ちはやふる第21話「わがころもでにゆきはふりつつ」雑感

百人一首の歌を全部暗記して、1つも被ることなくランダムに百首諳んじる太一。ここまで来ると努力家というより変態の領域。仲間も感心するよりドン引きしていたぐらいですから。今に始まったことじゃありませんが、千早の顔は特にひどい!

名人位とクイーンへの挑戦権を争奪する東日本予選。ドS須藤が「今日早く敗退した方がボーズな!!」と無茶な条件で挑発すると、考えなしにあっさり乗ってしまう千早。かなちゃんも言っていましたが、女の命をうっかりで賭けてしまう千早の単純さに頭が痛いです(笑)

千早の緒戦の相手は、小6のスピードスター立川梨理華。その小さくて愛くるしい仕草に私もメロメロ。この可愛らしさは卑怯すぎるでしょっ! ていうか、小6にしては幼すぎません!?

最初は「感じ」の良さから連取で波に乗っていた梨理華ちゃんも、千早の落ち着いたペースに飲み込まれ、次第に形勢逆転。札がまったく取れなくなってしまい、悔しさで涙を浮かべる梨理華ちゃんに思わずこっちももらい泣き…。梨理華ちゃんが可哀想だから泣けるんじゃなくて、泣きながらも最後まで腐らず頑張り通す姿に感動するんですよね~。

見学していたお母さんの「梨理華、ああもう…っ、がんばらなくていいから」ってセリフは、すごく気持ちわかります。

「かるただって何だっていい。何かを好きになってほしい。自分を大好きになってほしい」

このとき、千早の声優の瀬戸麻沙美さんが微かに涙声になっていたのが印象的。役に入り込んで、感極まってしまったのかな~。でもこのセリフ、4歳下の相手にかける言葉としては少し違和感ありますよね。千早と梨理華ちゃんが4歳しか違わないのが違和感なんですが(笑)

ちはやふる Vol4(Blu-ray Disc)

販売元:バップ( 2012-03-21 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 528 より )

Amazon価格:¥ 1,648

時間:70 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL