Free! -Eternal Summer-第4話「約束のサマーソルトターン!」雑感

「負けた方がなんでも言うことを聞く」 この狙い澄ましたフレーズがしつこいぐらい繰り返されていました(笑) 元々Free!はホモを餌にして視聴者を釣り上げてきたアニメでしたけど、最近はもはやルアーフィッシングになってきた感がありますよ。あからさまな疑似餌でも入れ食い状態なのが恐ろしいところですけど。

「世界の舞台に立つって夢があるなら、仲間とかリレーとか言ってる場合じゃねぇ」
「自分のためだけに時間を使え。1分1秒を惜しんで練習しろ」
「リレーにかまけてるばかりじゃ、夢は消えちまう。仲良しごっこをしてる時間なんてねぇだろ」

個人を優先して水泳をやってきた宗介はリレーには否定的なスタンス。一方で、仲間のおかげで今の自分があるんだと言い切る凛。意見を違える両者は再び軋轢を生むことになるかと思いきや、凛の言葉に宗介はその場であっさりと翻意。「だったら、俺もその仲間に入れろよ」「俺もリレーがしたい」と急に反対方向にステアリングを切り始めてきたのでびっくりです。

「鮫柄のフリーとバッタの記録は俺が持っている」
「本気でリレーに出たけりゃ、実力でメンバーの座を勝ち取ってみせろ」

ここで宗介の実力と本気度を確かめるために、タイマンでのバタフライ勝負。両者一歩も引かないデッドヒートが繰り広げられると、宗介が微差ながら勝利。実力の高さのみならず、宗介の熱いハートを受け取った凛は、メドレーリレーのメンバーとして宗介を迎え入れる

無気力な凛、挫折した凛、嫉妬する怜など、キャラクターの内面的な問題がストーリーの大半を占めていた1期を考えると、ここでの宗介の心境の変化はもっと丹念に描かれていてもおかしくありませんでした。しかし、2期では敢えてそこをずるずる引っ張ることなく、「勝負」というわかりやすい図式を経て、あっという間に問題を解決させた。これが2期の良さですよ。

ウジウジした女々しさのあった1期と比べ、2期は男らしい爽やさが感じられますね。Free!が目指すべきは当然後者であると思っていますから、是非このままのスポ根路線を堅持して突っ走ってもらいたいものです。

それにしても、2期に入ってからの凛はすっかり主人公だわ(笑) 挫折と仲間との軋轢を乗り越えた凛は、人間として大きく成長を遂げて、気持ちのいい好青年に。彼がメインに据えられていることが、2期の面白さの最大の秘訣なのかもしれません。

逆に本来の主人公である遙はめちゃくちゃ影が薄くなりました。2期に入ってからこれといってピックアップされることもなく、完全に脇役キャラに格下げ。現状彼のポジションは「病気の治った病弱キャラ」みたいな立ち位置ですから、シナリオ的にも彼をどう活かせばいいのか迷いがあるのかも~?

★今週の松岡江★


部員の食事状況をチェックしながら厳しくダメ出しする江ちゃんは、自らアスリートに相応しいメニューを考えて、お弁当を作ってくるという。私はてっきり栄養バランスは完璧なのに料理が下手すぎるというオチを想像していましたが、材料にプロテインを大量に混ぜ込んでくるオチとはね(笑) 料理自体は上手なだけにもったいない~。

Free! -Eternal Summer- 1 [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン( 2014-09-17 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 895 より )

Amazon価格:¥ 3,650

時間:48 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. アニメ感想 14/07/24(木) Free! -Eternal Summer- #4、グラスリップ #4

    Free! -Eternal Summer- 第4話『約束のサマーソルトターン!』今回は・・・凛と宗介の昔のことが分かりました。早い話、仲間でもあり、良きライバルってことですね。一方遥達の方は・・ …

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。