ゴールデンタイム第12話「ドント・ルックバック」雑感

本日は、怒らせてしまった彼女への正しい謝り方について学びましょう。講師としてお招きしたのは、幾多の修羅場を潜り抜けてきたプロ謝罪師の多田万里先生です。浮気現場を目撃された絶体絶命のピンチすら切り抜ける先生の謝罪テクニックを学び、皆さんも円満な男女交際にお役立てください。

シチュエーションとしては、彼女に黙っていかがわしいアルバイトをしていた最中、訳あり女性とイチャついている場面をばっちり目撃されてしまったというもの。部屋で1人怒って待っている彼女の元へ向かうところから、先生のプロ謝罪はスタートです。

謝罪テクニックその1『彼女に先に喋らせる』

早く誤解を解きたいと気が逸るあまり、つい自分から一方的にベラベラ弁解してしまいがちですが、それは女性に余計な怒りを買ってしまうだけ。怒っている人間には必ず言い分があり、その鬱憤を晴らさせてあげるためにも、まずは相手に言いたいことを言わせるのが大事。怒られる側は、まずは黙って話を聞くのが正しい姿勢です。

謝罪テクニックその2『反論・質問をしない』

反論するのは論外ですが、質問も挟まないのが万里先生の作法。「どうしてバイト先が分かったんだ?」等訊きたいことはいろいろあるはずですが、彼女が怒っている原因と直接関係のない質問をすれば、また余計に怒りを買ってしまうだけ。そもそも怒っている相手に質問をして、何かが好転することはありませんから、不要な口出しは慎むが賢明です。

謝罪テクニックその3『全力で謝る』

ファーストアクションで「ごめんなさい!」とMAX土下座。どうせ流れの中でいつかは土下座することになるのであれば、いの一番でやってしまった方が幾ばくか誠意は伝わるというもの。まず全面的に謝罪の意志を表明してから、対話を始めるのがスマートなやり方ですね。

謝罪テクニックその4『言い分を述べる』

「俺は加賀さんを海に連れて行きたかったんだ…!」
「奢ってもらったりしないで、ちゃんと彼氏らしく格好良くしたかった!」
「だから加賀さんに嘘吐いて、内緒でバイトした。リンダ先輩が一緒なんて知らなかった」
「でも、働いているうちになんか雰囲気に飲まれて…。テンションが変になっちゃって…。それであんなこと…」

香子のために始めたバイトなんだと正当性を強調しつつ、ちゃんと自分のダメなところも認めて謝る。このバランス感覚。自分の正当性ばかりを強調しすぎると、まるで怒っている彼女に非があるかのような印象を与えてしまい、余計に怒りを買ってしまうので要注意。

謝罪テクニックその5『彼女の怒りの源泉を見極める』

ここが難しいんですよね~。彼女が何で怒っているのかを正確に見極めないと、真の謝罪にはなり得ない。どれだけ誠心誠意謝ったとしても、見当違いな方向へ謝罪してしまっては全部無駄。多額の賠償金を支払ったところで、「まだ謝罪は終わっていない」と蒸し返されるのがオチです。

「心配かけてごめん! 嘘もごめん! 本当に!!」

香子の怒りの直接的原因は「浮気していた」ことではない。それは引き金であって、彼女の怒りの出発点は「不安」にさせられたこと。男としては浮気現場を目撃されたので、どうしてもそのことを取り繕おうと必死になってしまいますが、万里先生は冷静にその一歩先を見極め、香子を心配させてしまったこと、その原因となった自分の嘘をキッチリ謝罪できている。これぞプロの謝罪ですね!

謝罪テクニックその6『被害者ぶって同情を煽る』

ここまでは事前に謝罪シミュレーションできる範疇でしたが、香子はここで「リンダと万里の高校時代の写真」というとっておきの証拠を突きつけます。並みの男なら、想定外のアクシデントに慌てふためき、いらぬボロを出してしまいかねないところですが、プロ謝罪師の万里先生はこれを逆手にとり、同情を煽る道具に変えてしまうのです!!

「俺は、記憶をなくす前、リンダのことを……好きだった」
「自分ではどうにもできない。リンダに帰りたいって、魂が、命が嵐みたいに泣き叫ぶときがある…」
「記憶は戻ってないのに、感情だけが、リンダのところに返りたいって気持ちだけが急に蘇って…」
「どうすればいいかわからなくなるんだ!」

誠実に本音を吐露しながら、自分も内心苦しんでいたんだと被害者アピール。怒りをぶつける対象に「可哀想」という同情が少しでも交ざってしまうと、急激に怒りがトーンダウンしてしまうのが人間の性。万里先生の鮮やかなカウンターが決まりました!

直後、香子は「なんでそんなこと言ったの!?」と泣きながら責め立てて来ましたが、これは批難の言葉ではなく、自分が彼にとって如何に特別であるかを知りたいがゆえの確認作業。「そんなこと言っ(てくれるほど、私は特別な存在だっ)たの!?」に等しい質問ですから、この言葉を引き出した時点で、万里先生の勝ちですね!

謝罪テクニックその7『セックスして仲直り』

いくら言葉のやりとりで不安を取り除いたとしても、やっぱり身体の結びつきに勝る説得力はございません。男女のいざこざはセックスで解決するの一番手っ取り早い(笑) 不安な過去を絶ちきり今現在の絆を確かめ合うには、一緒に寝てしまうのが最もベターな解決法でしょう。日韓の歴史問題もセックスで解決できたらいいのにね(失言)。

最後のテクニック7だけは物語の都合上見られませんでしたが、万里先生はほぼノーミスで完璧な謝罪パフォーマンスを見せてくれました。先生ほどのプロになると、直情的に怒りをぶつけてくる香子のような“めんどくさいタイプ”は逆に御しやすい相手かもしれません。正しい謝罪法によって、雨降って地固まる。我々も万里先生の在り方を見習いたいものですね。

★今週の加賀香子★

「いい彼女になりたかった。写真を見つけたときも、多田君が話してくれるのを待ってようと思ったんだよ?」
「問い詰めたり、精神不安定になったり、そういうのはもうやめようと思ったの!」
「努力をしたの! したのよっ! あたしは頑張ってたのっ!!」

いいよね~。このリアル感。「怒らないように努力してきたのに!」と言いながら怒る。もう香子のことがアニメのキャラクターだと思えなくなってきました(笑)

ゴールデンタイム vol.1(初回限定生産版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2013-12-25 )

定価:¥ 8,424 ( 中古価格 ¥ 600 より )

Amazon価格:¥ 2,900

時間:72 分

1 枚組 ( Blu-ray )


7 Responses so far.

  1. yuki より:

    「ゴールデンタイム」は浅生さんの感想を毎週読んでるだけなんですが、今回クオリティ高すぎませんか(笑)
    二十歳ぐらいにしてここまでのテクニックを擁する万里先生、一体どれほどの逸材なのか・・・。
    彼よりずっと年を重ねているにも関わらず、たいへん参考になりました。

    >日韓の歴史問題もセックスで解決できればいいのに
    ヤンデレは放っといて周囲の誤解だけ解きましょう。

  2. 歌麿 より:

    やっと書き込めた!
    なぜかこのサイトに入るとブラウザが応答しないとか何とかなって書き込みできなかったんですよね・・・ウイルスソフトの問題だったみたいです。

    まいいや、

    やっとここまで話が来ましたね。万里君がバイト見つかる→香子キレる→泣き
    このコンボは最高ですねーずっとこのシーンを見たかったんですよ!
    やっぱりこの作品は万里君と加賀さんがイチャラブしてるよりもすれ違いで修羅場ってる
    時のほうが面白いですね。

    やはりヒロインは涙を流しているときが一番映えますからね(私だけですかね?)

    万里君があまりに謝り上手だったのでちょっと個人的には残念でした。(もっと修羅場が見たかったですからね!)

  3. Misery より:

    日本と韓国がHして仲直りって想像つかないですね・・・?
    仮に出来ても強制的だったと言いがかり付けられてまたまた面倒なハメになりそうな予感がするのは自分が毒されてるせいか

  4.  yukiさん
    他の一般視聴者はこのアニメらしからぬ内容に付いてきてくれているのか知りませんが、私は最近のゴールデンタイムは全力で楽しめていますよ! 本当にこういうの大好き!

    彼氏への正しい看病の仕方に続き、彼女への正しい謝罪の仕方。男女交際を続ける中で実践的に役立つHow toが学べる素晴らしい教育的作品ですので、こういうアニメこそNHKで放送すべきだと思います。

     歌麿さん
    おお…。なんかまた不便をかけていたようで申し訳ないです。ウイルスソフトに叱られるような悪いサイトではないつもりだけどなー。

    >万里君がバイト見つかる→香子キレる→泣きこのコンボは最高
    浮気を誤解されてヒロインと仲違いするのはラブコメの定番ですけど、この並々ならぬリアル感がアニメの域を超えていて面白いです。この辺は、心理描写を含めたト書きのある原作を読んでみたくなるところですよ。

    私は感想にもあるとおり、素直に万里先生の謝罪テクニックに感心。擦れ違いやトラブルはほどほどにラブラブ要素を増やして欲しいと思っていますから、プロ謝罪で最短解決してくれたのは良かったですよ(笑) 香子と付き合う以上、月1でこういうケースが訪れるでしょうから、謝罪上手じゃなきゃ続かないよね。

    >ヒロインは涙を流しているときが一番映えます
    一般的にはそうだと思いますが、私は逆で、泣くべき場面で涙を流さない娘の方がグッとくるんですよねー。だから、涙を見せずに写真を破り捨てたリンダ先輩に惹かれつつあります。

     Miseryさん
    実際、2002年の日韓W杯が仲直りセックスになるはずだったんですけど、それが原因で余計に仲がこじれてしまいましたからね(笑) 性の不一致じゃもう離縁するしかないのかも…?

  1. アニメ感想 13/12/20(金) ストライク・ザ・ブラッド #12、ゴールデンタイム #12

    ストライク・ザ・ブラッド 第12話『天使炎上篇IV』今回は、天使炎上篇のクライマックスでした。てか、先週の話ほとんど記憶に残ってなかったから、BS11で復習してから見ました。ち …

  2. ゴールデンタイム 12話「ドント・ルックバック」感想

    ゴールデンタイム
    12話「ドント・ルックバック」

  3. ゴールデンタイム 第12話 『ドント・ルックバック』 可愛い子のストーカーなら…やっぱダメだわ。

    お前他にやること無いのか。万里と連絡が取れない香子はひたすらメールを打ち、電話を掛け、挙句自宅訪問。それでも見つからないと街を彷徨い出す。こいつ常に万里のトレースして…