ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル 第7話「メイプルリーフ・イン・カナダ」雑感

なんですかWELCOME BUTTERFLY LOW OFFICEって(笑) LAW OFFICEでしょ! ケンカ売ってんの!? ジャパニーズ舐めてんの!?

アメリカ・ボストンへ弁魔士研修にやってきたバタフライ低事務所一行。日本とアメリカの法廷システムの違いを学び、聖知の経験値を上げていく過程を描くのかと思いきや、そこはダイジェストで軽くスルー。本題は、聖知の実家があるカナダに向かうため、同期の穂樽(ほたる)と2人でドライブするという、まったくピント外れな話でした。

犬猿の仲だった穂樽と距離を縮める話は必要だったとはいえ、こんな裁判と何の関係もない話を長々と尺取ってやる必要はあったのでしょうか? ツンデレ気取りで意味もなく突っかかってくる穂樽は私にとってどうでもいい存在でしたし、彼女が実は妻帯者の教授に片想いしていたとか、そんなのしらねーですよ。興味ねーです。

道中、車がエンストして立ち往生し、日本人留学生の楓と出逢い、レストランで指名手配犯と出くすなど、それなりに意味ありげなイベントは起きましたが、結局何がやりたかったのか、私にはサッパリ意図が見えてこない…

ただでさえ、いろんな要素がごちゃ混ぜになっていてパンク寸前の作品なのに、これ以上関係ないものを詰め込まないでくれませんかね。ウィザード・バリスターズはその場で思いついたことを、考えなしにストーリーにぶち込んでくるから困ります。落ち着きが足りないというか、1つの物事に集中できない男子小学生みたいな脚本

しかも、この無駄な話をまだ来週も引っ張るつもりなのだからウンザリ…。1話完結でサクサク話が進んでいたのが、ウィザード・バリスターズ数少ない長所だったのに。つまんない話でも後を引かず、常にリセットした状態で視聴できていたからこそ、つまんない話が続いても苦にはならなかった。それがこうやってつまんない話を無駄に引き延ばされたらお終いですよ!

いつもはつまんないなりの面白味があったウィザード・バリスターズが、今回は普通につまんなかった。このまま本気でつまんないアニメに成り下がる前に、早くいつものつまんないアニメに軌道修正してください! もっとお笑い裁判を見せろー!!

ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-1 [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン( 2014-04-02 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 899 より )

Amazon価格:¥ 1,352

時間:48 分

1 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. お笑い裁判が醍醐味のアニメで裁判なし。しかも、つまらんときたもんだw。さっさと裁判せいや!

    •  ゲストさん
      裁判をやらないなら、せめて作画自慢の魔法バトル(ロボットバトルはNG)で楽しませて欲しいものです。OPで流れる映像と内容がまったく合致していない…。