ガンダム Gのレコンギスタ第12話「キャピタル・タワー占拠」雑感

戦闘行為が禁じられたスコード教の聖地ザンクト・ポルトを占拠するために、一計を講ずるクリム。「行動不能のビーグル類は救助しなくてはならない」という宇宙憲章を逆手に取り、サラマンドラの補給線ガビアルを遭難したと偽装させ、ザンクト・ポルトへの侵入を試みる

キャピタル・アーミィの母艦ガランデンから発進したマックナイフとエルフ・ブルックは、MS同士の戦いを避け、直接敵本艦のサラマンドラを襲撃する。クリムは思わず「汚い!」とその作戦を批判していましたが、マスクもこれ以上失策を重ねられないゆえ、形振り構っていられないといったところでしょうか。

護衛が甘いところを狙われたサラマンドラは絶体絶命。しかし、そこに立ちはだかったのはベルリ(おまけでアイーダも)。新たに「アサルトパック」を装着して長距離射撃に特化したG-セルフが援護射撃を行い、サラマンドラを防戦。この長距離からの狙撃でピンチを救うというシチュエーションは、なかなか興奮するものがありますね~。便利すぎるバックパックに難色を示す私も、このアサルトパックは認めざるを得ない。

ベルリが時間を稼いでいる間に、事態の急変を受け慌てて引き返してきた先発隊のクリムとミックも合流。こうなると、数的不利となったマスクはまたもや勝機を逃してしまう。

ザンクト・ポルト近辺での攻防戦は互いに損害を出し合うカタチで痛み分けに終わり、決着つかず。マスクのぐるんぐるん回転しながらの攻撃はちょっと笑えました

戦闘は痛み分けでも、アメリアは当初の目的であった難破船偽装によるガビアルザンクトポルト侵入に成功。事実上、ザンクト・ポルトはアメリアの占領下に。聖地なのに、こんなにあっけなく占領されちゃうのね。平和憲法さえあれば、他国は絶対に侵略してこれないという9条神話は幻想だった!?

ケルベス中尉の口添えで、メガファウナはキャピタル・タワーの144番ナットに入港。そこから後を追うように、ベルリたちもザンクトポルト聖堂へ。そこにはキャピタル・タワー運行長官、キャピタル・ガード大佐、アメリア軍総監、スコード教法皇とそうそうたる面子が一堂に会しており、喧々囂々の大激論。こいつらは自分の都合しか主張しないので、どれだけ話し合ったところで一生折り合いはつきそうにありません(笑)

そんな無意味な議論を切り上げさせるかの如く、突如けたたましく鳴り響くエマージェンシー。なんとザンクトポルト上空に停泊していた補給線ガビアルが何者かによって狙撃されていた! それはこれまで何度も存在が示唆されていた「宇宙からの脅威」が、現実のものであることを確信させる瞬間でもありました。

月を背後にずらりと並んだ謎の艦隊。新たな勢力登場で、今以上に話がごちゃごちゃ複雑になってくるのかと思うとぞっとしますよ…(笑) それこそが私にとって一番の脅威。

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル( 2014-12-25 )

定価:¥ 6,480 ( 中古価格 ¥ 272 より )

Amazon価格:¥ 1,000

時間:117 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL