ガンダム Gのレコンギスタ第7話「マスク部隊の強襲」雑感

変態が編隊を組んでやってきた! 母艦ガランデンから出撃したマスク大尉率いるエルフ・ブルックのマスク部隊。長距離の航行を可能とする機動性に優れた可変型MSは、両手両足を平行に開いた体勢からの股割り変態ビームが強力。これまでとは一味違う強敵の脅威が迫り来る!

空を主戦とするエルフ・ブルックに対し、空戦に特化されていないアメリア軍のMSは、戦場まではダベーと呼ばれる輸送機に載せてもらう必要がある。このように、MSごとに一長一短があるのは面白いですね。陸海空どこでも万能なロボットなんかより、空では多少不自由するぐらいの弱点があった方がいい。

今日もG-アルケインという格好良くて強そうなMSで迎撃に向かうアイーダ姫様ですが、下手な鉄砲が数撃ってもちっとも当たらないのでホント役立たず。逆に敵に狙われるとあたふた慌てて海に落っこちてしまったり、なんか鈍臭いんですよね~(笑) こんな彼女でも万が一のことがあればアメリア軍は致命的な打撃を被ることになるんですから、もう変に出撃せずメガファウナで応援してくれればいいのに!

天才クリムさんの毎度恒例となった被弾。足先でビームサーベルを器用に操るエルフ・ブルックに、手持ちのライフルがあっさり破壊されてしまいました。天才パイロットなのに、毎回不覚を取ってピンチになっちゃうクリムさんが大好き

アイーダとクリムがこの様では、頼みの綱はやっぱりベルリ。先週、デレンセンを殺めてしまった責任を抱え込んでいたので、彼の精神状態がどうなっているのか気掛かりでしたが、もうすっかり立ち直っていました(表面的には)。ずるずる後悔を引きずることなく、気持ちを切り替えて目の前の一戦に挑むことができる、タフなメンタルを持った主人公で嬉しい限りですよ。

今回は、ラライヤが先にGセルフで発進してしまったため、ベルリは仕方なくジャハナムというザクっぽい量産機で出撃することに。これまではベルリが大活躍しても「単にGセルフの性能ごり押しじゃん…」と白け気味な点がありましたが、これでようやくベルリのパイロットとしての真価を測ることができる! 量産機で活躍してこそ、一人前のパイロットというもの!

……と、テンションが上がりまくっていたのに、途中ですぐラライヤと交代してGセルフに乗り換えてしまったのが残念。なんだよ~。結局またGセルフかよ~。弱そうなジャハナムで戦うベルリが見たかったのに~~!

とはいえ、Gセルフが孤軍奮闘して、押されていたアメリア軍の勢いを盛り返したところはそれはそれで燃えるものがあったのですが。なんだかんだで主人公が活躍すれば、爽快感があります。

そんなGセルフ相手に一太刀浴びせたマスク大尉の実力も相当なもの。どうやらただの変態仮面ではなかったみたい。手負いのGセルフ恐るるに足らずと、一気呵成に勝負を決めにかかるマスク部隊に、再び旗色が悪くなるアメリア軍。

そこに突如増援として現れたのは、初の実戦投入となったアメリア軍の巨大MAアーマーザガン。大口径のレーザービームを連射しまくる凄まじい火力に、マスク部隊は為す術もなく潰走するのみ。ロボットに格好良さを見出せないはずの私でも、このアーマーザガン登場シーンは「カッコイイ!」と唸りましたよ。この規格外のデカさと迫力ともっさり感がたまらないわ!

大気圏グライダーに乗り、単身ベルリに会いに行こうとする無謀なオカン。なんとか大気圏を無事突破できたのは良かったものの、このまま大過なくベルリと再会することはできるのでしょうか? まさかとは思うけど、ベルリが敵戦闘機と誤認して撃墜したりしないよね!? カーヒルとデレンセンに続いて、今度は自分の母親をうっかり殺しちゃうとか絶対やめてよ!!

ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray]

販売元:バンダイビジュアル( 2014-12-25 )

定価:¥ 6,480 ( 中古価格 ¥ 385 より )

Amazon価格:¥ 923

時間:117 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. なんとぉー! ガンダムGのレコンギスタ_第7話「マスク部隊の強襲」感想

    恩師であるデレンセンを殺してしまった精神的な傷から立ち直ったベルリ。
    アメリア本国からの指令により陽動作戦の準備を急ぐメガファウナの手伝いを終えて食事をとるためにG-…

  2. アニメ ガンダム Gのレコンギスタ 第7話「マスク部隊の強襲」感想

    ウィルミットさん動く!大気圏グライダーで宇宙から息子に会いに行こうとするその行動

  3. 「Gのレコンギスタ」と全体主義-状況に流される人達の物語

    はじめに
    「Gのレコンギスタ」7話を視聴。

    「Gのレコンギスタ」で気になっていたのは、
    富野由悠季監督がここ数年語っていた「全体主義」についてだ。
    今回は「Gのレコンギスタ」…

  4. ガンダム Gのレコンギスタ 第7話 『マスク部隊の強襲』 ラライヤ出撃!危なっかしいけど大丈夫か。

    立ち直り早いな。デレンセンを撃墜して鬱に入っているかと思った。「もう怖いの嫌なんだよ!」とか言って。普通にGセルフ乗って作業してますね。そんな中またもクリムのGセルフ乗せ…

  5. ガンダム Gのレコンギスタ 7話 感想 ベルリママンがいい親すぎるけど、ろくな装備もなしに大気圏突入は危険ですw

    [マスク部隊の強襲]緑色の巨大MAってきくとアプサラス思い出す
    これも重火器装備してるのかな?マスク部隊全滅しそうだw

  6. ガンダム Gのレコンギスタ 第7話 『マスク部隊の強襲」』感想

     ガンダム Gのレコンギスタ 1(特装限定版) [Blu-ray](2014/12/25)石井マーク、嶋村侑 他商品詳細を見る

     ダメだ…先週6話目にしてようやく少しベルリのこと身近に感じられた気がしたのに…