ゴールデンタイム第8話「リセット」雑感

万里との仲を冷やかしてくる後輩にリンダが恥ずかしがって否定したら、聞き耳立てていた万里君がショックを受けて、リンダのことを無視し始めるように。ショックを受けるのは勝手ですけど、ふて腐れて無視するとか、小学生みたいな真似はやめようよ~。彼女がその場で本心語れるわけないってことぐらい想像つくでしょ? この辺の未熟さは高校生の若さだと許容すべき範囲なのか…。

「このとき、俺の心に灯が灯ったんだと思う」
「リンダは、俺のことなんか全然好きじゃないと言った」
「もしその言葉が本当の気持ちとは逆だったとしたら、もしかしてリンダは…」

いやいや、「もしかして」じゃねーだろ。くだらない鈍感装ってんじゃねーよ。ていうか、万里君は最初からリンダに片想いしていたから、彼女に恋愛感情持たれていなくて傷付いたんじゃないの? そうじゃないなら、何が不満でリンダを無視してたんだよ、お前は。

万里君はラノベ主人公にしては珍しく人の気持ちを忖度できる主人公だと評価していたのに、たまに自分がラノベ主人公であることを思いだしたようにヘタレ始めるからびびる。もしかすると記憶を失う前の彼は、典型的鈍感ヘタレ系ラノベ主人公だった…!?

光央も告白が玉砕したことを未だに引きずっていて、露骨に千波を避けている始末(似た者同士っすね)。そんな傷心の光央を慰めてやるべく二次元君と一緒に「励ます会」を企画すると、香子と千波も加わり、男3人・女2人で遊園地へ遊びに行くことに。あれ、そうなると1人余りが…。

万里君と香子は既にカップルですし、光央と千波もなんだかんだでわだかまり解けて仲のいい2人に戻れそうな雰囲気なので、必然的に二次元君があぶれちゃうんですよねぇ。どう見てもWデートに邪魔な男が1人混じっている構図ですが、1人ぼっちの二次元君は心が荒むこともなく、無邪気に遊園地を満喫しているから見ていて余計切なくなってきます…。頼む、もっとつまんなさそうな顔してくれ!

帰宅後、自宅で仲間たちと一頻り騒いだあとは、深夜にリンダとベランダ越しの逢瀬。すぐ側で彼女の香子が寝ているというのに、こんな元カノと浮気するような逢い引きは軽率すぎやしませんか~?

事故で聞きそびれてしまったあの日の告白の答えを、このタイミングで本人に問い質したのもどうかと思う。リンダは大人の対応で波風立たないような返答をしてくれましたが、こんなデリカシーのない質問をぶつけるのは常識を疑います。彼女がその場で本心語れるわけないってことぐらい想像つくでしょ? この辺の未熟さは大学生の若さだと許容すべき範囲なのか…。

★今週の加賀香子★

2人きりではなかったにせよ、万里君と香子の遊園地デートでのイチャラブっぷりは大いに楽しめました! このまま最終回までバカップルしてくれてもいいのよ?

一方で、香子と千波のやりとりは高度すぎて、何がやりたかったのか私にはまったく理解できない。麺? カメラ? んん…!? どういうこと…?

ゴールデンタイム vol.1(初回限定生産版) [Blu-ray]

販売元:キングレコード( 2013-12-25 )

定価:¥ 8,424 ( 中古価格 ¥ 702 より )

Amazon価格:¥ 1,740

時間:72 分

1 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. アニメ感想 13/11/22(金) ストライク・ザ・ブラッド #8、ゴールデンタイム #8

    ストライク・ザ・ブラッド 第8話『戦王の使者篇IV』今回は・・・殺意むき出しだった紗矢華が落ちました。あれほど嫌ってたのに、自分から血を差し出すなんて。その上、浅葱はキス …

  2. ゴールデンタイム 第8話 『リセット』 もしあの時会えたら答えは…本当にNO?

    その割に雰囲気良すぎないか。夜にベランダで語り合う万里とリンダ。思い切って「もし事故に遭わず会えたら付き合ってくれたのか」と聞いてみる万里。答えはNO、やはり友達以上には…

  1. 今回の話はむしろ典型的ラノベ主人公でないことが裏目に出てしまったような話と思いました。

    これが典型的ラノベ主人公であれば、いろんな女に優しくしたり良い雰囲気になったりするのはある程度許容できるのですが、この主人公はもうキチンとした彼女が居ますからねー。にもかかわらず他の女と良い雰囲気になるのはみていて気持ちが良い物じゃないです。

    しかしまあ気に入らないことをされたからといって無視するのは典型的なDV彼氏というかなんというか。

  2.  ゲストさん
    年相応の未熟さはちゃんとあった方が嬉しいとはいえ、高校時代の万里君は泣いたり無視したり、高校生にしてはチョット幼稚すぎるところが困りもの(笑) 

    話は逸れますけど、高校時代万里君とリンダは既に付き合っていたという設定の方が良かったんじゃないかな~と思う。「元々はリンダと付き合っていたのに、記憶を失って香子と付き合ってしまった」ならまだ葛藤もありましょうが、現状はもうリンダが出る幕じゃなくなっているような…。仮に今記憶が蘇ったとしても、香子を捨ててリンダと付き合うという選択は考えにくい。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。