ウィザード・バリスターズ 弁魔士セシル 第3話「ラブ・アンド・ヘイト」雑感

今週は邪魔なロボットバトルがなく、裁判中心の法廷バトルが繰り広げられていましたので、若干面白かったです。ただし、法廷バトルといっても、我々がイメージするような検事と弁護士による熱い討論ではなく、法廷を舞台とした魔法での殺し合いだったんですけどね。

かつての恋人が不当な判決によって死刑にされた過去を持つ早乙女真夕。彼女は裁判で嘘の証言をした男を爆破魔術で殺害。その犯行が復讐による計画殺人であったかどうかが今回の裁判の争点です。弁護(聖知)側は、被告人に復讐の意志はなかったとと、情状酌量を求める方向で裁判に臨む。

裁判長「これより魔法廷開廷…!」(00:00)

って、この前の裁判長じゃないですか! 何当たり前みたいにのうのうと続けているのよ!

検察「検察側は死刑を求刑します!」(00:49)

はいはい、死刑ね。君たち、ホントそれしか言えないよね。

弁護士「情状酌量を求め、無期懲役を求刑します」(01:16)

え、求刑!? 弁護士がなんで求刑しているの!?

裁判長「判決。被告人を無期懲役に処する」(01:23)

なんと開廷を宣言してから判決が出るまでのタイム、僅か83秒!! 早押しクイズやってんじゃねーんだぞ!! もうチョット真剣に考えろや!!

論告求刑と弁護側の主張を聞いたあと、即興で判決が披露されるという新感覚の大喜利裁判。裁判長が聖知の服装に突っ込む→「これは聖知の戦闘服なんです!」といういつもの無駄なやりとりを含んだ上での100秒裁判ですからね…。裁判長は早く家に帰って見たいテレビでもあったんですか?

裁判長「疑わしきは被告人の利益の原則に則り…」

こ、こいつ…(笑) 先週は疑わしいだけで死刑宣告していたくせによくも抜け抜けとっっ!

その後、自ら復讐による犯行であることを自供した被告人が、法廷内で魔法を乱射して大暴れ。またしても大損害を被る羽目になってしまったんですが、こういう事態に対してウド(魔術師)の力を制御する有効な手立てってないんでしょうか。

ウドは公職に就けない決まりがあるらしいですけど、ウドに対抗すべきはウドとして、警察側でもそういう人員を雇っておく必要があるんじゃないの? その辺の設定もなんかよくわからないよなぁ。

設定の整合性に疑問の余地がありすぎですし、何より裁判制度が適当すぎる。ここで重要なのは、それらの欠陥設定が意図的であるのかどうか。恣意的な判決が下される欠陥裁判の裏には何かしら隠された陰謀があって、それを今後聖知たちが究明するシナリオであれば、一応これまでのバカ裁判も重要な前振りになってくるんですよ。

私は最初、中世の魔女裁判のように、魔術師への偏見と差別による処刑ありきの裁判である可能性を考えていました。が、今回のケースだと、死刑求刑を撥ねのけて無期懲役の判決を下していたので、必ずしも魔術師の処刑を目的とした魔女裁判ではないみたい。一体、裏にどんな真相が隠されているのか、まだまだ私には見えてきません。

そんな風に真面目な考察を続けてもいいアニメなのか、今のところ確証が得られないから不安。真面目に考察したのに、結局製作者が何も考えていないだけのバカアニメで終わってしまったら、私は壮大な時間を無駄にすることとなる! もうそうなったら、魔法乱射して暴れてまくってやりますよ!!

ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル-1 [Blu-ray]

販売元:ポニーキャニオン( 2014-04-02 )

定価:¥ 7,560 ( 中古価格 ¥ 522 より )

Amazon価格:¥ 1,570

時間:48 分

1 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL
  1. ウィザード・バリスターズ-弁魔士セシル3話「ラブ・アンド・ヘイト」感想

    ハチミツ回きましたね~。 ハードボイルドな仕上がりを見せるのかと思いきやアバンからはっちゃけてくれます。 使い魔が(ぉ 検察だった頃のハチミツが、ウドに対する偏見を誇張し…

  1. アニメを見る気は1ミリもないですけど、
    今期アニメで浅生さんのレビューが最高に光っているのは今作ですね(笑)。

    エロゲレビューで40点未満のときにしか読めなかった
    浅生さんの舌鋒鋭い扱き下ろしが毎週読めるなんて、
    なんて贅沢なんでしょう。
    来週以降もレビュー楽しみにしています。

    願わくば本編もこのままネジが外れた方向で継続しますように。

  2. 早押しクイズwww
    浅生さんの感想おもしろいなあw
    これ裏にある陰謀の為にわざと裁判をでたらめな作りにしてるんでしょうが
    弁護人が被告に求刑してる辺り根本的な事がなにも解ってないんでは
    ニワカ囓りの知識で裁判ものに手出したらこうなるという見本です

  3.  アゴストさん
    ウィザード・バリスターズは昔懐かしいエロゲの匂いがするアニメですから、当時のテンションが呼び覚まされているのかもしれません(笑) アニメはつまんないけど、感想を書くのは楽しい。

    しかし、これが「絶対に笑ってはいけない裁判所」という年末特番だったらいいんですが、一応真面目路線なアニメだけに、そろそろ見応えのある展開を見せてくれないと厳しいですね~。主人公の女の娘(聖知)も未だに好きになれないので、最後までお付き合いできるアニメなのか不安。

     ブランドンさん
    司会者「問題! 被告は不利な証言で恋人を死刑にされた逆恨みで、男を殺害した疑いが持たれています。さて、彼女の量刑は一体何でしょう?」

    ピンポーン!

    裁判長「無期懲役!」

    こんなノリですからねぇ…。当てずっぽうの回答で人の人生を左右しないでくれ!

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。