二段重ねの戦略が最高にクール!

強烈な存在感を放つ10番(日向)に完全に意識が引っ張られている伊達工は、烏野の思惑にまんまと引っかかったカタチ。この“思う壺”の状態から、次にどのような結果が生み出されるかは容易に想像できるだけに、ここでもまたぞわぞわっと鳥肌が立ってきましたね~。

ブロックのこぼれ球を西谷が懸命に拾い、セッター影山に戻して攻撃を再構築。日向・田中・澤村の前衛3枚は既に助走に入りスパイク体勢! さぁ、誰が打ってくる? 日向への意識が最大まで高まっている青根は、迷わずに日向のマークに向かう! ブロックのタイミングを完璧に合わせ、今度こそ日向の変人速攻を捉えた! ……かと思いきや、日向の動きはフェイクだった!!

ここで今回最高の鳥肌。スパイクが空を切る日向の背後から突如姿を現したのは、これまで目立った活躍のなかった東峰! 前衛3枚を囮に使うパイプ攻撃で、後衛から東峰がバックアタックを叩き込む!!

日向が囮となって切り開いた高いブロックの山脈。完全にがら空きとなった伊達工陣内に、エース東峰が豪快にぶち抜くこの瞬間は身悶えるほどに興奮しました!! これで鳥肌立たない人は、もうハイキュー!!見なくていいよ!(笑)

「…今、決めたのはおれじゃないのに。おれスパイク打ってないのに」
「すごいぞくぞくした」

これは視聴者の立場としても同感ですね~。主人公がスパイクを決めなくても、これほど熱く燃える興奮があるんですから素晴らしい。むしろ主人公という存在が目眩ましであるところに、ハイキュー!!が今までのスポーツ作品にはなかった面白さがありますよねー。

原作でも当然ここは屈指の名シーンとして大いに感動していたんですけど、アニメは素晴らしい演出のおかげで、それ以上の感動がありました。日向の背後から東峰が現れた瞬間、鳥肌と同時に涙まで出そうになりましたもんね。本当にいいアニメ化に恵まれましたよ、ハイキュー!!は。

★今週の清水潔子★


潔子さんの「頑張れ」いただきました! 潔子さんが「頑張れ」と心の中で思えば、口に出さずとも至上命令。選手たちは死ぬ気で頑張る他ありません。

東峰のバックアタックが決まって会場が沸き立つ中で、控えめに拍手していた潔子さんがカワイイ~。

ハイキュー!! vol.1 (初回生産限定版)【イベント無料参加抽選応募券付き】 [Blu-ray]

販売元:東宝( 2014-07-16 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 374 より )

Amazon価格:¥ 3,857

時間:70 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL