ちはやふる第25話「もれいづるつきのかげのさやけさ」雑感+総括

周防名人が喋った! ここまでのセリフはことごとくカットされていたので、声優代を浮かすため一言も喋らないままアニメは終了するものだと思っていましたが、ちゃんと配役されていたんですね~。しかも、お気に入りの東地宏樹さんというのが嬉しい!(プリズンブレイクのマイケル・スコフィールド役) 相変わらず、声渋いわ~。

名人&クイーンの絶対的な強さの前に一旦は気持ちが挫けてしまいそうになるものの、その絶望はすぐに挑戦意欲へと変化。目指すべき場所が明確となったことで、千早も太一も新もかるたに取り組む意識がより強まった

特に太一は、恥ずかしがって今までやらなかった素振りを率先してやったり、相手のメンタル面を揺さぶって動揺を誘うなど、「勝つ」ことへの執着心が芽生えたのが大きな成長。どんどん泥臭くなっていく太一に好感が持てます。ドSな表情たまらないなー。

専任読手への憧れを口にするかなちゃんは、その最低条件としてA級選手にならないといけない事実を聞かされ愕然。しかし、例え途方もない夢であっても、自分の憧れを消す必要なんてない。そう力強く決意するかなちゃんは美しい。

絶対に届かないと諦めてしまいそうな夢でも、一生懸命それに向かって努力する。単純で陳腐なことかもしれませんけど、人間が生きていく上でこれ以上に美しいことなんてないですね。ちはやふるの登場人物は、全員がそのキラキラ輝いた美しさを持っている。だから、みんな大好きなんです。素晴らしいアニメをありがとう!

総括

アニメは1年生終了時までで区切りとしては妥当だったといえるのですが、ちはやたちが2年生に上がり、クセの強い新入生が入ってくるところの話は最高に面白いので、この部分がアニメ化されないのは非常に悔しい!! あと1話、あと1話あれば、私が最も好きな太一の名言だって聞けるのに~~!! 2期をやるのは大人の事情でいろいろ難しいかもしれませんけど、ホントこのシーンだけでもアニメでやって欲しいですよっ。

キモイぐらい毎回太一太一と連呼する感想で申し訳なかったんですが、これだけ気持ちが入り込むキャラクターは他にいないですから…。総ての面で理想的だったと言えます。前髪で目が隠れているルックスも、昔のエロゲ主人公っぽくて親近感沸くしね!

太一と並んで大好きな千早。作画がずーっと頑張ってくれていたおかげで、(無駄)美人な千早がたくさん見られて嬉しかったな。得意の変顔にも力を入れてくれて(笑)

元々私は原作の大ファンなので、ちはやふるが素晴らしい作品であるのは承知していました。でも、そのぶんアニメ化に対するハードルも高くて、「原作の持ち味を台無しにしたら許さないぞ!」的な厳しい目で視聴する厄介なファンでしたが、そんな私ですら不満はほとんど出てこない高クォリティ。むしろ、センスある演出やBGMのおかげで、原作の魅力が更に増していると感じたほど。これだけ完璧なアニメ化を成し遂げてくれたスタッフに心よりの感謝を捧げます

ちはやふる Vol.5 [Blu-ray]

販売元:バップ( 2012-04-18 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 1,170 より )

Amazon価格:¥ 2,592

時間:70 分

1 枚組 ( Blu-ray )


7 Responses so far.

  1. カズ より:

    遅ればせながら、25話を視聴しました。
    私も浅生さんと全く同じで「原作の持ち味を台無しに(以下略)」状態で
    鼻息荒くアニメを見始めましたが、蓋を開けてみれば毎週原作を丁寧に再現、
    時には昇華させる演出の数々に感動しっぱなしでした。

    ちはやふるのストーリーの良さについても浅生さんと全くの同意見ですし、
    キャラに関しても、これほど出てくるキャラが悉く魅力的でみんな好きになる
    作品ってそうないですよね。今さっき16巻も読み終わったのですが、みんな
    大好きで勝って欲しいので誰を応援すればいいのか悩んで困りましたよ。

    アニメはキャスティングも個人的に超ストライクでした。キャスティングに
    関しては特に「原作のキャラの魅力を(以下略)」とうるさく言うつもりでしたが、
    全員の声がイメージ通り、もしくはイメージ以上だったので言う事なしでした。
    特に千早役の瀬戸麻沙美さんが本当に素晴らしかった。キャスティングが
    発表された当時瀬戸さんの事は存じていなかったので正直不安でしたが、
    千早の真っ直ぐさ、残念さ、美しさが全て完璧に表現されていたので
    すっかり瀬戸さんのファンになってしまいましたよ。これでまだ19歳だなんて
    末恐ろしい・・・まるで千早ですね。

    本当に本当に原作ファンとして全く文句のない最高のアニメだったのですが、
    9巻途中までの内容で終わってしまった事だけが悔やまれますね・・・。
    私も太一史上最高の名言を聞きたかったですよ・・・。いやいや、この名言だけ
    じゃなくて、個人的ベスト試合の東京都予選決勝もアニメで見たい・・・!
    いやいやいや、恵夢ちゃんも見たいしアレとかアレとかも見たい・・・!!

    既に発売されているBDは買い揃えましたが、これ程素晴らしいアニメの二期が
    実現するか否かはBDの売上次第というのも世知辛い話ですね・・・。
    なんとか頑張って欲しいものです。

  2. 君に届けだったり、うさぎドロップだったり、ちはやふるだったり、少女漫画系は何故かどれもアニメ化のクォリティが高い。売り上げに関しては、萌え系アニメと比べて然程望めないというのに、すごく丁寧で力を入れてくれるんですよねぇ。だからこそ、こういう作品がもっと評価される世の中になって欲しいものですが。

    >今さっき16巻も読み終わった
    16巻も面白かったですね~! もう詩暢ちゃんのダメ私服には耐性ができて驚くことはないと思っていましたけど、16巻で見せた最低のセンスの私服には爆笑しました! シリアスでいい話なのに、この私服の破壊力が半端ない(笑)

    あと、新の両親の「負・け・ろ!」コールも笑ったなぁ。ギャグだけじゃなく、締めるところは締めますし、太一のB級決勝戦にかける真剣な表情には惚れ惚れ。ああ、太一VS理音の行方はどうなるんだ~!! 結果知っているけど、早く17巻が読みたいぃぃ!!

    >アニメはキャスティングも個人的に超ストライクでした
    唯一心配だったのは、千早役が実績のほとんどない現役JK声優という点でしたけど、第1話でその心配は杞憂であることがわかりましたからね。エンディングの曲も超上手いですし、これからもっと有名になっていく声優さんに違いない。

    >9巻途中までの内容で終わってしまった事だけが悔やまれます
    アニメで見たいシーンは、まだまだこの先山のように残っていますから…。特にいいキャラしている逢坂恵夢は、是非ともアニメで見たかった。

    末次先生も猛烈に2期を希望していますし、何とかならないかな~。BDが売れるようなタイプの作品でないことは確かですが、実質TVは関東地方でしか放送されていない状況の中で、BDの売り上げを問うのも酷な話。もっと放送地域を増やして欲しかったのが本音です。

  3. カズ より:

    確かに異常に放送地域が少なかったですよね。最初大阪が外れていたのも
    本当に謎です。君に届けの売り上げは存じませんが、確か二期は一期から
    一年後ぐらいにに放映されていた気がします。それ程君に届けの売り上げが
    凄かったという話も聞きませんので、なんだかんだでちはやふるもいずれ
    二期が制作されることを願っています・・・。

    >16巻も面白かったですね~!
    超超超面白かったです。
    詩暢ちゃんの私服は本当にヤバかったですね(笑)あれでも何故か可愛いのが
    凄い。しかも相変わらずそれに対抗するちはやが面白すぎです(笑)
    シャツをたくし上げるという超エロい行動をとってるはずなのに全くドキドキ
    しませんでしたよ・・・詩暢ちゃんの着替えシーン並の残念感が漂っていたので、
    千早も詩暢ちゃんと同レベルに達してしまったのですね・・・。

    そして相変わらずドキドキシチュエーションに寝ていて気づかない太一(泣)
    まったく、末次先生のSもドSのSですよ!ちょっと太一に良い思いをさせたと
    思ったらまたイジめる。酷い人です。そんな末次先生と太一が大好きです。
    しかも最後のアレも・・・どう見ても良いフラグには見えないのですが・・・。
    あんな状態で終わられたので、私も早く17巻が読みたくてどうにかなって
    しまいそうですよ。浅生さんは結果をご存じなのですね・・・
    ・・・・・・い、いや、何も言わないでください。なんとか耐えてみせます。

    最初の方に写ったブチ切れ状態の恵夢ちゃんも素敵でしたし、多部さんも元々
    好きなキャラだったのが更に好きになりましたし、新の両親にも笑いましたし
    最後の真琴先輩も可愛すぎるし・・・本当にみんな良いキャラしてます。

  4. ペーター より:

    末次先生の大ファンだった(君の~羽シリーズのファン)だけにアニメ化にはビックリでしたが、その出来にさらにビックリ。

    末次先生は一時期悪い意味で話題になっただけに復活と大活躍に大喜びしています。

    今でも君の~羽はトレードの激しい私の本棚でベテラン選手として活躍しています。

  5. カズ より:

    確かに異常に放送地域が少なかったですよね。最初大阪が外れていたのも
    本当に謎です。君に届けの売り上げは存じませんが、確か二期は一期から
    一年後ぐらいにに放映されていた気がしますし、それ程君に届けの売り上げが
    凄かったという話も聞きませんので、なんだかんだでちはやふるもいずれ
    二期が制作されることを願っています・・・。

    >16巻も面白かったですね~!
    超超超面白かったです。
    詩暢ちゃんの私服は本当にヤバかったですね(笑)毎回身構えるのですが、
    それを遥かに上回るレベルの奇抜さで現れるので参ります・・・。
    しかも相変わらずそれに対抗するちはやが面白すぎです(笑)
    シャツをたくし上げるという超エロい行動をとってるはずなのに全くドキドキ
    しませんでしたよ・・・詩暢ちゃんの着替えシーン並の残念感が漂っていたので、
    千早も詩暢ちゃんと同レベルに達してしまったのですね・・・。

    そして相変わらずドキドキシチュエーションに寝ていて気づかない太一(泣)
    まったく、末次先生のSもドSのSですよ!ちょっと太一に良い思いをさせたと
    思ったらまたイジめる。酷い人です。そんな末次先生と太一が大好きです。
    しかも最後のアレも・・・どう見ても良いフラグには見えないのですが・・・。
    あんな状態で終わられたので、私も早く17巻が読みたくてどうにかなって
    しまいそうですよ。浅生さんは結果をご存じなのですね・・・
    ・・・・・・い、いや、何も言わないでください。なんとか耐えてみせます。

    最初の方に写ったブチ切れ状態の恵夢ちゃんも素敵でしたし、多部さんも元々
    好きなキャラだったのが更に好きになりましたし、新の両親にも笑いましたし
    最後の真琴先輩も可愛すぎるし・・・本当にみんな良いキャラしてます。

  6. 大きな過ちを犯して、挫折という言葉では生温いほどの絶望を味わって、それでも漫画を描き続け、過去を清算するだけの作品を生み出した。

    どん底から必死に這い上がってきた末次先生は素晴らしいですね。作品だけでなく、人間性にも尊敬に値します。

  7.  カズさん
    お返事が遅れて申し訳ないです! 何故か勝手に、カズさんのコメントがスパム扱いされていまして…。前回の書き込みは問題なかったのに、何で今回はアウトなんでしょ? 特にNGワードもなさそうなのに~。ホント、ごめんなさい。

    >君に届けの売り上げが凄かったという話も聞きません
    君に届けはさすがにそこそこの売り上げがあったみたいです。といっても、世間を賑わす有名タイトルと比べると大したことはないでしょうが。
    少女漫画原作作品は内容の良し悪しに関係なく、どうしてもBDを購入する層と視聴者層が乖離していますので、売り上げ的には不利ですよね。

    >対抗するちはやが面白すぎ
    あの勝ち誇った千早のドヤ顔は可愛すぎる~~!!

    確かにシャツたくし上げという色っぽいシーンでありながら、全然エロい気分にはならなかったです(笑) こんな美人が大胆に服を脱いでいるのに、まったくエロさを感じさせないなんて、下着って大切なんだなぁ…。

    >末次先生のSもドSのSですよ!
    本当だ(笑) 末次先生のSはドSのSだったのか~。Twitterでも太一イジメは自覚的だと呟いている末次先生なので、間違ってはないかと。

    しかし、太一は寝ている間にどれだけ幸せを逃せば気が済むのか…。はっ!? もしかして、自分も寝ている間に実はこんなチャンスが何度もあったのかも!? そうだそうだ。私はたまたま寝ていて気付かなかっただけで!

    >何も言わないでください。なんとか耐えてみせます
    私が我慢できずにネタバレしてしまう前に、さっさと17巻を発売していただきたいものですね~(笑)

    >最初の方に写ったブチ切れ状態の恵夢ちゃんも素敵
    あの表情にはめっちゃ萌えました! なんでマジギレしている顔にこんなにも気持ちが惹かれてしまうのか…。私が変態だからといってしまえば実も蓋もないのですが。