ガンダム Gのレコンギスタ第14話「宇宙、モビルスーツ戦」雑感

幼児退行していたラライヤも随分成長(回復)が見られるようになりました。無邪気に「チュチュミィ!」を連呼していた彼女も、今や相手の名前を認識して、敬語で普通に会話の受け答えできるほどに。現在の精神年齢は、大体10歳前後といったところでしょうか。

身元を隠すためドレスで着飾ったときのラライヤは、落ち着きある佇まいで、元はお嬢様だったのではないかという雰囲気に。見た目は変わっていないはずですが、性格が変わるとすっかり大人っぽく見えてきましたよ。ラライヤのことも、私は大好きなんですよね~。

でもやっぱり、アイーダ様は別格! 魅惑のS字ラインが奏でるこのパーフェクトなスタイル! 着るものを選びまくるセクシーなドレスをどや感たっぷりに着こなせてしまうアイーダ様に、改めて惚れ直しましたよ~! 高貴なお姫様らしさとは別に、少々のキャバ嬢っぽさが感じられるところも素敵です(笑)

次のシーンではアイーダはいつもの服に戻っていましたので、あのドレスは結局試着しただけで購入しなかったみたい。せっかくお似合いのお召し物だっただけに残念~。

トップ会談で引き続き交渉が行われている最中、メガファウナ・ガランデン・サラマンドラ部隊は我先にと競うように行動に移す。彼らに共通する目的は、「目指せトワサンガ」。裏ではクンパ大佐が糸を引いているようでもあり、早くも地球軍VS宇宙(月)軍による全面戦争の予感です。

トワサンガ宇宙艦隊は地球側の動きを牽制して迎撃態勢に入りますが、相手がザンクト・ポルトを背後にした位置関係では、半ば攻撃が封じられたようなもの。以前私は、「宇宙戦は地形を利用した戦いができないから嫌い」と語ったことがありましたが、こういうやり方もあったのかと感心。

ザンクト・ポルトから離れると、手も足も出せなかったトワサンガが今度は追撃戦に移行。ジャハナムとヘカテーに襲いかかる3機のMS(モラン)。「3機だけとはバカではないか!」と相手を呑んでかかるクリムに、「バカではないでしょう。自分たちのMSに自信があるんですよ」と慎重に見極めるミック。しかし、ミックがマシンガンであっさり1機を撃ち落すと、「やはりバカだ!」と評価を一変させたのが面白い

クリムはライフルと斧を駆使して同時に2機を撃破。いや~、ジャハナムに乗り換えてから絶好調じゃないですか! これなら「天才」の称号に相応しいパイロットだと言えますね! 先週の白旗作戦は、見なかったことにしてあげます(笑)

クリムとミックは、ただの戦友ではなく連れ合いのような親密さを感じます。エレベーター内でナチュラルに抱きついたり、既に2人は男女の関係ではないかと伺わせる一面も。お似合いのカップルなのでそうだと嬉しいんですが、恋人同士が戦場で一緒だと片方が死ぬ確率84%なので(当社調べ)、そこだけが心配。クリムもミックも死なないでー。

ガランデン・サラマンドラに後れを取ってしまったメガファウナ組のGーセルフも、負けてはいません。単機で敵MSの群れに突っ込み、流れ作業のように3機を次々撃破すると、残りの1機は一目散に逃げ出し、もう1機は両手を挙げて降参の意志を示した。なお、G-アルケインは戦闘参加を無言で制止されていました(笑)

これにより、トワサンガのパイロット1名(リンゴ・ロン・ジャマノッタ)を捕虜として確保することに。彼は何やらG-セルフが何物かを深く知るキーパーソンのようで。

「今日の見事な戦い方で知りました。貴方は立派な戦士です」

やったね! 姫様からのお墨付きをもらったよ! まぁ、へっぽこ姫から認められたところで素直に喜んでいいのか微妙なんですが(笑) ただ、当のベルリは愛するアイーダ姫に褒められた喜びと、自身のトワサンガへの好奇心で、かなりやる気が出てきたみたい。こういう性格は主人公っぽくていいですね。そろそろベルリもアメリア軍に腰を据えることを決心したかな?

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル( 2014-12-25 )

定価:¥ 6,480 ( 中古価格 ¥ 385 より )

Amazon価格:¥ 923

時間:117 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. バララさん戦死!? ガンダムGのレコンギスタ 第14話「宇宙、モビルスーツ戦」感想

    トワサンガから来た『ノウトゥ・ドレット将軍』達との会談がザンクト・ポルトで行なわれる中、マスク部隊はクンパ大佐の密名を受けてドレット艦隊への奇襲を画策。

    しかし、…

  2. ガンダム Gのレコンギスタ 第14話 『宇宙、モビルスーツ戦』感想

    ガンダム Gのレコンギスタ 2(特装限定版) [Blu-ray](2015/01/28)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る

     今週からOPがMay.Jさんの『ふたりのまほう』に変わってました。

     …とても微妙でし…

  3. ガンダム Gのレコンギスタ 第14話 『宇宙、モビルスーツ戦』 ラライヤが…もう普通だ。

    これ、似合います?宇宙に来た効果かラライヤのボケが一気に修復してしまった。良いことなんだけど何か違和感。因みに本名はラライヤ・アクパールと言うそうで。…ラライヤって…