ちはやふる2第20話「あきのたの」雑感

原作での初見時もドン引きでしたが、詩暢ちゃんの私服がダサイってレベルじゃない! 全面にスノー丸の顔がちりばめられた趣味の悪いトップスに、7分丈のクロップドパンツ、素足にローファーという最低の着こなし(笑) 水玉のスカーフと斜めがけにした水筒のアクセントが痛々しくて見ていられませんよっ!

美人なのにファッションセンスがないというのはある種チャームポイントなんですけど、ここまで壊滅的なセンスだとさすがにチョット考えざるを得ませんね(笑) 個人戦に向けて闘志を燃やすクイーンの恐ろしさがビンビン伝わってくるシーンなのに、このダサイ服装のせいで全部ギャグに思えてきます

そんな詩暢ちゃんも参戦する高校選手権個人戦が早くも開幕。自身のA級優勝のみならず、部員たちが各階級を総なめにするという壮大な野望を抱く千早の鼻息は荒い。

団体戦優勝という輝かしい栄冠を手にした千早でも、個人としては決して盤石な勝ち方で進んできたわけじゃないんですよね。同じA級の甘糟や恵夢にはことごとくやられていますし、決勝で破った理音はまだB級。本当の意味での強敵からはまだ勝ち星をあげていないんです。

団体戦に出場しなかった詩暢&新との対戦は勿論楽しみですが、甘糟・恵夢へのリベンジ、江室や真琴といった富士崎の凄腕A級組への挑戦など、期待が膨らむ組み合わせは盛りだくさん。団体戦以上の厳しい戦いが予想されるものの、千早には瑞沢のエースとしてのプライドを胸に優勝まで勝ち進んで欲しいものです。

なんて思っていたら、決勝戦で痛めた右手人差し指の状態が思わしくなく、千早は利き手ではない左手での戦いを余儀なくされる羽目に…。A級の猛者たちを相手に、このハンディがどこまで重くのしかかるのか心配。

そして、ある意味千早の戦いよりも気になるのは、B級トーナメントに挑む太一ですよ! 千早と接戦を演じた理音、永遠のライバルヒョロなどが名を連ねるB級ですが、A級江室を退けた太一であれば実力として不足はない。完全に優勝は視野に入っているはずなので、あとはもう勝ちきる精神力だけ!

「泣くな。おれはまだ。泣いていいほど懸けてない。“悔しい”だけでいい」と自分を追い詰めてから1年。これまで幾度となく阻まれてきたA級昇格への道を、この近江神宮の場で華麗に決めて欲しいものです。そして、アニメ第2期のラストを華々しく締めくくれ!

★今週の綾瀬千早★

四つん這いで近寄りながら、眠っている太一にコツンと頭をぶつける千早がエロすぎ。太一は寝ている間に毎回ラッキーな出来事が起きているなぁ。記憶に残らない本人は何も嬉しくないでしょうが(笑)
[button text=”ちはやふる2最新話無料配信中” link=”http://vod.ntv.co.jp/program/chihayafuru2/”]

ちはやふる2 Blu-ray BOX 上巻

販売元:バップ( 2013-05-22 )

定価:¥ 19,440 ( 中古価格 ¥ 3,148 より )

Amazon価格:¥ 12,300

時間:276 分

4 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. ちはやふる2 日テレ(5/24)#20

    第20首 あきのたの 公式サイトから団体戦で優勝し、日本一になった瑞沢高校かるた部。優勝の重み、ここまでの道のりに対しての想いが湧き出してくる。そんな中、千早は指の痛みを感…

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。