Fate/Zero第17話「第八の契約」雑感

誘い受けで執拗に挑発してくる人妻(ギルガメッシュ)の魅力に、女遊びの経験がない真面目一徹の堅物(言峰綺礼)も遂にその気になって、主人の伴侶を寝取るに至った。斯くして誕生した禁断の不倫コンビは、切嗣陣営にとっての最悪なライバルが台頭したことを意味する。

愉悦を知らぬ無垢なる言峰綺礼に対して、一生懸命色恋営業をかけていたギルガメッシュの苦労がようやく報われたという感じですね(笑) 快楽を武器に相手を口八丁で唆し、自らの虜にさせてしまうギルガメッシュさんはキャバクラの世界でも王になれる。

思えば遠坂時臣も不憫なキャラでした。娘のためを想い間桐家に養子に出したら、雁夜に恨みを買い、サーヴァント相手に最大級の礼を持って遇したら、つまらぬ男だと見限られ、最後は娘の後見を頼むほど目をかけてやった弟子に、あっさり背かれ殺される

何をやっても裏目というか、頑張っているのに報われない可哀想なオジサンですよ~。マスターとして極めて優秀であったのに、その真価を発揮する場なく退場してしまったのも悔やまれるなぁ。半死の雁夜を丸焼けにしたぐらいでしょ? サーヴァントがなまじ最強すぎるせいで、どうしても見せ場が作れなくて残念。

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ

販売元:アニプレックス( 2012-03-07 )

定価:¥ 41,040 ( 中古価格 ¥ 6,580 より )

Amazon価格:¥ 19,000

時間:340 分

7 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。