ガンダム Gのレコンギスタ第11話「突入!宇宙戦争」雑感

再び宇宙へ舞台を移して、キャピタル・タワーを巡った攻防戦。同時進行で各部隊が独自の動きを見せ始め、新たな兵器も続々と投入されているだけに、1つ1つ物事を丁寧に整理していかないと、まったく話について行けなくなりそうです。

主な搭乗員     軍艦          目的
ベルリ&アイーダ メガファウナ      先行するクリムの専横を阻止
クリム&ミック    サラマンドラ      アンダーナットの占拠
マスク&バララ   ガランデン       G-セルフとラライヤの奪還
グシオン総監    ?(アメリア軍旗艦) ?(ザンクト・ポルトを目指す)

とりあえず、主立った部隊とその目的をざっくりまとめると、こんな感じでしょうか? みんな勝手に個人個人の思惑で行動するから、ホントわかりにくいんですよ~。視聴者のためにも、味方同士もっと意思統一してほしい!(笑)

お次は新兵器のまとめ。キャピタル・アーミィのマスクとバララが乗り込んだのは、エルフ・ブルック系統の新型機マックナイフ。手足に至る全身に武器が内蔵された独特のフォルムで、相変わらず飛び方がキモいのが特徴(笑) 名前も既にニックとミックがいるのに、今度はマックですからややこしいな!

ずんぐりむっくりした外観ながら色はピンクという微妙なセンスのヘカテー。こちらはミック・ジャックが搭乗。私はアーマーザガンの方が好みだったのですけど、あれは宇宙じゃ使えないのかなぁ?

廃棄同然に愛機モンテーロを失ったクリム・ニックは、ジャハナムにチェンジ。ジャハナムといっても通常のグリーンではなく、モンテーロと同じブルーのカラーリングですので、量産型より性能が向上した専用機なんでしょう。モンテーロではいつも苦戦がちだったクリムも、このジャハナムでは大活躍。やっぱりモンテーロは大したことない機体だった??

マックナイフで出撃したマスクは、戦場にてケルベス中尉を捕獲すると、メガファウナに対してG-セルフ及びラライヤとの人質交換を要求。しかし、マスクがベルリと直接対話していた隙に、ルアンのグリモアが体当たりをかまして、ケルベスを救出。大事な交渉道具を失い、打つ手なしとなったマスクは一転して劣勢に

ここがチャンスとすぐさま反撃に打って出たG-アルケイン。が、操縦しているのがアイーダなのでやっぱり攻撃は当たらない(笑) 自分がヘタクソなくせに、「ビームが弱い!」と武器のせいにする姫様が可愛くて仕方ないです~。

見かねたG-セルフが援護に入る。機体を発光させるフェイント技でバララの動きを止めると、アイーダの絶対当たらないビームがようやく命中! ほぼG-セルフの手柄だったとはいえ、アイーダも少しずつ射撃能力が上達してきている感じですね! 頑張れ姫様!

バララが敗れたのを見て、今度はマスクがGーセルフに勝負を挑むものの、変形する際の隙を突かれてこちらも返り討ち。奪還作戦をあと一歩というところまで推し進めながら、一瞬の油断によって台無しにしてしまったマスク部隊は、這々の体で潰走する羽目に…。

マスクはこれまで何度も作戦失敗を繰り返して、一度も結果を残せていませんが、責任問題にはならないんですかね~? 新型機で栄えある先鋒を任せられていながら、毎度の不始末。「クンタラ」として決して部内の立場は良好とは言えないだけに、そろそろ隊長失格の烙印を押されてもおかしくない気がしますけど…。

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル( 2014-12-25 )

定価:¥ 6,480 ( 中古価格 ¥ 550 より )

Amazon価格:¥ 1,790

時間:117 分

1 枚組 ( Blu-ray )


No Responses so far.