惡の華第9話雑感

総ての真実を察した佐伯さんでしたが、高男君陥れる意図はなく、恋人関係も解消するつもりはないという。佐伯さんが本質的な意味で優しい少女であるのは理解していましたが、こういう状況においても「別れない」と意志の強さを見せたのは少し意外でした。ただ恋に恋しているだけのJCかと思いきや、実は本当に高男君にベタ惚れだったりするんでしょうか。

相手の弱味を握るや否や、次々と無茶な命令で痛めつけてくるどっかの悪魔とは性根からして違いますね(笑) 自分の体操着を盗んだ罪すら許容してしまえるのは天使すぎる。誰もがドン引きするような変態行為に対しても「嬉しかったよ」と言ってのける佐伯さんがたまらないです。おおー! 興奮してきたー!

が、その直後の出来事で私の興奮状態は一瞬にして沈静。それは最も避けたかった最悪の事態、親バレ。汚れた衣類を洗濯機に投げ込むという高男君の雑な証拠隠滅のせいで、母親に自分の犯行がバレてしまった…!

ここから先の展開は心苦しくて心苦しくて見ていられなかったです。友達にバレようが、恋人にバレようが、学校にバレようが、世間にバレようが、それは自分1人の罪として抱えきれること。しかし、親にバレるというのは、自分の愚かな行いで親をも苦しめてしまうことであり、とても罪の重さに耐えきれない。この世で何よりも辛く耐えがたき罪は親不孝ですよ。

自転車で街中必死に息子を探し回っているお母さんの姿を見てしまうと、もう涙が出てきそうになる。私自身、たくさん親不孝してきましたんで(ブルマは盗んでいませんが)、この光景が人ごとに思えないんですよ…。本当に親を悲しませるような真似だけは絶対しちゃダメですよね。教室をメチャクチャに荒らしている高男君を見て「羨ましい」とか軽々しく言っちゃってごめんなさい。

でも、こんな風に物語に親が絡んで来るということ自体すごく新鮮でした。基本アニメって親の存在は限りなく希薄ですから。エロゲに至っては、十中八九両親は海外旅行に出かけていますし(笑) アニメで不自然に両親の描写が避けられている作品が多いのは、少なからず親に対して負い目を感じているオタクが多いからでしょうかね?

『惡の華』Blu-ray 第三巻

販売元:キングレコード( 2013-10-02 )

定価:¥ 6,480 ( 中古価格 ¥ 2,892 より )

Amazon価格:¥ 3,400

時間:

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL