Free!第10話「苛立ちのハートレイト!」雑感

かつて仲間だった凛と溝ができてしまった理由を明かすため、語られる凛の過去。遙たちとのリレー出場にこだわっていたこと。父親が事故で帰らぬ人となったこと。中学時代はオーストラリアに留学していたこと。一時帰国で再会後に遙と勝負をしたこと。そこで軋轢が生まれてしまったこと。……って、どれも既出のネタなのに、また怜に1から説明するシーンって必要でしたかね?

最終回のリレー対決(予定)に向けて、改めて遙と凛のライバル関係を鮮明にしようとする意図があったかもしれませんが、10話かけてじっくりやってきた割には、どうもこの2人のライバル関係って盛り上がらないんですよね~。

過去の因縁が大したことないから動機として弱いし、目標の前に立ち塞がる壁という存在でもないし、そもそも遙自身ライバル意識がまったく見られないし、ただ一方的に凛がしつこく絡んでいるだけに見える(実際そうですが)。やっぱりライバル対決の構図は、お互いにとって「絶対負けられない」思いがないと成り立たない…。

遙VS凛は全然ワクワクしないですけど、今まさに始まろうとしている怜VS凛はチョット面白い。鮫柄学園に単身乗り込んだ怜が、凛を呼び出して話を付けようとする展開。これって完全に今カレと元カレの修羅場ですよね(笑)

今カレ(怜)は昔の男が絡んでくるのが面白くないですし、元カレ(凛)は自分の居場所に別の男がいるのが面白くない。“仲間”いう名の彼女を争って、嫉妬にまみれる三角関係!! 水泳とはまったく関係のないソープオペラになりつつありますが、今のところそれぐらいしか見どころないもんで…。

以前通っていたスイミングクラブのコーチである笹部が部活での指導を買ってくれて、本格的な練習が始まったのは良かったですけど、渚の言うようにもっと早くからコーチになって欲しかったな…。部活での練習シーンをもっとたくさん見せて頂戴よ。

その笹部が「どこかで見覚えある」と呟いていたあまちゃん先生は、元グラビアアイドルだったことが判明! 「水着関係のお仕事」という過去に後ろめたい素振りを見せていたので、グラビアアイドルだったんだろうなと普通に思っていたら、その通りグラビアアイドルでしたね。随分ネタを引っ張った割には普通のオチ。

しかし、元グラビアアイドルの水泳部顧問というのは非常に妄想を膨らませやすい設定ですので、是非同人誌の方で有効活用してもらいたい(笑) あまちゃん先生がどれほど世間に需要あるキャラなのかは微妙ですが、少なくとも私にはニーズがあります!

Free! 5 [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン( 2014-01-08 )

定価:¥ 7,344 ( 中古価格 ¥ 689 より )

Amazon価格:¥ 4,340

時間:48 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. Free! 第10話「苛立ちのハートレイト!」感想

    運命の赤い糸で結ばれた二人・・・肉体的にはまだ結ばれていません。>意味深

    県大会に向けて吾郎による厳しい特訓を受ける遙達。
    しかし、そんな中で怜は遙の泳ぎが以前の…