ゴールデンタイム第20話「ヒズ・キャズム」雑感

あれだけ急勾配なドラマで楽しませてくれていたゴールデンタイムが、17話以降、道なりになってきているのが気掛かり。今週も特に何があったわけではなく、どうでもいい話をひたすら引き延ばしていただけ。あからさまにペースは落ちており、スタミナ切れを起こしている症状。まだ描くべきことはたくさんありますし、バテるのは早いと思うんですけど…。

常に波瀾万丈な日常を描く必要はありませんから、こういった平坦な話があっても構わないんです。でもそれなら、もっと万里君と香子をイチャイチャさせとけと。何気ない日常を描くなら、せめてハッピーな雰囲気だけでも出してくれと。大した憂い事もないのに、気分だけは変に沈んで重苦しい空気を漂わせまくっていますから、見ているこちら側としてもテンションが下がるんですよ~。

今現在の最たる関心事は光央とリンダの恋模様ですけど、当の万里君には完全に他人事となっているのが不満。光央の恋路を応援するならもっと応援する。リンダを取られたくないと嫉妬するならもっと嫉妬する。そのどちらでもなく、対岸の火事を決め込むスタンスじゃ全然つまらないですよ。

今週面白かったのは、さおちゃん先輩としーちゃん先輩との絡みぐらい。このAtelier KAGUYAに出てきそうなSっ気あるおねーさん方が私は好きすぎる!(さおちゃん派) 正直、万里君と香子が所属しているおまけんは何が面白いのかサッパリわからずいつも退屈ですし、特に魅力的な先輩がいるわけでもないので、さっさと彼女たちのいる茶道部に移籍してくれませんかね~。

そのおまけんでのサークル活動中、失われた過去の記憶が一時的が蘇りパニックに陥る万里君。記憶が戻っていた間、逆に今現在の記憶は失われていましたので、症状的にはやはり記憶喪失ではなく、解離性同一性障害なんじゃないかと思います。何にせよ、「記憶を取り戻した!」という引きを何度も繰り返されるのは飽き飽きなので、いい加減やめて欲しいのが本音。ネタ切れになったら、記憶ネタで誤魔化せばいいと思っていません?

★今週の加賀香子★

この作品で好きなのは、毎回香子の多彩な私服姿が堪能できるところ。今日の私服もみんなカワイイです! 大学が舞台だと、こういうメリットもありますよね! 作者が男性だったら、毎日同じ一張羅を着せられていたでしょうが。

ゴールデンタイム vol.1(初回限定生産版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2013-12-25 )

定価:¥ 8,424 ( 中古価格 ¥ 980 より )

Amazon価格:¥ 2,700

時間:72 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL