Free! -Eternal Summer-第6話「無敵のプライム!」雑感

県大会の予選がスタート。ブランク明けでの出場で散々な結果に終わってしまった昨年とは違い、1年間みっちり練習を積んできた岩鳶高校メンバーたちは揃って1位で堂々予選突破。彼らの成長っぷりに目を細めたいところなんですけど、な~んか釈然としない気持ちが燻るのは、やっぱり「1年間みっちりと練習を積んできた」部分がアニメで一切描かれていないせい

普段の練習シーンにおける努力の過程をちゃんと描いておかないと、いざ試合で好成績を残したところで喜びが薄いんですよねぇ。地道な練習の成果が試合で花開く瞬間こそ、スポーツアニメとして最も感動できる瞬間であるのに。

遙は元々天才的な才能の持ち主でしたから、ブランクを取り戻したことでトップスイマーに返り咲くのはまだいいです。しかし、1年前は初心者同然だった怜が、その成長の過程を飛ばして1位になられると、せっかくの快挙も単なるご都合主義のように思えて白けてしまう。この1年間、怜は誰よりも努力してきたことの説得力が欲しかった…。

まぁ、怜は成長の過程どころか、試合内容すら丸々カットされていたんですけどね。キャラクターの成長を追うという観点で、一番面白味があるはずなのは初心者の怜なんですから、彼の試合シーンこそ丹念に描くべきところでしょう? オチ担当の立ち位置だからといって、ぞんざいに扱わないで欲しいな。

いろいろケチを付けてしまいましたが、なんだかんだで水泳シーンは楽しいです。まさかの遙VS真琴という燃える対決も見られましたしね。3年の遙・真琴にとってはこれが最後の夏。だからこそ、最後になるかもしれないこの機会で、真琴はどうしても遙との真剣勝負がしたかった。

「負けたぁー!」
「やっぱり水の中じゃ最強だね。ハルちゃん」

結果は遙の勝利で終わりましたが、負けた真琴は吹っ切れたような爽やかな笑顔で遙を讃える。ここでの「ハルちゃん」は、幼少期からずっと遙に憧れを持っていたであろう真琴の心情が読み取れて、思わずグッとくるものがありました

やはり試合シーンをこれだけみっちりやってくれると見応えがありますよ。迫力あるハイクォリティな京アニ作画もたっぷり堪能させていただきました(遙VS凛は出色!)。脚本も横谷昌宏さんに戻ったみたいで、何より何より。もう第5話のことは忘れた!

Free! -Eternal Summer- 1 [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン( 2014-09-17 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 799 より )

Amazon価格:¥ 2,422

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. アニメ感想 14/08/07(木) Free! -Eternal Summer- #6、グラスリップ #6

    Free! -Eternal Summer- 第6話『無敵のプライム!』今回は・・・いよいよ県大会です。てか、もう県大会なの?って感じです。なんか、2期ってあんまり真面目に練習してた記憶無いのですが …