Fate/stay night [Unlimited Blade Works]第3話「初戦」雑感

聖杯オリエンテーションを終えた帰り道、大巨人を引き連れた幼女に出くわした。私の経験則からいうと、初対面で「お兄ちゃん」呼ばわりしてくる女は全員ろくでもない奴なのですが、切嗣の娘であるイリヤにとって士郎は紛れもなく「お義兄ちゃん」ですから、彼女の場合は別に問題ありません……といいたいところですが、実はイリヤの方が士郎より年上なので、やっぱり「お兄ちゃん」呼ばわりは変なのです。

彼女が引き連れるバーサーカーは鬼人の如き強さ。極限に達した法外な暴力が、士郎たちに牙を剥く

そのバーサーカーと互角に渡り合うセイバーもまた最強。最強同士の壮絶なるぶつかり合いは、まさしく現世に再現された神話の戦い。すげえええええ!

高台へ移動したアーチャーは弓矢による掩護射撃でセイバーを支援しますが、そんな攻撃はものともせず、バーサーカーの勢いは一向に留まる気配がない。凛が魔石(うん千万の高価な)を使って動きを封じて、アーチャーが矢の雨を浴びせかけてもまるで効果なし。バーサーカーは、Aランク未満の攻撃は完全に無効化してしまう、正真正銘の化け物サーヴァントなのですね。

セイバーが風王鉄槌(ストライクエア)で半身を吹き飛ばしても、すぐに自己再生して復活してしまいますし、本当にもうどうすりゃいいのっていうお手上げ状態。

原作を初めてプレイしたときに感じた圧倒的な絶望感が、再びアニメでも呼び覚まされて私は大満足。以前スタジオディーンが手掛けたバーサーカー戦は、残念ながらかなりしょぼかったですから…。その後、劇場版で迫力満点に作り直されて、「やるじゃん! すごいぞスタジオディーン!」と見直したものですが、此度のufotableはその劇場版すら軽く凌駕しているんで、やるせない(笑)

ufotable版は、アニメオリジナルとして、凛とイリヤのマスター同士の戦いが描かれていたのも嬉しい。サーヴァント同士の超常的なバトルもいいけど、やっぱりマスター同士の狡知に富んだバトルもいい。イリヤが使っていた技は、母親(アイリスフィール)譲りの銀の針金鳥(シャーペ・イスト・レーベン)ですね。

凛は必死にガントで応戦するも、自動追尾で攻撃を仕掛けてくる2匹の使い魔に苦戦。更にイリヤはその数を倍に増やすわ、剣に形状を変化させて攻撃力を倍加させるわと、やりたい放題。そこをアーチャーが遠距離から狙撃して、凛の窮地を間一髪救ったシーンに興奮!

バーサーカー目がけて放ったカラドボルグもすごすぎて鳥肌でした。矢を番えて狙いを定めている瞬間のアーチャーの姿がカッコイイのなんの。対象に命中した瞬間、まるで核爆弾が投下されたかのように大爆発したのはやりすぎだったと思いますけど(笑) まーた冬木市に大災害が起こってしまったのか。

みんなが頑張っている中、1人所在なげだった士郎君も、「主人公は俺だ!」と言わんばかりにセイバーを追って戦場にしゃしゃり出てくる。有効な戦闘手段を持たない彼は、戦いにおいて足を引っ張ることしかできない無力な存在ですから、セイバーからすれば大変なありがた迷惑。士郎君もそれぐらいの道理がわからないほどバカではありませんが、セイバー1人だけを戦わせて傍観することを良しとしないのが、彼の性格なんですよね~。

こういった匹夫の勇ともいえる無謀さが士郎君の嫌われる原因だったりしますが、私はむしろこういうところが士郎君の好きな部分。大体「逃げろ」と指示されて、言われた通り1人で先にとぼとぼ帰宅して、ひとっ風呂浴びたあと、TVを見ながらうたた寝しつつ、セイバーの帰りを待っているような主人公は嫌でしょ(笑)

この記事のトラックバックURL
  1. Fate/stay night 第3話 『初戦』 デカイ癖に速いなんて…バーサーカー反則だろ。

    イリヤを見てセイバーは何を思うのか。幼少の時会っているんだっけ、それともアイリ似の容姿やアインツベルンの名前に反応したか。教会に行って明日からは敵同士!本来ならその流れ…

  2. Fate/stay night UBW 第3話「初戦」

    ideal white(期間生産限定アニメ盤)(DVD付)『ここがキサマの死地だ、バーサーカー!』
    原作:奈須きのこ / TYPE-MOON
    監督:三浦貴博
    キャラクター原案:武内崇
    シリーズ構成・アニメーショ…

  3. Fate/stay night [Unlimited Blade Works] #03 初戦

    イリヤキタ――(゚∀゚)――!! で終わった前回。 今回もイリヤキタ――(゚∀゚)――!!で始まる。 「こんばんわ、お兄ちゃん。こうして会うのは2度目だね」 2度目って、一瞬すれ違って…

  1. いやー、3話も相変わらずクオリティ高いですね。

    私だけ思ってるのかもしれませんが、セイバーの可愛さが1.5倍ぐらいアップしてません?
    原作もディーン版ももう内容をあまり覚えてませんが、こんなにかわいかったっけ?って感じます。

    エロゲをやってると、あるヒロインの攻略中に別のヒロインの方が魅力的に感じてしまう現象がありますがそれに近いものなのかもしれません。

    • 遠坂凛派の私としても、セイバーさんは以前より愛らしく感じられるようになりましたね。作画クォリティのおかげとか、UBWルートだと正ヒロインじゃないからとか、いろいろ理由はあると思いますが、私はやっぱりZeroでの不憫さを目の当たりにしたからですかね。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。