Fate/Zero第6話「謀略の夜」雑感

龍之介の残虐シーンでは自主規制が入っていました。「規制」というとなんでも不満に感じる方は多いでしょうけど、キャスター&龍之介による極悪非道の数々は到底アニメで流せるものじゃありません。今回カットされた場面だって、少女を生きながら解体してオルガンにしてしまう胸糞悪いシーン。こんなものはアニメでやらなくていい。

第6話は、私が待ちに待ち望んでいた切嗣VSケイネス。ホテルのフロア一体を魔術工房に改造し、万全の備えを持って迎撃態勢を敷いていたケイネスに対し、切嗣はまさかのホテル丸ごと爆破解体という離れ業!! ここは小説を読んでいて、全身が逆立つほどに興奮しましたよ! いわば、勇者が魔王の城に乗り込まず、城ごと爆弾でぶっ飛ばしてやったって話ですからね。確かに相手の根城にのこのこ乗り込むのは愚の骨頂であるとはいえ、これが主人公のやることかと!(笑)

切嗣が正面から堂々戦いを挑むタイプでないことは重々承知していましたが、もっとクールにスマートに敵を仕留めるイメージを持っていただけに、これほど周囲の犠牲を顧みない大掛かりなテロを弄したのは完全に予想外。私の想像の遥か上空を行く容赦のない外道っぷりに度肝を抜かれました。切嗣は暗殺者ではなくテロリストなんだと、このときハッキリ認識しましたね。

皮肉ではなく、この卑怯な手口に私は惚れ惚れします。卑怯とは即ち、怜悧であること。力劣る者が必勝を願うなら頭脳で勝るしかない。相手を出し抜けるほど知略に富んだ切嗣に憧れの感情を抱くのは、何ら不自然なことではないと思います。戦いにおいて卑怯さとは、紛れもない美徳。

一方のケイネスさんは本当に不憫。聖遺物は教え子に盗まれるわ、サーヴァントは自分勝手だわ、フィアンセには頭ごなしに叱られるわ、しかも寝取られそうだわ、挙げ句に自慢の魔術工房が爆弾で木端微塵にされるわ…。Fate/Zero随一の可哀想マスターであるだけに、私はついついケイネスさんに肩入れしてしまう。プライドの高い高慢なエリートでありながら、ソラウには惚れた弱みで頭が上がらないってところもカワイイ

『Fate/Zero』 Blu-ray Disc Box Ⅰ

販売元:アニプレックス( 2012-03-07 )

定価:¥ 41,040 ( 中古価格 ¥ 9,448 より )

Amazon価格:¥ 27,800

時間:340 分

7 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL