Charlotte(シャーロット)第4話「刹那の本気」雑感

やべぇ、どうしよう。このアニメ、つまんねーぞ…。

麻枝准作品においてノルマ的にやってくる野球回。もういい加減野球ネタはいいだろうと思いつつ、CLANNADの野球回は面白かった憶えがありますので、あんまり細かいことを気にせず楽しもうと思いました。

お相手は関内学園のエース福山君(関内はベイスターズのスタジアム最寄り駅ですね)。魔球ナックルボールを武器に地方予選で3試合連続完全試合達成中というプロ注目の逸材。しかし、その誰も打てないナックルボールにはからくりがあり、実は彼は念動力者。能力を駆使してボールを不規則な軌道に動かしてたというインチキピッチャーだったのです。

能力者であることを見抜いた奈緒は、即時能力の使用中止を呼びかけるが、あくまで甲子園出場にこだわる本人はしらばっくれて、説得に応じてくれない。それならばと、彼に野球勝負を挑み、試合で決着をつけることに。奈緒たち星ノ海学園生徒会&野球部が勝てば、能力は封印。福山君の関内学園が勝てば、能力について今後とやかく言わないという取り決め。

なんとか話を野球対決に持っていきたかったのでしょうが、冷静に考えて(冷静に考えなくても)野球で対決する理由はまったくありません。彼に能力を使わせない方法なんていくらでもありますし、野球経験者でも何でもない生徒会側が、どうして野球で勝負するという発想になるのでしょうか? それなら最初に弓道部の能力者を捕まえるときも、弓道で勝負すれば良かったじゃないですか。

釈然としないまま始まった野球勝負ですが、お互いが能力を使いまくる何でもありのインチキ野球はそれなりによかったです。他人に乗り移る能力で、相手打者をわざと空振りさせる乙坂。ある意味最強の技ですが、能力を行使するたび守備についている乙坂本体は気を失って倒れるので、事情のわからない審判に心配されていたのが面白い。

ナックルボールの前にノーヒットが続く中、執念のバントで打球を前に転がした高城が、得意の瞬間移動で一瞬にしてベースを駆け抜けたのも笑いました。勢い余ってフェンスに激突し、顔面ぐちゃぐちゃの大惨事。これならデッドボールで出塁した方が何倍もいい(笑)

もはや野球の体を成していないめちゃくちゃな試合展開になって盛り上がってきたのに、最後の場面は何故か普通にガチの野球になっていたという謎。これまで能力を使って好き放題してきたくせに、なんで最後だけ小細工なしの真剣勝負? 乙坂が相手ピッチャーかキャッチャーに乗り移って、暴投or後逸で勝負を決めれば良かったじゃないですか。

相手はインチキとはいえ3試合連続完全試合中の超高校級投手で、こっちは野球と縁もゆかりもないずぶの素人。乙坂が2ストライクに追い込まれてからファウルで粘りまくっていましたけど、素人がナックルボールに食らいつくなんて無理に決まっています。“野球の実力じゃ絶対に勝てないから、頭脳と能力を使って倒す”が本筋でしょ? ド素人が真面目に野球して、それでド素人が勝つなんて、こんな白ける展開ないんですけど…。

これまでずっとズルして適当に生きてきた主人公が本気になる瞬間を描きたかったのかもしれませんが、普段から厳しい練習に耐えながら、真剣に野球をやっている人間はいくらでもいるわけで。遊びの野球の試合で1打席だけ気まぐれにガチになられたところで、「主人公偉い!」とは思えないわけで。そんなことで達成感を得られても困るわけで。

1話のときのわくわく感は何処へやら。すっかり視聴するのがしんどいアニメに成り下がりました。歩未のピザソースネタとか、柚咲のおまじないネタとか、クソつまらないギャグを全部見なかったことにしてあげてもこれだけ文句が出てくるんですもん。本来ならここで100%見限っているところですが、元々麻枝さんの作品は後半勝負で、前半は我慢の視聴だと覚悟していたのでしょうがない。1話が面白かったのが逆におかしかったんですよ。あれで変な期待を持たされてしまいました。

「やれやれ」

あーあ。それ言っちゃう? 1話の見る影もなく、すっかり平凡なラノベ主人公に成り下がっちゃったね。さようなら、乙坂有宇。

[tmkm-amazon]B011MVXS68[/tmkm-amazon]

この記事のトラックバックURL
  1. 「Charlotte」 第4話感想 キャラのクセはABよりある気がします。

    「Charlotte」(シャーロット)第4話「刹那の本気」の感想です。【関連記事】「Charlotte」 第3話感想 堂々と能力を使いますね。「Charlotte」 第2話感想 思ったのとは違う方向に、話が …

  2. Charlotte 第四話「刹那の本気」

    西森柚咲を新メンバーに加え、益々盛り上がる星ノ海生徒会。
    ゲス坂の、相手の身体を短時間乗っ取る能力もここまで大活躍していますし、
    これに代償無しっぽい美砂の発火能力が…

  3. アニメ感想 15/07/25(土) #下ネタという概念が存在しない退屈な世界 第4話、#Charlotte 第4話

    下ネタという概念が存在しない退屈な世界 第4話『世界いわく、愛は正義』今回は・・・どっから突っ込んでいいものやら。いや、このアニメの場合は、突っ込んだら負けだよな。なん …

  1. 料理の味付けを、妹と話し合わないのはどうしてなんでしょうね?

    せめて家の中では妹とほっこりしたいのに
    毎回残念な気持ちになってしまいます。

    自分も浅生さんと同じく1話で引き込まれただけに
    この数話の失速感が大きいです。

    • 謎ジャム・どろり濃厚ピーチ味・レインボーパン・激辛麻婆豆腐と、Key作品には必ずと言っていいほど、ゲテモノ料理&味覚音痴キャラ(おっとりしたタイプ)が出てきますので、激甘ピザソースはそれを踏襲したアイテムなんでしょうが、これも野球ネタと一緒でそろそろ引っ張らなくていいネタですねー。

      Charlotteは1話から失速したのではなく、元々後半からペースを上げるつもりが、間違えてスタートダッシュで張り切ってしまっただけと思いたい。

  2. 6話までみてくれ、というのならせめてそれなりのものを見させてもらいたかったですねー。
    友利が姿を消したあとに友利が柚咲に、気軽に能力見せるなと注意した場面はお前が言うなを誘ったギャグなのか、単に注意したのか本気で区別がつきませんでした。もうそういうレベルになってしまいました。

    うーん、2話までは先を期待していたのですが。6話が仮にすばらしかったとしても最低来週もこういう話を見ないといけないと思うと残念です。

    • それなりのものが見せられないから、6話まで切らずに我慢してくれという意味だと解釈していました(笑) 次回も我慢しますから、そのぶん6~7話には目にもの見せてよ?

      >気軽に能力見せるなと注意した場面はお前が言うなを誘ったギャグ
      一応、奈緒の能力は対象者以外にはまったく気付かれないのでいいんですけど、そのあとの野球対決で思いっきり能力使い放題だったので、「能力を人前で見せてはいけない」という枷が完全に形骸化していますね。

      あと、能力は「不完全」であることがキーだと思っていたんですが、念写や念動力といった能力には何の不完全さもなかったですね。

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。