ちはやふる2第21話「なこそながれてなほきこえけれ」雑感

男らしい夕部さんのフィジカルかるたの前に、千早は初戦から大苦戦。利き手と逆の手での戦いを強いられる千早は、普段と身体の動きが左右反対になってしまうため、混乱が生じてどうしても初動でワンテンポ遅れてしまう。知能ではなく本能で戦っている千早だけに、これは致命的か?

そこで全部の札を鏡対称に配置換えしてしまうという発想。これにより右手で払うときの身体の動きが左手でも同じようにできることに気付いた千早は、そこから怒濤の巻き返し。

怪我をしてしまったことは不運でしたが、左手でかるたを取る経験で左利きの心理を学べたことは、後々に繋がる大きな糧となるはず。特に左利きの詩暢ちゃんを相手するときにはこの経験が活きてくるかも? 阪神時代の野村監督が新庄にピッチャーやらせてピッチャー心理を学ばせたのと一緒ですね。

それにしても、対戦相手の夕部さんはとても好感が持てるキャラ。囲い手破りが決まって全身で喜びを表現したかと思えば、今度は逆に囲い手破りされ、悔しさを滲ませながら素直に相手の取りを認める正直さ。良くも悪くも素直な性格なので愛らしい。千早が自陣札を総配置換えしようとしたときも、あっさり認めて受けて立とうとする男前な性格も惚れますね。明石第一女子の選手は恵夢ちゃんしか見ていなかったですけど、こういう脇役もしっかりキャラが立っているのがちはやふるのいいところ。

脇役といえば、新に全力で挑む肉まん君の姿にも感動させられたなぁ~。結局力及ばず負けてしまったわけですが、「おれなんかいちばん一生懸命じゃないほうだ」と涙ながらに悔しがる肉まん君にはグッとくるものがありました。自分より強い奴と相対したことで、更に努力を重ねて超えようとする負けず嫌いな姿勢もいい。やはり私はかるたに関しては肉まん君に感情移入してしまう。

この試合で新が見せた技が「渡り手」。競技かるたは自陣で詠まれた札を払う前に、他の札に触れてもお手つきにならないルールがある(夕部さんがたくさん札を吹っ飛ばしていたように)ため、左右に配置した友札を両方取りに行くことも可能。言葉では簡単に言えますが、右下段から左上段まで一瞬で横断して2枚取るなんてすごすぎる。「たま」ではなんと3箇所を押さえていますからね。肉まん君が札を1枚払う前に、超スピードで3箇所払うんですから、こりゃ勝てないわ。

アニメでは、ちゃんと動画でその「渡り手」のすごさを再現してくれていたのが良かったです。鞭のようにしなる腕が「バシバシバシ!」とほぼ同時に3箇所押さえる人間離れした動きに興奮

面白かったのは、息子の試合を祈るように見守っていた新の両親。てっきり新の応援に駆けつけたものと思いきや、まさか新が負ける方を願っていたとは(笑) 高校選手権で優勝したら東京の大学に進学したいと希望を述べる新に対して、地元の国立大学に入って欲しい両親は、なんとしてでも優勝を阻止したいのが本音。そりゃあ400万もかかる学費は切実な問題ですよね! かといって「負・け・ろ!」コールはやりすぎですけど(笑)

★今週の綾瀬千早★

順調に2回戦も突破した千早はベスト8でラスボス詩暢に遭遇! 一度だけ使うと決めていた右手の封印(包帯)を、ここで躊躇なく解いた千早。もう後戻りはできんぞ。巻き方を忘れちまったからなっ。

[button text=”ちはやふる2最新話無料配信中” link=”http://vod.ntv.co.jp/program/chihayafuru2/”]

ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻

販売元:バップ( 2013-05-22 )

定価:¥ 19,440 ( 中古価格 ¥ 5,217 より )

Amazon価格:¥ 12,247

時間:276 分

4 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL