ハイキュー!!第13話「好敵手(ライバル)」雑感

実力伯仲する好敵手だからこそ、試合の中で互いが互いを高めあい、実力以上の真価を引き出すことができる! はじめの一歩的に言えばミックスアップ! 烏野VS音駒の「ゴミ捨て場対決」は練習試合とは思えぬ白熱した試合展開で盛り上がりを見せる!

音駒は選手個々に突出した能力はなくとも、徹底してボールを拾えるレシーブ力が強み。レシーブ力は練習量に比例するものなので、猫又監督の指導の賜物だといえましょう。対する烏野の烏養繋心はまだ監督就任したばかりなので、現状監督の差がチーム力の差として出てしまっている感じ。

絶対的エースが存在しない音駒は、そのぶん攻撃バリエーションが多彩。前衛3人を全員囮に使ったバックアタックで相手ブロックに迷いを生じさせたら、Aクイックでその隙を突く。慌ててクイックを警戒し始めたら、今度は嘲笑うかのような一人時間差。相手を手玉に取る自由自在な攻撃の数々。この辺の描写はバレー経験者にはたまらないです(笑)

アニメでは描かれませんでしたが、この絶妙に息の合った一人時間差攻撃は、幼馴染である研磨と黒尾が子供の頃から修練を積んできたからこそ。決してセンスだけで簡単に成し遂げている技ではないのですよー。

烏野もパワーとスピードを活かした攻撃バレーで猛反撃に打って出ますが、音駒のしつこく繋ぐバレーの前に及ばず。3試合計6セットをこなすも、結局1セットも取れずに完敗。猫又監督の「強いスパイクを打てる方が勝つんじゃあないんだ。ボールを落とした方が負けるんだ」は至言ですよ。今の日本サッカー代表にも通ずる言葉かもしれませんね。

試合後、互いの健闘を讃え合う両校の部員たち。白熱の戦いを繰り広げたライバル同士だけに、試合が終われば互いへのリスペクトから急速に仲は深まる。それぞれ意気投合し、次々とカップリングができていく様は、さながら合コン終わりのよう(笑)

田中「てめェェェェ!! うちの大事な潔…マネージャーにちょっかい出す気か。あああ!? その頭のフサフサした部分しつこく触るぞ オラァァ!!」
山本「いや、話しかける勇気は無い」

試合前は激しく対立していた田中と山本も、潔子さんへの共通の想いを経て解り合い、別れ際には「友よ!」と涙ながらに惜別する親友に(笑) 「話しかけてガン無視されるのもイイぞ」という田中の上級者コメントも笑えました。元々似た者同士の2人なので、これからも仲良くやってくださいな(笑)

自分たちの武器と課題を再確認することができた練習試合を終え、次回からはとうとうインターハイ予選編に突入! さぁ、「ハイキュー!!」の真骨頂はここからですよ! 今までも充分見応えありましたけど、本格的な試合が始まることでここから更に面白さは加速します! 乞う御期待!

★今週の清水潔子★


「ここで一点獲れれば…デュースですね!」

本当はスガさんのセリフだったのに、潔子さんにセリフを強奪されちゃった(笑) ああ、私も潔子さんに強奪されたい! “君からお金騙し取るからついて来て”って言われても付いて行く。By田中

くしゃみ潔子さんが果てしなくカワイイ!!

ハイキュー!! vol.1 (初回生産限定版)【イベント無料参加抽選応募券付き】 [Blu-ray]

販売元:東宝( 2014-07-16 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 408 より )

Amazon価格:¥ 4,900

時間:70 分

2 枚組 ( Blu-ray )


No Responses so far.