Fate/Zero第1話「英霊召喚」雑感

魔法少女まどか☆マギカですっかり有名になった虚淵さんの原作であるせいか、気合が入りまくったアニメに仕上がっていますね! 作画も背景もものすごいですし、OPも目を奪われる出来。なにより、初回1時間放送にはびっくりしました。

ただ、第1話のプロローグはほとんど説明シーンに費やされ、Fate/stay nightの独自設定や専門用語が羅列されまくっていたので、一見さんにはやや退屈な内容だったかも? しかし、最初のメンバー紹介を端折ってしまえば、これから始まる聖杯戦争の楽しさが半減。競馬のパドックだと思って、ここは我慢して見てもらう必要があります。

我欲なき綺礼、渋いオジサマ時臣、悲哀の雁夜、萌えヒロインウェイバー、それぞれみんな個性あって、魅力ある好人物ばかり。でもやっぱり、私は主人公衛宮切嗣が一番のお気に入り! 主人公でありながら、血も涙もない冷血漢というのがたまらないですよ~。冷血動物マシーンベム殺し……もとい、魔術師殺しの異名を取る銃器を駆使した外道な戦法も必見でございます。

切嗣が綺礼の空虚さに危険な匂いを嗅ぎ取り、綺礼も切嗣の自滅的な行動原理に警戒心を強めるという、まだ一度も邂逅していない両者が、同時にお互いを宿敵と認め合う展開は痺れました。ここは原作の小説より、アニメの方が上手くやってくれたなぁ。

最後のサーヴァント召還シーンも最高に格好良かったですし、これはもう名作アニメになることが約束された勝利でしょ。Fateを全然知らない人はついて行くのが大変だと思いますが、逆に考えれば、Fate/stay nightを知らない人は今回の聖杯戦争の行方を知らないということ! 純粋に誰が勝つのかワクワクしながら視聴できるメリットがあるのですから、多少意味がわからなくても大丈夫です!

Fate/Zero(1) 第四次聖杯戦争秘話 (星海社文庫)

著者/訳者:虚淵 玄

出版社:講談社( 2011-01-12 )

定価:

Amazon価格:¥ 669

文庫 ( 232 ページ )

ISBN-10 : 4061389033

ISBN-13 : 9784061389038


No Responses so far.