ゴールデンタイム第9話「ウィズ・ユー・アゲイン」雑感

リンダとの密やかな逢瀬は、案の定香子にばっちり目撃されており、彼女はひどくショックを受けて落ち込んでしまう。そりゃそうですよね。彼女が寝ているすぐ側で浮気するなんて、あまりに万里君が迂闊で軽率で浅薄で愚昧で頓馬で粗忽すぎました。猛省してください!

ここからしばらくは、誤解を生じた2人が擦れ違うラブコメの古典パターンに入っていくのかな~と思っていたら、何やら少し雲行きが違っていて。香子との擦れ違いはそこそこに切り上げると、突如リンダとの回想話が始まりました。

リンダには結婚を控えた兄がおり、その兄は美人な婚約者を惚気ながら浮かれっぱなし。しかし、彼が愛する婚約相手の女性は他の男性とも関係を持っていた。その事実を知るリンダは、証拠写真を激写して、浮気女を徹底的に追い詰めてやりたいと万里に相談を持ちかける。

予想していない方向から急にヘヴィな話が飛んできたので、戸惑いを隠せない私。まったく、このアニメは何なんだ…(笑) 香子とは別の危うさがリンダにもありますので、不安な面持ちでハラハラしながら見入ってしまいます。個人的にはこういうの好きだからいいですけど、他の視聴者はちゃんと付いて来られているのか心配だ~。

今回良かったのは、最近ヘタレ気味だった万里君に久々のカッコイイ一面が見られたところ。といっても、彼は問題解決のために何か活躍したわけでもなく、相談相手として的確なアドバイスができたわけでもない。単にリンダに言われるがままお供しただけで、無力な存在に過ぎませんでした。

ですが、そこがいいと思うんです。もしこのシチュエーションを凡百な作者が手掛けていたなら、恐らく万里君は問題解決のために大立ち回りを見せ、最後は浮気相手に偉そうな説教をぶちかましていたことでしょう。そして、リンダのハートを鷲掴み。

でもそんなことは、一介の高校生がやってのけられることじゃない。分不相応な活躍を描いて主人公の格好良さを強調されるよりも、万里君がしたように「ただリンダの側にいてあげる」という精一杯の優しさを描いた方がグッと心に響く。それが高校生の彼にできる最大限の行動だと思うんですよ。

「俺は…その…。全部見てたから。だから、だから、リンダは一人で苦しまなくていいから」
「頼りないかもしんないけど、何もできないけど、でも、俺もいるから」
「ずっと側にいる。俺は絶対忘れないから」

リンダが万里にすがったのも、協力を求めたかったというよりは、不安と葛藤で心細さを感じていた自分の側に一緒にいて欲しかったからであるはず。万里君がリンダの真意を酌み取っていたかは微妙ですけど、結果的に彼は最高のカタチで彼女の思いに応えてあげられたんじゃないでしょうかね。

最後は彼女の眼を見据えて、「俺はリンダが好きだから、信じてくれ」とハッキリ言えたならパーフェクトでしたけど(笑) まぁ、そこでまごついてしまうのも高校生らしいシャイな一面かな。でもこういった経緯がありながら、事故による記憶喪失で全部万里君が忘れちゃっているというのは切ないよねぇ…。

★今週の加賀香子★

「私のこと好き?」
「いつまで好きでいてくれる? いつからいなくなる?」
「こんなこと言う私は鬱陶しい?」

相変わらず躁鬱の激しい香子さんですが、今回は全面的に万里君が悪い!

ゴールデンタイム vol.1(初回限定生産版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2013-12-25 )

定価:¥ 8,424 ( 中古価格 ¥ 600 より )

Amazon価格:¥ 2,900

時間:72 分

1 枚組 ( Blu-ray )


2 Responses so far.

  1. アニメ感想 13/11/29(金) ストライク・ザ・ブラッド #9、ゴールデンタイム #9

    ストライク・ザ・ブラッド 第9話『天使炎上篇I』今回も・・・みんな可愛かったです。てか、雪菜とぬこの組み合わせとか、反則だろ。あと、かな恵ちゃんの新キャラもなかなかです …

  2. ゴールデンタイム 9話「ウィズ・ユー・アゲイン」感想

    ゴールデンタイム
    9話「ウィズ・ユー・アゲイン」