Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第8話「冬の日、心の所在」雑感

今週のセイバーと凛もヤバイぐらい可愛かったね! 士郎君はそんな彼女たちに無責任なフラグを次々立てていますが、彼は誰かと付き合うから誰かと付き合わないという取捨選択を良しとしない男。目に映る総ての女性を幸せにしたい……それこそが士郎君の信ずる正義! 理想を抱いて溺死しろ!

士郎君が自分ではなくアーチャーの剣筋を参考にしていたことに拗ねるセイバー。つーんと顔を背ける仕草がクソあざといですがクソカワイイです

凛は凛で、士郎が来るのをイライラしながらじっと待っていた姿がすっごい可愛くてたまらんですよ。こっちを振り向くだけで贅沢に作画枚数を投入してくれていますから、それだけで嬉しくなります。

ただ、凛がメインに据えられたUnlimited Blade Worksルートは、その肝心の凛がちょっとポンコツすぎるのがもどかしい…。この穂群原学園(Fateの学校の名前、今初めて知った)には複数のマスターが存在していることがわかっているのに、アーチャーを護衛に付けていないのは軽率も軽率。士郎君の脳天気さに呆れていられないでしょ。

共闘関係にある士郎君をアーチャーが勝手に傷つけたからといって、2画目となる令呪をあっさり消費してしまったのもやりすぎでした。凛ルートなのに凛の活躍が目立たないのは、士郎>凛にしないと凛が士郎君に惚れるきっかけを作れなかったから? 士郎>凛でもいいですけど、別に凛の方を下げる必要はなかったでしょうに。

2人が屋上でいちゃついている間、せこせこ魔法陣を描いていた慎二とライダーが「他者封印・鮮血神殿(ブラッドフォート・アンドロメダ)」を発動。校内が丸ごと結界に閉じ込められ、中にいる生徒たちは軒並み生気を吸い取られてしまう。このままでは士郎君と凛もライダーの宝具の餌食に!

「頼む、来てくれ…! セイバー!!」

のっぴきならない状況へと追い込まれた士郎君は、惜しげもなく2つめの令呪を消費してセイバーを呼び寄せる! 令呪の使い道で最も興奮するのは、やっぱりこのサーヴァント強制召還ですね! マスターのどうしようもないピンチに、如何なる場所でも時空を捻じ曲げて馳せ参ずるサーヴァントは格好良すぎます~。

多分、セイバーは家で柿でも食べながら昼ドラ見ていたんだと思いますが、呼び出されたら即座に戦闘モード。状況の説明を受けることもなく、周りを取り囲む骸骨共を目にも留まらぬ速さでばっさばっさと薙ぎ払い、一瞬にして片を付けてしまいました。

士郎君と凛は元凶である慎二を追いますが、そこには無惨なライダーさんの死体が…。正体不明の何者かの手によって、敢えなくライダーは殺害されていたのでした。

Fateルートでは、セイバーのエクスカリバーの最初の犠牲者となる美味しい役で、Heaven’s Feelルートではオルタ相手に大立ち回りを見せてくれるライダーさんですけど、Unlimited Blade Worksでは何ら見せ場なく静かに退場。騎英の手綱(ベルレフォーン)すら使えず終いとは悲しいな…。このアニメだけ見た人は、彼女は一体何のライダーなのかわからないじゃないですか。

One Response so far.

  1. Fate/stay night UBW 第8話「冬の日、心の所在」

    【Amazon.co.jp限定】Fate/stay night [Unlimited Blade Works] Blu-ray Disc Box I
    (メーカー早期予約特典:武内崇描き下ろしイラストA3タペストリー付)
    (描き下ろしB1布ポスター、CDサイズスチールケース付)…