ハイキュー!!第1話「終わりと始まり」雑感

一応、私はバレーボール経験者です。部では長身の方だったのでスパイカー扱いされていましたが、でも本当はセッターが一番やりがいありました。レシーブされたボールをトスする一瞬の間に、味方スパイカーの動き、敵ブロッカーの動きを見極めて最善手を弾き出す。自分のトスで、頭で思い描いた通りにスパイクが決まれば最高に気持ちいい!

だから、私は主人公日向よりも影山の方に感情移入してしまう。能力は高いが性格に難のある影山の方がキャラとして好きということもありますしね。というか、個人的に日向はあんまり好きな主人公じゃないんですよね~。そこがハイキュー!!最大のネックでして。

さて、物語は日向の中学時代から始まります。部員が自分以外誰もいないという不遇の中学時代を過ごしていた日向翔陽は、3年になったラストイヤーでようやく1年の部員が3人入ってくれて、そこに友人の助っ人を加えて初めて公式戦出場を果たす。

対戦校は、「コート上の王様」と異名を取る影山飛雄率いる北川第一中学。優勝候補と目される強豪校といきなりぶつかってしまった雪ヶ丘中は、案の定一方的にやられるがまま。そもそも即席の素人寄せ集めチームですから、まともにバレーの試合になるはずがありません。

それでも日向は、チームとしてバレーの試合ができる喜びを噛み締めている。3年間ずっと孤独にバレーを続けてきた彼は、どんなにこの日が来ることを待ち望んでいたことか。だから、どんな劣勢でも諦めず、最後の最後まで全力を振り絞る。日向のことはあまり好きではないと申したばかりですが、さすがにこの辺はグッとくるものがありますね。

マッチポイントを迎えて、土壇場に追い込まれた雪ヶ丘中。日向がスパイク態勢に入った瞬間、セッターが後方にボールを逸らしてしまう痛恨のトスミス

しかし、後ろに逸れたボールを一瞬のスピードで食らいつき、無理な体勢から強引にスパイクを放つ日向! 身長はなくても、抜群の瞬発力と跳躍力で強引にスパイクが打てるこの超反応こそ、日向最大の武器なんですね!

が、惜しくもそのボールはラインを割ってしまい、そこで試合終了。敗戦の悔し涙を流す日向は、次は高校の舞台で影山へのリベンジを誓うのでしたが、いざ高校に進学すると、その影山も自分と同じ烏野高校だったという導入。

ライバルになるはずだった男が、今度は自分の味方として一緒に戦うことになるという展開はいいですよね。そう簡単に意気投合できないのが2人の難儀なところですが。そんな日向と影山の明暗コンビこそ、このハイキュー!!最大の見どころです。

★今週の清水潔子★


このアニメ、ほぼ男しか出てきません。女っ気が全然ないむさ苦しいアニメです。……しかし!!! 我々には清水潔子さんがいる!! 3年生の先輩でマネージャーを務める清水潔子は、まさに荒野に咲く一輪の花!! 彼女の魅力は何かというと……え~と、一言でいえば興奮する(笑) そんな心のオアシスたる彼女さえいれば、どんなに女子成分が少なかろうが余裕で我慢できますよっ!

ハイキュー!! 1 (ジャンプコミックス)

著者/訳者:古舘 春一

出版社:集英社( 2012-06-04 )

定価:

Amazon価格:¥ 432

コミック ( 187 ページ )

ISBN-10 : 4088704533

ISBN-13 : 9784088704531


ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. ハイキュー!! 第1話「終わりと始まり」

    ハイキュー!!の第1話を見ました。

    第1話 終わりと始まり

    TVで見た小さな巨人と呼ばれる烏野高校のバレーボール選手を見たことで、バレーボールに魅せられた少年・日向翔陽は中…