ちはやふる第5話「よはのつきかな」雑感

猪突猛進な千早に終始振り回されっ放しだった太一ですが、彼の苦労人ライフはまだ始まったばかり。少女漫画特有の王子様ポジションに位置しながら、これほど主人公に振り回される苦労性なキャラクターは他にいないですよ~!

イライラする
思いどおりにいかない
楽しくない
でもそばにいたい

この恋愛観にも太一の苦労人っぷりが表れていますね! でもすっっごい共感できる! ルックスは超イケメンで勉強もスポーツもできて女子にモテモテと、これだけ恵まれた境遇に生まれついていながら、わざわざ自らを困難な道へ追い込み、ひたむきに努力し続ける不器用さが最高にカッコイイんですね~!! しようと思えば、いくらでも要領よく楽な生き方はできるはずなのに!

時にそれが行き過ぎてネガティブ思考へ陥ることもありますが、気持ちは折れることなく常に前向きな強さを持てているのも太一の魅力。外見がイケメンなのに、内面までイケメンじゃお手上げですよ(笑)

一方の千早も可愛くてたまらないです。黙っていれば最高に美人なのに、性格や振る舞いが残念すぎる! 顔芸したり、走り方が本気すぎたり、タコになったり、鼻水垂らしたり、無駄美人の所以たる一面がたくさん見られて萌え~。

お話は、またもや感動的な青春ストーリーで大満足だったんですが、一箇所ど~~しても看過できない点がありまして…。

それは「神様じゃなくて友達でいたい」という重要なセリフ。これは新ではなく千早のセリフなんですよ。「かるたの神様として新に憧れを持っているけど、本当は近しい友達でいたいんだ」というのが真意。なのに、アニメではそのセリフを新が口にしているため、「俺は神様扱いされたくない、友達でいたい」とまるで千早が神様扱いしてくることに迷惑がっているような、まったく別の意味にすり替わってしまっているんです。

これは原作を読み取れていない致命的ミスでしたね…。せっかく他は完璧だったのに残念でしょうがないです。BD/DVD発売時に修正してくれないかなー。

ちはやふる Vol.1 [Blu-ray]

販売元:バップ( 2011-12-21 )

定価:¥ 5,184 ( 中古価格 ¥ 500 より )

Amazon価格:¥ 3,400

時間:70 分

1 枚組 ( Blu-ray )


No Responses so far.