ちはやふる第15話「つらぬきとめぬたまそちりける」雑感

クイーン陣地からまさかの2枚連取で、千早に逆転の機運が出てきたかと思いきや、結局は屈辱の2束負け。千早VS詩暢の初対決は、文句なしのクイーン圧勝で決着。

しかし、当のクイーンに余裕の表情はなし。プライドを傷つけられた怒りに震え、千早の対戦カードを睨み付けながら、まるで呪い殺しそうな形相。と思ったら、表向きはスマイルで接する京女の腹黒さがいい(笑) スノー丸のTシャツを褒められると、無邪気に喜んじゃうところも可愛すぎ!

詩暢ちゃんというキャラは、本当にいろんな一面があって掴み所がないのが魅力。千早に負けないぐらい表情豊かですし、見ていて飽きません。ドS須藤を12枚差で破り、心にも無い謙遜をするこのときの表情はたまらなかったな~。見下した感じが興奮します!

同時刻、B級決勝戦では太一が奮戦していた。相手はかるた強豪校富士崎の三年だが、勝てば念願のA級昇格を果たせるだけあって必死に食らいつく。しかし、既に6戦を戦い抜いてきた太一は体力が底を突いており、頭が冴えていても身体が付いてこない。結果、あと一歩及ぶことなく、無念の敗退…。

「相手は富士崎の三年。3枚差までよくやった。準優勝だ。十分だ」

偽りの本心で自らを誤魔化し、感情を押し殺しながら作り笑いを浮かべる太一に対して、本人以上にショックを露わに落ち込む仲間たち。自分のためにこれだけ悔しがってくれる仲間がいるのは素晴らしいことですよね…。「準優勝が一番悔しい」 新に適わず準優勝の悔しさを誰よりも知る肉まん君の言葉は、心に深く突き刺さる。

「泣くな。おれはまだ。泣いていいほど懸けてない。“悔しい”だけでいい」

確かに「負けて泣く」のは、全力を出し切った者にのみ許される特権ですが、太一だって充分努力して頑張っていたんですから、少しは泣いて楽になったっていいはず。それなのに、涙を堪えて辛さを自ら受け入れようとするので、こっちがもらい泣きしてしまう

太一の常に自分を苦しい方へ苦しい方へ追い込もうとするドM……ストイックな性格がたまらなく好きなんです!! イケメンで努力家なんて、他の男が立つ背なくなっちゃうよ! ああ、太一の話題になると、誉め言葉しか出てこない…。

ちはやふる Vol.3 第七首~九首収録 [Blu-ray]

販売元:バップ( 2012-02-22 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 406 より )

Amazon価格:¥ 1,186

時間:70 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. こんばんは。

    詩暢ちゃんは本当に掴みどころがない人ですよね。
    「一人でかるたしてるみたいや…」と寂しがってるのかと思ったら、
    5枚取られただけで「次は1枚も取らせない…!」と激怒して…
    初めて見た時は結局圧勝したいのかよ!と突っ込んでしまいましたよ。
    そんな詩暢ちゃんのプライドの高さと心の狭さとかるたを愛する心が
    人間らしくて大好きです。

    ちはやふるは本当に魅力的なキャラが多いですが、あえて一番を
    選ぶなら太一かも知れません。もう生き様に憧れます。
    「ちはやふる名台詞ランキングベスト10」を作ったら
    太一の台詞が6つぐらいランクインしそうですよ。
    ちなみに1位は「おれは選んでがんばるんだ」ですね。
    正に太一の生き方を象徴している一言でシビれました。
    エロゲの主人公もみんな自分で選んで頑張れよ!

    今回の「泣いていいほど懸けてない」も好きな台詞の一つです。
    太一は本当に誰よりも自分に厳しく努力しているので、発言の
    一つ一つに重みがあるのですよね。そんな太一だからこそ
    優勝してほしかったので、私も部の仲間達と同じように
    悔し泣きしそうになりましたよ…。

    以下、先週のお返事に対するコメントです。

    >もう少し恋愛描写を入れてもいいと思いますが(笑)

    同意します(笑)良い感じのカップルに発展しそうな組み合わせは
    いくつかあるんですけどね…。ちなみに私の今一番好きなカップルは
    真琴先輩と理音です!15巻では私も真琴先輩と同じく
    「ドッキーン!」となりましたよ。真琴先輩には頑張って欲しいです。
    あと恋愛感情とは少し違っていそうですが、詩暢ちゃんと新の
    関係もなんか萌えます。明らかに詩暢ちゃんは新を意識して
    色々アタックしてるのに全然つれない新、という構図が凄く好きです。
    作中唯一クイーンスマイルの効かない男、新はちはやふる最強キャラ
    なんじゃないでしょうか。

  2. 相手が手応えないと文句言うくせに、反撃すると激怒するというワガママっぷりがたまりません。でも、度量の狭さは必ずしも短所ではなく、それだけ物事に対して真剣である証。かるたに対する高いプライドこそ、詩暢ちゃんがクイーンである証明。

    >魅力的なキャラが多いですが、あえて一番を選ぶなら太一
    美男子揃いの少女漫画の中でも、太一は史上最もカッコイイ男だと思いますよ。少なくとも、私はこれ以上を見たことがない。何もかもが理想像。はぁ…。

    >ちなみに1位は「おれは選んでがんばるんだ」ですね
    もはや自分が自作自演で書き込みしているような気分です(笑) 太一のこのセリフは生涯心に残るでしょう。格好良すぎる。黙っていてもモテるんだから、言い寄ってくる女を適当に相手してりゃいいのに、わざわざ自ら困難な道を選ぼうとするなんて、ドMの鑑っすな~。

    私もこんなセリフ言えるようになりたいです。「おれは明日からがんばるんだ」が精一杯。

    1つ残念なのは、アニメではここまで放送されないであろうこと…。2期をやってくれなんて贅沢言いません。9巻の第五十一首の話だけアニメ化してくれ!!

    >詩暢ちゃんと新の関係もなんか萌えます
    相性良さそうな2人ですが、新はまだまだ千早・太一との三角関係の一員として頑張ってくれなきゃ。最終的には、太一と千早がくっつくべきだと思っていますが(そうじゃないと太一が不憫すぎる)、新が千早を諦めるには早すぎる!

    詩暢ちゃんは詩暢ちゃんであまり恋愛の想像できないなぁ。でも、恋し始めたら急に女らしくなるのかも? 男子の前でいきなり着替えを始める詩暢ちゃんも、恥じらいを見せるようになるのか(笑)