惡の華第4話雑感

ただ1人仲村さんを庇った正義感溢れる高男君は、哀れ次の日からスクールカースト最底辺に。クラスのみんなから露骨に距離を置かれ、クスクスと嘲笑の的。あんなに気のいい友達だった山田まで、高男君のことを無視し始めたのは軽くショックでした…。

それだけに佐伯さんの天使っぷりが眩い。クラス全員から腫れ物扱いを受けても、佐伯さんだけは高男君のことを邪険にせず、逆に彼の男らしい行動を「格好良かったよ」と賞賛してくれた。これは涙流して感激するのも無理ないですね! ほんの数日前、いきなりおっぱいに顔を埋めてきた変態相手に、優しく手を差し伸べてくれる佐伯さんは、まさしくファム・ファタール(笑)

愛する佐伯さんが認めてくれるのなら、有象無象の輩からいくら嫌われようと痛くも痒くもない。有頂天で浮かれっぱなしの高男君。その勢いに任せて、自分から佐伯さんをデートに誘ったのはびっくり! 坂道のアポロンの西見薫と同じで、奥手に見えて実は積極的なのか!? 何にせよ、自分からアプローチかけたのは偉いぞ高男君! しかも、OKもらっているし! すげぇ!!

まさかの佐伯ルート突入で歓喜に沸き立つその裏で、完全に存在を忘れられていた仲村さんの立場(私も忘れかけていた)。佐伯さんとの仲が上手くいきだしてから、目に見えて彼女の態度は不機嫌になり、何やら良からぬ企みをしている様子。

夜間、自宅の窓から外を覗き見ると、仲村さんがぽつんと立っていたのは完全にホラー(笑) 大人しく彼女の呼び出しに応じると、来る佐伯さんとのデートには盗んだ体操着を持ってこいと凄まれる。

高男君は仲村さんの態度に対して、「嫉妬しているんじゃないか?」と疑いを持てるところがいいですね。これぐらい自意識過剰な方が自然。エロゲ的鈍感主人公であると、「一体何なんだ…!?」という白々しいセリフしか吐けませんので。

当日、命じられた通りに体操着を持参すると、今度はそれを着て今日1日デートしろとご無体な命令。薄々期待……もとい、覚悟はしていましたけど、さすが仲村さんのドS発想はキレがあります。悪いようにはしないという約束は何だったのか。憧れの彼女との幸せなデートのはずが、一転して死と隣り合わせのデンジャラスデートとなり、高男君は最後まで隠し通せるのか見物。にわか雨が降らないことを祈るんだな!

今のところ仲村さんの真意はまだ計り知れないのですが、とりあえず前回危惧していた“安っぽいツンデレ化”は避けられたようで一安心。一度庇ってもらったぐらいで情に絆される柔な女じゃなくて良かった。

『惡の華』Blu-ray 第一巻

販売元:キングレコード( 2013-08-21 )

定価:¥ 6,480 ( 中古価格 ¥ 1,800 より )

Amazon価格:¥ 4,350

時間:

2 枚組 ( Blu-ray )


ABOUT

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. しっかし、このアニメの作画にはどんだけの悪意があるんでしょうか(泣
    原作の表紙を見て絶望した。

  2.  peater4さん
    ロトスコープ採用に対しての批判はあって然るべきでしょうが、作画という意味ではものすごく忠実でしたし、私としては悪意は感じられないですね~。

  3. まあ、悪意というかなぜあのキャスト(役者)というべきか・・・
    リアルゆえの鼻の感じとかがw

  4.  peater4さん
    役者さんはみんな美男美女でしたよ。そこからアニメに変換させると、違和感があったりしますが。それはむしろ通常のアニメに見慣れすぎているせいかもしれませんね。