Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第16話「冬の日、願いの形」雑感

凄惨なイリヤ殺害現場を目撃させられる羽目になって、士郎君は激おこ、視聴者は心ぽっきり。そんな荒んだ場のムードを変えるべく、捨て身のギャグで空気を弛緩してくれる間桐慎二は、もしかしたらいい奴なのかもしれません。Fateの神はそんな慎二を寵愛して、彼を生かし続けるのでしょう。

「なぁ、遠坂。衛宮なんてほっといてさ~。僕たちと手を組まないか?」

この慎二の言い回し、完全にスネ夫でした(笑) ギルガメッシュ=ジャイアン、凛=しずかちゃん、士郎=のび太ですね。ドラえもんは現在拘束中。

「士郎、貴方の生き方はひどく歪よ」
「自分より他人の方が大切なんて閾下たたは間違っている」
「いい? 人間は自分を一番にしなくちゃいけないの。なのにアンタは他人を助けようとする」
「そんなことを続けてたら、壊れるのは当然なのよ?」

正義の味方を理想する士郎君は、他人の幸福のために我が身を犠牲にすることを厭わない。その自己犠牲の精神は素晴らしいことではありますが、過剰な利他主義は人間の生き方として歪であると凛は警告する。

養父切嗣から受け継いだ借り物の理想を、強迫観念めいた使命感で全うしようとする士郎君の裏にあるものは、冬木の大災害唯一の生き残りとしての負い目。彼は善行として他人の幸福を追求しているのではないため、偽善という批判は的外れ。むしろ緩慢なる自殺に近い状態。惚れた男がそんな生き方をしていたら、そりゃ本気で怒りますよね。

「お前たち二人だけでか? そんなの通用する分けねぇだろ、間抜け」

ギルガメッシュという新たな敵を迎えて善後策を相談していた2人の目の前に、突如姿を現したのは……イケメンじゃない方のランサー! 続けざまのサーヴァント出現に身構える(いちゃつくともいえる)士郎と凛でしたが、ランサーに戦闘意志はなく、一緒にキャスターを始末するための共闘を呼びかけてきた。サーヴァントを失った状態の凛と士郎にとって、ランサーの申し出は渡りに船。警戒心を解かないまま、その提案を承諾する。

「仲間だからって、気安く遠坂には近寄るな」

ランサーを仲間として加えつつも、遠坂凛のことを「いい女」「極上の女」としきりに褒めていたランサーに不快感を露わにして、凛にちょっかい出さないよう牽制を入れておく士郎君はいいね~(笑) それもこっそり耳打ちするのではなく、遠坂凛本人の前で堂々と言ってのけるところが素敵! もしこれが第4次のイケメンな方のランサーだったら、士郎君は断固同盟を拒否していただろうなぁ(笑)

「遠坂はやらないぞ」とかすっかり彼氏気取りな士郎君ですけど、エロゲ主人公ならこれぐらいの強引さはあっていい。いや、なくては困る。「凛に近付くのは許さないけど、からかうぐらいなら許す」という条件を当人の意志と関係なく勝手に妥結していたのは笑えましたよ。

ちなみに2010年に公開された劇場版では、この辺の凛とのラブコメは徹底的に排除されていやがります。というか、背中合せになった凛への告白すらしていない有様で立腹。だから、私はDEEN製作の劇場版の評価が低いんです(笑)

「ああ、手ぇ抜いてやる。アイツには土下座して、お前に謝ってもらわなくちゃいけねぇからな」

ああ、なんという男気ランサー!! ちゃんと凛のアーチャーへの未練を見抜いた上で、元サヤに戻してあげようとするさりげない優しさ! イケメンじゃない方のランサーなのになんていい男! イケメンじゃない方のランサーなのに格好良すぎです!!

「このペンダントね、本当は1つしかないものなの」
「これ、アーチャーに返してもらったものなんだ。士郎が刺されたあの日にね」
「私はてっきり、アイツが拾ってきてくれたものだと思ってたけど…」

つまり、1つしかないはずのペンダントが何故かこの世界には同じものが2つあるということ。勘のいい人はここで何かに気付き始めるでしょうね。私はなーーーーんにも気付いていませんでしたが(笑)

2 Responses so far.

  1. 「Fate/stay night[UBW]」第16話感想 ファンの望む選択肢を選んでくれましたね。次回はいよいよアーチャーVSランサー!

    アニメ「Fate/staynight [Unlimited Blade Works]」の第16話「冬の日、願いの形」の感想です。【関連記事】「Fate/stay night[UBW]」第15話感想 素晴らしい作画によって描かれる神話の戦いは見応え …

  2. Fate/stay night 第16話 『冬の日、願いの形』 恋愛話で弄られる凛を見ていると和む。

    後ろ向きな正義感。後先考えずに飛び出すのは若さゆえ…という訳では無い様で。士郎は10年前にひとり生き残ってしまったのを罪と考えている感じです。自分は助けてもらった、だ…