ちはやふる第9話「しのぶれど」雑感

差し出したスプーンを掴んで、強引にタルトを口にするイケメンからの大胆なアプローチにドキドキが止まらない…! キュン死に寸前の甘いラブコメ展開のせいで、まるで少女漫画を見ているような気分になっちゃったじゃないですか。ちはやふるのくせに生意気だぞ!

でも、これで少女漫画的ラブ要素は当分打ち止め。アニメではもう見納めになるんじゃないかな? かるた部が正式稼働したことで、この先は本格的なスポ根系少年漫画へと変貌していきますから。千早は見てくれはともかく、頭の程度は悟空やルフィと何ら変わりませんしね。いや、ホントに…。

甘酸っぱいラブ要素を存分に堪能させてくれた今回でも、心を打ったのはやっぱり部活メンバーの友情。千早の押し付けがましい熱い思いにメンバーたちはすっかり嫌気が差してしまっているかと思いきや、ちゃんと彼らはその気持ちを汲んでくれていた。このときの千早の感激は相当なものだったはず。またSLAM DUNKの例を出して悪いんですが、赤木が山王戦でチームメイトの頼もしさに涙した場面も、心境としては同じですよね~。

「男の部屋なんかポンポンはいるもんじゃねーし。おれだって入れねーよ」 このとき、太一の男らしさに感心するより、部屋の中に見られたくないエロ的なブツがあるんだろうな~と穿った見方をしてしまった人(私)は少なくないはず。

ちはやふる Vol.1 [Blu-ray]

販売元:バップ( 2011-12-21 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 500 より )

Amazon価格:¥ 3,400

時間:70 分

1 枚組 ( Blu-ray )


No Responses so far.