ボールルームへようこそ第23話「伝統と進化」雑感

序盤のもたつきが響き、幾つかのチェックを落としつつ、際どいところで決勝進出を決めた多々良組。至上命題とされる優勝まで、あと一歩というところまで迫るも、優勝を目指すには越えなくてはならない高い壁がある。オーソドックスなオールドスタイルながら、基礎技術の高さで洗練されたダンスを魅せる釘宮組。勝つのは伝統か革新か、遂に決勝戦が始まる

準決勝前、清春にストレッチを施されたおかげで身体の可動域が上がり、パワーアップを遂げた多々良君ですが、決勝で釘宮組を制するなら、勝つための一手をもう1つなにかほしいところ。すると、ここで突然仙石さんからの電話があり、「見てるぞ」の一言。尊敬する師がまさか会場に来て自分を観てくれていたとは思わず、感極まる多々良君。実はこのとき、仙石さんは海外にいて直で観戦していなかったんですが、「仙石さんに見守られている」という思い込みが、多々良君をこれ以上なく勇気付ける力となりました

ダンス中も有頂天で、見るからにテンションが高まっている多々良君は、決勝の舞台でのびのびパフォーマンスを発揮。千夏との呼吸も完璧で、早くもあの4本足の幻影を体感するように。それに留まらず、自身の胸元が割れて突然薔薇の花びらが吹き荒れたかと思えば、巨大な卵が体外にせり出し、中から千夏が孵化するイメージまで。

4本足の幻影はパートナーとの究極の一体感を表す一種のゾーン状態として、なんとなく視聴者側にもその感覚が伝わってくるものだったんですが、今回の自分の身体から卵が出てきてちーちゃんが産まれるというイメージは、さすがにスピリチュアルすぎてついて行けません(笑) なんかすごい状態だっていうのはわかるんですが、もう少し現実的で実感できる描写の方が良かったかなぁ~。

一方、釘宮組はこれまでハイペースで飛ばしていたことが祟って、演技途中に釘宮さんの足が吊るというアクシデント。転倒こそ免れたものの、体勢の維持すら困難な状態。その異変をいち早く察知したパートナーの井戸川さんは、彼を庇うように身体を支えて懸命なフォロー。これまで釘宮さんの添え物として、これといった存在感を見せてこなかった彼女が見せた“内助の功”に、胸が熱くなります。

ここで井戸川さんの回想シーン。前回“釘宮さんのパートナーである井戸川民絵のことも気になります”と述べましたが、早速回収していただけて嬉しい。といっても、パーソナルな部分までは窺い知れませんでしたが、交通事故で入院している釘宮さんを看病する様子や、釘宮さんの競技復帰をずっと1人で待っていた甲斐甲斐しさが描かれていて、井戸川さんの人間的な素晴らしさを感じられました。コンビニでバイトしている姿は、カイジにしか見えませんでしたけど(笑)

そんな彼女を「落ち武者」呼ばわりする釘宮さんはなかなかひどいのですが、その悪し様な呼び名にも不器用な愛情を感じずにいられません。2種目目のタンゴを終えた直後、彼女に投げかけた「いてくれて良かったよ」という色気も素っ気もない感謝の言葉にグッと来ました…! お見合いで引き合わせられて、お互い好意もなければ、思い入れもない。でもカップルとして長い歳月を過ごしていく上で、いつの間にか掛け替えない存在になっていく。そんな熟年夫婦感が最高です!!

私はルックス的に釘宮さんがめちゃくちゃ好きというのもあるんで、今回の大会は釘宮組に勝たせてあげたいかな……という気持ちに傾いてきました。選手生命を脅かす大事故からカムバックして、幼少期から自分を育ててくれた先生との別れを経て、献身的に自分を支えてくれたパートナーと共に挑む大会。こんな背景を知っちゃうと、釘宮さんたちに勝ってほしくなりますよ(笑) 多々良君と千夏は、まだまだ始まったばかりでこの先がありますから!

次回はいよいよ最終回。アニメが原作を追い抜いてしまうという前代未聞の出来事が起きているそうなので、如何なる結果が待ち受けているかは、まだ誰も知らないはず。多々良組、釘宮組、どちらが勝者となっても、素晴らしい感動の最終回を迎えられると確信しております。

★今週の緋山千夏★


脱いだヒールでぽかぽか叩く千夏が超カワイイ(笑) 実生活では、完全に尻に敷かれそうですね。

TVアニメ「ボールルームへようこそ」第1巻【Blu-ray】

販売元:ポニーキャニオン( 2017-11-29 )

定価:¥ 10,584 ( 中古価格 ¥ 3,499 より )

Amazon価格:¥ 8,090

時間:97 分

2 枚組 ( Blu-ray )


この記事のトラックバックURL

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。