アイカツスターズ!総括

「アイカツ!」終了という悲報の中で突如始まった新シリーズ「アイカツスターズ!」。カタチを変えながらもシリーズが継続されることに感謝の気持ちはありつつも、前作への思い入れを強く持つ古参の女児たちは、従来のアイカツ!との変化に戸惑いを隠せないでいたのでした。

最初に大いに物議を醸したのが、M4というイケメン男子アイドルグループの存在。これまでほぼカワイイ女子だけで埋め尽くされていた恒久平和な世界に、M4という野卑な男どもが突然押し入ってきたことで、「アイカツ!に男はいらん!」と強弁する一部の硬派な女児たちが、激しく反発を見せることに。M4が画面に映るたび彼女たちは発狂し、ニコニコ実況のコメントには女児らしからぬ汚い罵声が飛び交う有様。

特に主人公虹野ゆめに何かとちょっかいをかけてくるリーダー格の結城すばるに対する拒否反応は凄まじく、声変わりした女児たちが野太い声で一斉にブーイング。私は恋愛要素に肯定的な女児なんで、アイカツ!にイケメン男子が登場すること自体は反対のスタンスじゃなかったんですけど、正直すばるのことはなかなか好きになれませんでしたね。

やっぱり、単純にキャラがいけ好かなかったですから…。常時上から目線で、「ゆでタコ!」というセンスのない弄りをワンパターンに繰り返す彼にはウンザリ。確かにああいったちょっぴり意地悪な男の子に我々女児はときめきがちとはいえ、いくらなんでも彼のキャラクターは古典的すぎて見ていられない…。ゆめの「なんなのアイツ! 本当ヤな奴! ……でもなんだか、アイツのことが気になる」というまんざらでもない花より男子的な反応も、見ていてしんどかったです。

個人的に、M4以上に不快感があったのは、ゆめがライブ最中に不思議な力を発動させて、実力以上のハイパフォーマンスができてしまうというチート設定。出来の悪いバトル漫画のようなクソ設定に、私はひどく立腹したものです。アイカツ!は、努力に努力を重ね、アイドルとして一歩一歩成長していくところに素晴らしさがあったのに、こんな特殊能力でお手軽にトップアイドルになれるなんて、これまでのアイカツ!の全否定に等しいじゃないかと!

そんなこんなで、アイカツスターズ!への興味はスタート以来順調に右肩下がり。段々視聴を続けるのもしんどくなってきた頃、白銀リリィという新キャラが登場して、ここで少し持ち直しました。リリィはキャラとして魅力的な上、持ち歌の「Dreaming bird」が唸るほどの名曲でしたので~。これまでのアイカツ!とは毛色の異なる楽曲に一発で惚れ込み、ライブシーンを何度も何度もリピートしてしまうほどでしたね。

このリリィ登場を皮切りに、物語も大きなテコ入れが見られました。ターニングポイントとなったのは第27話。いつものようにライブ終わりにしれっとゆめに近付く邪魔者すばるを、学園長がおもむろに制し、「これ以上、嗅ぎ回らないでくれないか?(意訳・お前は近寄んな)」と接近禁止命令を出したんです! やったぜ!!

公式に“厄介”扱いされたすばるは、これ以降ゆめとの絡みが極端に減りまして! 学園長は学園長で、ゆめに数々の嫌がらせを仕掛けてくる嫌われ者の1人だったんですが、すばるという害虫を駆除した功績が最大級に評価され、一気に有能扱いに(笑) ついでにこのあと、今までの陰険な性格が180度転換し、オーバーリアクションで全力でボケに走るギャグキャラに変貌。陰険キャラ→ハイテンションキャラという振り幅のでかすぎる急旋回に、我々女児は疑問を感じないわけではなかったんですけど、このテコ入れが作品として奏功したことは確かです。

一方、出禁を喰らったすばるは、以前のようなオラオラ感が鳴りをひそめ、すっかりしおらしくなり(笑) 上から目線のウザさが解消されたどころか、クリスマスの日にゆめに片想いしてしまうというまさかのチョロさを露呈! 顔を真っ赤にしながら、童貞剥き出しの反応を見せるすばるきゅんは、一気に愛らしい存在へと生まれ変わりました!!

これは文句なしの神采配だったと言えます。ゆめがイケメンに色目使えばたちまち不機嫌になる強面の女児たちも、逆にイケメンがゆめに片想いするカタチならその怒りは和らぎますし、イケメンとの恋愛を期待していた正規の女児たちにとっても、イケメンからの求愛行動に胸キュンができる。つまり、イケメン嫌いな女児とイケメン好きな女児、その双方が納得できる最高の落としどころだったんですね! 一触即発の恋愛問題を後腐れなく着地させたのはお見事!

更に更に、私が問題視していたゆめのチート設定もスマートに解決。ご都合的だった特殊能力は実は心身の負担が大きく、自らのアイドル生命を縮めるというデメリットが明らかとなり、やんわり廃止の方向へ。今までの溜まりに溜まった負担は、よりによって親友の小春ちゃんとのお別れライブの最中に吹き出してしまい、ステージ上で失神してしまったゆめは、小春ちゃんとのお別れの瞬間に立ち会えなかったという悲劇的すぎるストーリー(小春ちゃんのお別れ回はマジ涙)の演出にも繋がっていました。

これまで足を引っ張り続けてきたゴミ設定を単に切り捨てるのではなく、感動を呼ぶ演出に利用した上で破棄するという見事すぎる手腕は、私のような偏屈な女児も激賞するほかありません。便利なチート能力に頼り切っていたら、いつか痛いしっぺ返しを喰らうんだよという子供たちへの教育的メッセージも孕み、我々女児たちは今後の人生訓として、大いに勉強になりました

ゆめ チートキャラ→努力キャラ

すばる 意地悪俺様キャラ→片想い童貞キャラ

学園長 鬼畜メガネ→スタイリッシュタフガイ

本来、主要キャラの根本の性質をこれだけ大胆に弄るのはタブーだと思うんですが、でもこのドラスティックな改革のおかげで、アイカツスターズ!の面白さはV字回復したと言えましょう。欠点であった数々のマイナスを帳消しにした上でプラスに転じさせてしまうなんて、途中で超有能なターンアラウンドマネージャーでも雇ったんでしょうか? なんにせよ、見事な事業再生でした。この調子で、2年目も大いに期待です。

アイカツスターズ! 星のツバサシリーズ Blu-ray BOX 1

販売元:Happinet( 2017-10-03 )

定価:¥ 15,660

Amazon価格:¥ 11,639

時間:288 分

2 枚組 ( Blu-ray )


 

ABOUTこの記事をかいた人

なでしこやまとでは、総ての作品が浅生大和の主観に基づいてレビューされています。私個人の主義主張&趣味嗜好が評価に大きく関与し、客観性を無視した極めて独善的なレビューとなっております。そのことを充分踏まえた上でご覧いただけるよう、よろしくお願い致します。
この記事のトラックバックURL
  1. こんばんは、復活されて何よりです。

    こういうのは全然見てないんですが、こんな大胆な変更をするアニメがあるんですね。
    (一部の)視聴者の意向を汲み取りながら、作品としても躍進するなんて、
    昔のアニメからは考えられない。

    今はプロデューサーとかも柔軟な思考の人がいるんでしょうか。
    すごい時代になったものです。

    • どうもご心配おかけしました…。自分としては1からの再スタートのつもりでしたが、こうして以前閲覧してくださっていた方々が引き続きご覧になってくださるのはありがたいことです。

      感想では「大胆な改変が入った」と決めつけていますが、もしかしたら最初から脚本の流れは予定通りで、ゆめのチートもすばるのウザさも後々の「前フリ」だった可能性あります。が、人気が下がってきたところで急に方向性が変わったので、やっぱり「テコ入れ」だったとしか思えません(笑)

      こういった通年アニメは、視聴者の手応えに合わせて、柔軟に脚本を変えていくのが正解だと思うんですよね。人気キャラは優遇し、不人気キャラは左遷する。最初の思惑通りに1年間は走破できないと思います。

  2. 前回のアイカツでせなあかはまだ許されている範囲だったんですよね
    というかせなくん自体が職人気質ではあるもののしっかりとした真面目な男だったので
    アイカツキャラを娘として見ている自分としては「いけ好かないが許せる!」でした
    そう考えると初期のスバルきゅんは本当に「こいつがワイの娘を盗るんか!」見たいな感覚でしたね

    ただ個人的にはすばるきゅんよりも
    最初は目もくれていなかったのに色気が出た瞬間に小春ちゃんに寄ってきたM4(名前忘れた
    アレの方が個人的には許せんでしたね
    小春ちゃんがスターズで一番好きだったので、海外行っちゃう時は悲しい反面
    男の手から逃れたと好意的な解釈をしていた記憶

    • 瀬名君は好青年であったと同時に、デザイナーとしてまだ駆け出しであかりと一緒に成長していく感があって、2人の関係は見ていて心地の好いものだったんですよね。

      すばるも、最初から売れっ子アイドルという設定じゃなく、「俺も絶対成功するから、お前も頑張れよな」と、男女のカテゴリーは違えど、共に同じ夢を目指す戦友であれば、ガラッと印象が違っていたはず。もしゆめが先に売れて、すばるが焦りを感じているようなことになれば、「すばるきゅん頑張れ!!」と全力でエールを送っていましたよ~!

      プリパラも今期から男子アイドルが登場しましたが、まったく心をざわつかせないのはさすがだと思います(笑)

      >(小春)海外行っちゃう時は悲しい反面男の手から逃れたと好意的な解釈
      あはは(笑) そういう見方がありましたか。あいつ(名前知らない)こそ地味に危ない奴ですよね。ちゃっかりお見送りのときも顔出してやがるし…。こいつも出禁にしなきゃ! ていうか、代わりにこいつを国外退去させときゃ良かった!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。