ちはやふる2第24話「かくとだに」雑感

たとえるなら、高速回転するまっすぐな軸の独楽。止まっているように見えながらどこにも偏りなく力が集中している。なにが触れてもはじき返される安定した世界。そんな「神」にかかる枕詞「千早振る」の力を体現した新は、まさにアラタカミガカリ

初動はクイーンの方が早く、最短距離を無駄なくまっすぐ伸ばしてきたというのに、それでも新が後の先で札を制してしまうという。“超加速”と呼ばれる人間離れした技はもはや反則レベルの能力ですけど、単純に新の方が瞬発力や筋力では数段上でしょうし、さすがにこのレベルになると男女の身体能力の差は埋めがたくなってくるんでしょうねー。

ちはやふるには様々なタイプの選手が出ていますけど、新はパワー・スピード・テクニックの総て兼ね備えた万能タイプっぽい。その上で、大一番でリラックスできるメンタルも持っていますので、現時点では限りなく最強に近い相手。今の新を倒せるのは周防名人しかいないのかも? ……いや! 原田先生がいる! 原田先生なら新を倒して名人位挑戦権を勝ち取ってくれる!! 頑張れっっ原田先生!!(詳しくはコミックス21巻を読もう!)

クイーンを圧倒する新の力にギャラリーの誰もが瞠目している中、唯一新の両親だけが頭を抱えているのは爆笑。我が息子が大活躍していながら、その両親が青ざめて観戦しているという構図自体が笑えますよ。でもここまで来たら、もう諦めて気持ちよく新を東京に行かせてやってくださいな(笑)

体調不良で本調子でなかったとはいえ、千早がずっと目標としていた詩暢ちゃんを打ち破り、A級優勝を成し遂げてしまった新。こうなると、せっかくB級優勝を果たした太一の偉業が完全に霞んでしまった…(涙) 太一はどんなに頑張って千早の前でいいところを見せても、いっつも最後は新が美味しいところを持って行くんだからずるいよ~!

試合中、千早の顔面に向かって飛んできた札をさっと右手でガードして、太一がさすがのイケメンっぷりを見せ付けたと思ったら、直後に新が見せた爽やかな笑顔での「ごめん」で全部持って行かれたところなんか、太一がどれだけ不幸の星の下に生まれているかを象徴していましたよ(笑)

★今週の若宮詩暢★

負けた直後の詩暢ちゃんの爽やかな笑顔にやられました。体調不良でありながら出場を辞退しなかったのは、挑戦者を迎え撃つクイーンとしての矜恃。それを口にしたときの不敵な笑みにもまたやられました。

[button text=”ちはやふる2最新話無料配信中” link=”http://vod.ntv.co.jp/program/chihayafuru2/”]

ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻

販売元:バップ( 2013-05-22 )

定価:¥ 19,440 ( 中古価格 ¥ 4,999 より )

Amazon価格:¥ 12,247

時間:276 分

4 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL