ちはやふる第23話「しろきをみればよぞふけにける」雑感

「ああ、だめだ俺。千早が好きだ」 不意打ち気味な突然の「好きだ」にはドキッとしましたね。恋愛は「○○が好きだ」と自覚してからが一歩目。そこを暈かしたままラブストーリーをやるなんて言語道断ですよ。志望校を決めずに受験するようなものですから。

千早への好意を改めて再認識した太一は、心なしか行動が積極的に。寒そうな千早に強引に自分のコートを羽織らせたり、千早に告白してきた男子のケータイ番号を着信拒否した挙げ句、明日からは俺と同じ電車に乗れと命じたり。かるただけでなく、いよいよ恋愛も本気モードに入ったか!?

にもかかわらず、千早は相変わらずかるたと新のことで頭がいっぱいなので不憫。ホント、最後は報われて欲しいよなぁ~。クラスの女子の中に男子1人だけお呼ばれするようなイケメン王子を上から目線で応援するのも複雑ですけど。

今回は太一だけでなく、原田先生の格好良さも半端ない。ドS須藤の発言に被せて強気に押し返し、礼の大切さを厳しい口調で説き、老体に鞭打ちながら気力で戦い抜く。千早に続いて、かなちゃんまでも虜にさせてしまう初老のオジサマの魅力が全開でした。

坪口さんとの絡みは何度見ても泣けます。大一番に負けたあとでも、いつも通り飄々と軽口を叩いていた坪口さんが、原田先生の前では本心を曝け出して、子供のように泣きじゃくる。原田先生も総てを察しているから、何も声をかけることなく受け止める。この師弟関係に心が震えなかったら嘘でしょ~。

最近、すっかり顔芸要員として美人キャラのイメージが薄れてきた千早も、他校の男子に告白を受けるわ、クラス会でちやほやされるわと、名誉挽回。クリスマスということでいつもより気合い入れておめかししていた私服姿は抜群に可愛かった!! でもまぁ、100%姉のお下がりなんですけどね…(笑) 千早は私服センスゼロなんで。

「綾瀬! おれ女子といっぱい話せたよ! 真島のことばっか聞かれたけど」

女子と会話できただけで大喜びして千早に報告する机君がカワイイ(笑) 童貞であることを隠そうともしない潔さに好感が持てます!

さて、次回はちはやふるで私が最も衝撃を受けた回。まったく想像もつかない驚愕の展開に度肝を抜かれます!!

ちはやふる Vol4(Blu-ray Disc)

販売元:バップ( 2012-03-21 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 528 より )

Amazon価格:¥ 1,648

時間:70 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL